THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2011年06月

潜水の日々

執筆地獄。

いつになっても息継ぎしながら泳げない。

ひたすら潜水だから苦しいに決まってる。

アホです。


執筆の合間にユーチューブなどを覗く。

コロッケの八代亜紀のモノマネに大爆笑したり、エーピーバンクというフェスにゲスト出演している矢沢永吉に感動したり。


そしてまた執筆。


いつの間にやら夏じゃないか。


赤堀

相変わらずどうでもいい話ですが

うちの70過ぎの母親が、風俗嬢になってしまった夢を見ました。

おそらく浮気などしたことのない温和で寡黙な母親なんです。

立川だか調布辺りの駅周辺だけ栄えた街の寂れた裏通りにある雑居ビルの三階に母親が働く風俗があって、エレベーターがなかったので階段で三階まで上がったら、派手な下着姿の中年女が15人くらいいて、みんな黙々とコンビニの弁当を食べてました。

母親は僕に近付き「どのコがいい?指名しなさい」と言うので、改めて女達を見たけど、どう考えても皆50過ぎで、俺は「別の店に行くよ」とふて腐れて階段を降りました。

寂しそうについてきた母親を見上げ、「そんな仕事辞めなよ」とありきたりな説教をしようと思ったんだけど、その母親が今まで見た事ないくらい女の顔で、「ああ、女としては、こっちの方が幸せなのかもな…」って思ったら、うまく言葉が出てこなくて、「とにかく、まぁ、あんまり無理しないでね」と言い残して去りました。


で、実際に朝起きたら、号泣しながら勃起してました。


笑うしかないとはこの事だ。


赤堀

どうでもいいですが

ウナ?か何かのCMで踊っているサングラスの中年は俺じゃないっすよ。


地元の友人からメールが来ました。
「あれ、お前だよな?」って。
だから返信しましたよ、「俺じゃないよ」って。


以前、滋養強壮剤か何かのCMで踊る小太りの中年男性にも間違えられました。
ユースケサンタマリアに。「赤堀さん、色々やってるんすね…」って同情気味に。

俺じゃないっす。

小太りで気持ち悪い感じの中年男性は他にもたくさん存在しますから。


逆に本当に出演している時はビックリするくらい気付かれない。

ちなみにテレビ東京の鈴木先生には出演してますからね。
ヅラですけどね。

撮影終わって、ヅラ取って、帰り際にでんでんさんに「お疲れしたー」って挨拶したら、「誰?」って顔された事もあったけどね。


とにかく、俺だったり俺じゃなかったりの日々。

頑張るよ。



赤堀

『A.I.』感想

菊妻です。

『A.I.』観ました。
2001年のスティーブン・スピルバーグ監督のSF映画です。

舞台は地表のほとんどが水没した未来世界。ピノキオの物語をモチーフにしています。
人間を愛するように作られたロボットのデイビッドが、人間の女性に息子として愛されたいがために人間になろうと旅をします。

ピノキオに登場する妖精「ブルー・フェアリー」を実在すると信じ、一生懸命人間になろうと努力するのがなんとも切ない。終始、切なさの嵐です。

デイビッド役のハーレイ・ジョエル・オスメントがやはり上手いです。『ウォルター少年と夏の休日』という主演映画でもとてもリアリティーのある良い演技でしたが、今回はさらに真に迫っていました。
例えば眠りから覚めるシーンで、ロボット風にビクッビクッと痙攣する演技があるのですが、普通の子役なら無理だろうなあ。
最近は映画の仕事してないのが残念。

そして『A.I.』でオスメント君と同等かそれ以上のインパクトある演技をしていたのが、ジュード・ロウです。途中道連れになるセックス・ロボット(愛玩用ロボット)のジゴロ・ジョー役。

「かなり性能がいいけどやっぱりロボット」をさせて、こんなにも似合う役者さんはいないのじゃないでしょうか?
しかも挙動がいちいち楽しくて笑えるのにロボットに見える!
いきなり踊りだしたり歌ったり、わざわざ回転したり余計な動きが多いのに作り物めいて見えるんですよね~。
めちゃすごい。
超イケメンでしかも面白いってなんかズルい、ズルいぞ…。

そういえばスピルバーグはいまだにデジタルではなくこだわってアナログフィルムを使用してます。なんとなく画面がぼやっとしていて、洗練されたSF世界にリアリティと親しみを覚えます。肌に合う感じ。

切ないけど、スピルバーグらしいSFのわくわく感も味わえるとても良い映画でした。
(終盤、SF的な用語を使っての展開が少し「?」でしたが…)

ベタな命題ですが、「人間とそうではないもの」について考えさせられました。

行方不明

気付けばもう6月です。来月には下半期です。

…だから?って感じです(笑)

んでも、たまに確認はしておかねば!


最近、母より連絡があり「成人式の写真はどこ?」との事でした。


一丁前に写真館でキチンと撮った写真があるのです。

どうやら親戚に成人式の写真を見せられて、自慢返しをしたくなったようでした(笑)


写真はどこにあるのか…さっぱり覚えておらず。


あ、チョゴリを着たのですが、チョゴリは着物のレンタルくらいで買えるので、買ったのですね。


母と写真のやりとりをしていたら、チョゴリ自体どこにあるのかわからない事が判明しました(笑)


ん~、東京に送ってもらって、送り返したか返してないか。。返してなければ…前の家にあるような…。。

たっは~!!ものの行方は覚えていませんが、親戚回りをして、嬉し泣きされた事は覚えているのでいいのです。


形のあるものはいつ無くなってもおかしくない!ので仕方ないのです(笑)


それよりも、見えないところをしっかりしようと思いました☆


成人して10年!


…たっは~!!!



水原

冷たい熱帯魚

朝、ふと「あれ?そういや熱帯魚にしばらくエサやってねぇな…。下手すりゃ一ヶ月はやってねぇぞ。やべぇ、エサやらないと!」などとバッと飛び起きたが、俺、熱帯魚なんか飼ってなかった。

10年くらい前には飼っていたけどね。

ま、ちょっと疲れてるのだろう。


先日の不可思議体験のブログを見たマネージャーが「俺も全く同じ経験ありますよ。泥酔してたんでしょうね、全く覚えてないんすよ」などと半笑いで言ってきたが、だから小便じゃねぇっつうの!
絶対に違う。
だって小便だったらそこらに飛沫の跡が少なからずあるはずでしょ?
それが1ミリたりとも見当たらない。
カーペットと、少し離れた所にあるテレビ台の引き出しの中だからね。
しかも引き出しの底だけが濡れていた。けっこう密集してたビデオテープの上部は一切濡れてないのだ。

うーん…まだビビってるな…。


ソーシャルネットワークのDVDを音声特典のフィンチャー監督のコメントを聴きながら飯を食う。
下手なワークショップに出るよりよっぽど勉強になる。
良い作品を作るには、それ相当の労苦が伴う。
いや、労苦などではなく、極当たり前の事なのだろう。
極当たり前の事がなされないからダメなんだ。どいつもこいつも。俺も。
頑張ろ…。


冷たい熱帯魚といえば、でんでんさんだが、とある映画の現場で光石研さんに「似顔絵書かれた?」と聞かれた。
とある酒の席で大根さんにも同じ事を聞かれた。
そういう癖(へき)があるらしい。
で、先日とうとう書いていただきました。鈴木先生の現場で。
撮影中、なんかチラチラ俺を見てるなと思ったら、しばらくして、メモ帳に走り書きされた俺の似顔絵を無言で手渡された。
素敵な絵でした。宝物にします。
ま、引っ越しとかしたら捨てちゃうんだろうけど。


さて。

昼飯何にすっか。パスタはもう飽きたな。


赤堀

何なんだ!?

昨日昼過ぎに目覚めて、ふと視線をテレビの方向にやると、テレビ台の引き出しが引き出されていた。
何だか妙な感じがした。
テレビの台には二つ引き出しがあるのだが、左側にはDVD、右側にはビデオテープ(主にジブリ作品)を収納している。
でもってほとんど観ないであろう物をその引き出しに入れていて、更にデッキが壊れていてDVDしか観れない状態なので、右側の引き出しを開ける事はほぼない。
「え、何で開きっぱなしなんだろ…」と近付くと、その付近のカーペットが濡れていた。
「えっ!?」と驚き、脳をフル回転するが全く訳がわからない。
天井を見上げるが雨漏りの形跡は全く見当たらない。
近くの窓はきちんと閉まっている(鍵もちゃんとかかっている)。
恐る恐る開きっぱなしの引き出しを覗くと、引き出しの底がうっすら濡れている。
「えっ!?えっ!?えっ!?えっ!?」
全く意味がわからない。軽いパニックだ。
試しに左側の引き出しも開けてみたが、左側はまるで濡れていない。
右側だけだ。
寝惚けて小便でもしたのだろうか。匂いを嗅いでみるが全くの無臭だ。
というか、そんな事を己の経験値として絶対にするわけがない。
ふと「泥棒?」とよぎるが、何も盗られた形跡はない。
玄関の鍵もきちんと閉まっている。
何なんだろう。何なんだろう。何なんだろう。約20分宙を眺めるが、何もわからず…。
これは心霊現象なのでしょうか?
それとも無臭のオシッコなのでしょうか?
本当にビビっている今日この頃。

ま、いっか。

働くよ、俺は。


赤堀
THE SHAMPOO HAT
記事検索
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ