THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2011年03月

カスケード初日

この度、東日本大震災で被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

また、これ以上被害が広がらないことを心からお祈り致します。




私たちはお蔭さまで、

岩松了プロデュース
『カスケード~やがて時がくれば~』

本日、予定通り初日の幕を開けることが出来ました。

これも偏に、停電による混乱、余震の不安、恐怖のある中、劇場まで足を運んで頂いたお客様のお蔭に他なりません。

言葉にならない程の感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございました!!



もちろん色々な葛藤のある中、私たちは覚悟と信念をもって、このまま千秋楽まで走り続ける所存です。

「応援して下さい」なんて呑気なことはいえませんが、「一緒にがんばりましょう」!!

私たちは繋がっています!!



明日から隣のOFOFシアターにて、梨木客演の「セカイアジ」も始まります。

こちらも併せて、よろしくお願い申しあげます。

がんばれ!にっぽん!!


吉牟田眞奈

かもめ

新人の菊妻です。
僕ごときのプライベートになんの需要があるか謎ですが…

下北沢駅前劇場で公演中、岩松了さん作演「カスケード~やがて時がくれば~」を観て面白かったという話です。

思ってたよりもずっと面白かったです。
お前何様なんだよ馬鹿かって感じですが。

岩松さん監督の映画を一度見たことがあって、その時はよくわからないなんだかビミョーな心境になったので取っつきにくい印象があったのですが、今回は素直に笑いました。

まあなんかこんなご時世ですが、見る価値アリです。「良い芝居」です。これだけ面白いものが10日かそこらで過去のものになっちゃうんだなあ…と演劇のロックンロールさを思い知りました。

身内びいきですが、滝沢先輩、吉牟田先輩が目立っててよかったです(´・ω・)
たくさん笑わしてもらいました。

※27日まで駅前劇場でやってます。

ひらめいた

もし仮に本番の時間帯が停電だったら、観客に懐中電灯を持ってもらって、客席から照らしてもらいながら演技する、というのは面白くない?

観客が観たい人物、もしくは人物のパーツに、こちら(作り手)の意思に関係なく照らされるの。

陶酔して長ゼリ喋ってるのに、ある女優の胸ばかり照らされるかもしれないし、中には常に舞台上にいるのに一度も照らされる事なく終演するかもしれない。

そんな演劇もあっていいんじゃないか?

いつか全然停電じゃない時にやってみようかな(笑)


柿田、佐々木。

パクっていいぞ。



寝ないと…。

赤堀

演劇

シャンプーハットの劇団員・遠藤留奈が出演しているラッパ屋を観に、座高円寺へ。

計画停電の影響も考え、普段の一時間前に家を出たが、新宿駅の中央快速が尋常でない行列だったので仕方なくタクシーで劇場を目指す。

そんな最中、偶然にも二つのメール。
過去にエンブゼミという演劇学校のような場所で講師を六年務めたのだが、その三年目の生徒と六年目の生徒。
両者とも自ら劇団をたち上げた主宰だ。
奇しくもそんな二人から同様のメール。
要は近日中に開催されるはずだった公演の中止の報告。

何だか無性に腹が立った。もちろんこんな状況だ。やむを得ない事情は十分に理解出来るつもりだ。
それでも無性に腹が立って仕方なかった。

語弊を恐れずに言うが、もともと演劇なんて無用な代物だ。世の中の実益には何も直結しない。

だからこそ、当事者の我々は何かしらの意義を模索しなければならない。
不謹慎を凌駕する言い訳の言語を用意しなければならない。

それは「こんな時」だからに限らない。
「普段」から。

「こんな時だから世の中に笑顔を」「温かい気持ちを」なんておこがましくて言えたもんじゃない。
救援物資や募金の実益に比べたら、白々しいにも程がある。

それでも。
それでも、である。

こんな時に中止にしたら、今までの蓄積がいかに無意味だったかを助長するだけじゃないか。


と、まぁ、明らかな乱筆乱文で恥ずかしい限りだが。
とにかく、だから、ラッパ屋が面白かったという話。遠藤も素敵だった。
ただ悲しいかな客席に空席が目立つ。
同情などで言うつもりはない。

こんな時だからこそ僕は演劇を観る。

もうすぐ滝沢、吉牟田の参加する芝居が駅前劇場で、梨木の参加する芝居がオフオフで始まる。

観る。


赤堀

祭りのあと

下北沢やら三軒茶屋の街を歩くとチラホラ前回公演のポスターと遭遇する。
それがまた己の馬鹿デカイアホ面だもんで恥ずかしくて仕方ない。

私の大好きなラーメン二郎目黒店にも貼ったままだそうで…。
貼った張本人の黒田が「有り難うございました」と剥がしに行ったら、「次の公演まで貼っておきなよ。宣伝なるでしょ」などと温かいお言葉をいただいたようで、結局そのままだそうで…。

ちなみに次回公演は一年後だ。

うーん…行けねぇ…行きたくとも行けねぇ…。

ま、有り難い事なんですけど。



ようやく前回公演の疲れも癒え、昨今は執筆やら酒やら打ち合わせやら観劇やら撮影やら酒やら執筆の日々。


昼間に再放送している金八先生が面白い。
金八先生が面白いというより武田鉄矢が面白いのか。
杉田かおるが妊娠するまでは恐ろしく牧歌的な話で、何だかその「何でもない感」がとてもいい。

『北の国から』の連続ドラマの頃もそうだよな。
本当に他愛のないエピソードがとても好きだった。

自省せねばならない。

倉本聡が何かのインタビューで言ってました。
「事件を起こしてはならない」と。
ま、その後先生の作品は事件起こりまくりだけど。

山田太一は「私は人殺しの話は作らない」と言ってました。



とにかく、まぁ、頑張りまーす。
がむしゃらに働きます。

とりあえず寝よう。

赤堀

『カスケード~やがて時がくれば~』

岩松了プロデュース『カスケード~やがて時がくれば~』。


岩松さんの書き下ろしの新作です!


チェーホフの名作、『かもめ』を上演することになった若者たちの青春群像劇でして。

岩松さんの演出はとても刺激があり、緊張感いっぱい笑いいっぱいの毎日です♪
吉牟田と共に日々稽古に励んでいます!

よかったら是非観に来てくださいませ☆【滝沢恵】





岩松了プロデュース公演
『カスケード ~やがて時がくれば~』

作・演出 岩松了

2011年3月16日~27日 
下北沢駅前劇場

キャスト
安藤聖
青山ハル
今村沙緒里
尾上寛之
小林竜樹
駒木根隆介
清水優
滝沢恵
田中慎吾
永岡佑
橋本一郎
ペ ジョンミョン
松本ちさ
吉牟田眞奈

前売:指定3800円/自由3500円

http://www.dongyu.co.jp/cascade


16(水) 19時
17(木) 19時
18(金) 19時
19(土) 14時・19時
20(日) 14時
21(祝) 14時
22(火) 19時
23(水) 19時
24(木) 19時
25(金) 19時
26(土) 14時・19時
27(日) 14時

そうそう

そうそう、25日の投稿はお察しの通り吉牟田でしたー。

水原さん、気づいてくれてありがとう!
名前、追記しといたよ。

あと、バレンタインの手作りサーターアンダギー、あれは私の手作りじゃなくて、いつもお手伝いに来て頂いてるミッチャンの手作りなのでしたー。

『うんめ~うんめ~』と私が人一倍騒いでたから、水原さん、私が作ったと勘違いしちゃったのかな(^w^)

私はそんな素敵女子じゃあないんだなぁ~これ。

得意料理は目玉焼きですOrz笑

そんなこんなで、もう3月ですね。

現在、滝沢さん、梨木、遠藤、吉牟田は客演先の舞台の稽古に励む日々です。

また近々、改めてこちらでもお知らせさせて下さいませ。

よろしくお願い致します。

Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ