THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2012年01月

宣伝以外で

何やら面白エピソードを綴りたいのだが、とにかく稽古場と自宅を往復するだけの本当に驚くくらい地味な日々なので、まぁ、一丁目ぞめき。
一丁目ぞめきとは劇団の次回公演のタイトルでして、まぁ、一丁目でぞめくのだろう。
大好きなスズナリで。
なんか随分久しぶりな感じがする。
と、まぁ、驚くくらい見切り発車で書き始めたので、驚くくらいグダグダの文章です。

劇団な。

楽しみだな。

楽しみたいな。

劇団だよ。

27回公演だよ。

そんなやったかね…。

あと何回出来るんだろ…。

頑張ろうぜ。

語尾が「ぜ」だぜ。

己に言ってるんだぜ。


酔っ払ってませんよ。シラフです。
だから見切り発車って言ったでしょ。


明日の昼飯は何を食うべ。
語尾が「べ」ね。

たまにはこんなブログも。

一丁目ぞめき。

混沌。

映画のその夜の侍

いよいよ情報解禁となりました。
昨年の秋に撮影してました。
初めての監督業でした。
大震災の頃に脚本を書いていて、ま、どの方も混乱したように、私も混乱し、脱稿までに随分時間が掛かってしまいました。
何もかもが初めての事で、頭がおかしくなりそうな重圧でしたが、ま、部屋の隅でガタガタ震えていても何も解決しないので、やるべき事をひたすら真摯に取り組みました。
素晴らしいスタッフ、キャストのお陰で頭がおかしくなりそうなくらい楽しい撮影期間でした。
無我夢中過ぎて本当に記憶がないくらいあっという間の期間でした。
撮影が終わって腑抜けになっていたらモテキの大根先輩に「まだ半分も終わってねーから」と怒られました。
編集作業に入ったら、「なるほど、まだまだ終わらないな」と実感しました。
ま、とにかく、当たり前っちゃ当たり前ですが、一生懸命に作りました。ま、思い出話をしたら原稿用紙100枚くらいは書けますが、ま、とりあえず今日は簡単な報告という事で。
ずっと映画畑でやってきた方々の前では、おこがましくて「映画」などというのも気がひけますが、ま、世に出す以上、あまり卑下してもあれなんで、とにかく、ま、初監督作品です。
公開までまだまだ時間がありますが、とにかく、よろしくお願い致します。

龍を撫でた男

日々粛々と稽古。まさに粛々と。

この戯曲は、昭和27年、文学座で初演された、ま、知る人ぞ知る怪作。三島由紀夫も絶賛したらしい、です。

ただそれを、2012年に具現化するのは、あらゆる意味で至難。
演出のケラさんを筆頭に、大人たちが「ああでもない、こうでもない」と日々粛々と格闘してます。

悲観的に言ってるんじゃないですよ。
尊敬する先輩方と粛々と純粋に演劇に没頭できるのは、この上ない幸福です。
本当に、心底そう思う。


昨年の3月11日以降、どうやったって意味を込めようとするし、意味が込められてしまう昨今だが、この作品、というか、この公演には(あくまで僕の主観だが)まるで意味が込められていない、と思う。

そこに何かの意義を生み出すのが本来かもしれないし、僕自身この作品に携わる人間として当然色々考えざるを得ないが、ここ数日間稽古を重ねてきて、ま、「意義を提示しない」というのも一つの意義かな、などと、ま、ありきたりな事を思う。

飯屋は単純に純粋に美味い飯を提供し、AV監督は単純に純粋にエロを提供し、演劇の人は単純に純粋に演劇を提供する。

ま、当たり前の事だ。

龍を撫でた男、類いまれなる演劇です(笑)

是非。

つうか初めて本多劇場の舞台に立つ。
純粋に嬉しい。
脚本やら演出ではすでに携わっていたが、役者としては初めて。
楽しみです。


オリガト・プラスティコ 『龍を撫でた男』
2月3日~12日まで
本多劇場にて。


よろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。

元日、数年ぶりに千葉の実家に帰る。
半日だけ。
ここ十年くらい何故かいつも正月は仕事に追われていて安穏と過ごした記憶がなく、今年も三日から再開される芝居の稽古の準備やら書き物の仕事やらで心身共に余裕がないので帰省は無理かなと何となく考えていたが、いや、やはり無理してでも半日でも今年は帰省しようと思い、ま、帰省したのだった。

実家の最寄りの駅を降りて、何となく散歩がてら遠回りをする。
幼い頃、何べんも通った道を妙に感傷的に煙草を吸いながら歩く。
小学生の頃通ったそろばん塾のあった所や、よく遊んだ鳩の滑り台のある猫の額ほどの小さな公園や、小学校や、クワガタや蝉を捕まえた土手や、幼馴染みの家の車庫には風化した紫色のシャコタンがあり、小学生まで住んでいた家は新しく建て替えられ当然だが他人が暮らしており、偶然庭に小学生くらいの女の子がいて、「俺、昔ここに住んでたんだよ」と、当然声を掛けることなく、実家へ。
ありきたりな言い草だが、昔は物凄く遠回りだった道が、こんなに呆気ないほどの近距離だったのかと愕然とする。

兄夫婦と両親との静かな昼食。
かつては親戚やら近所の方々でとても賑やかな宴だったが、数年前からもうやめたらしい。
たいした理由ではなく、ま、要はおっくうだから、だそうだ。
特に今年は静かな元日。
話題は相変わらず近所のミニマムな誹謗中傷やら健康やら仕事の近況やら。
そんなものだ。
そんなもので良い。

イレギュラーな事といえば、母親が押し入れの奥から引っ張り出した俺の日記を盗み見したとカミングアウトした事。
日記なんて書いていた記憶が一切なかったので、最初何を言っているのか全くわからなかった。が、実際に見せられ、記憶が蘇り、赤面。

23歳から約二年間、不定期に大学ノートに綴った半ば恨み節のような日記。
18歳の頃からもう実家を離れて暮らしていたが、いつか何かの引っ越しのタイミングで「不要だけど捨てれない」荷物を実家に保管してもらっていたのだ。で、その中に日記があった。

完全に不注意だった。
ま、もう舞台上で何度もブリーフやらブラジャー姿を両親に見られているので、ま、今更恥ずかしいも何もないのだが、こればかりは参った。
ブログのように他者に見られる事を前提として書いているならまだしもだが、この日記は本当に自慰みたいなもので、本当に本当に恥ずかしい青臭い言葉のオンパレードだ。

日が暮れる前に家族に別れを告げ、帰路の電車でコソコソと日記を読む。

大学を中退して、三ヶ月ほどアメリカに自分探しの旅に出て(笑)、帰国して、笑えないくらいの貧乏暮らしが始まり、訳のわからぬ劇団に一瞬在籍(ま、今も大差ないが)、その後ステージ14゜というショーパブまがいの団体に参加し、で、そこにいた数人の輩と現在の劇団を旗揚げし、ま、旗揚げしたのに何もしないでウダウダしてた頃。16歳から八年間付き合ってた彼女と別れたり、とにかく闇雲にオーディションを受けまくり落ちまくり、まだ「親友」という言葉を恥ずかしげもなく使っていたり。
要は23歳から25歳くらいまでの、人生で一番青臭く、空回りで、腐ってた頃(ま、今も大差ないが)の日記。

当時の自分が、あまりにも自己顕示欲が強く、自意識過剰で、ナルシストで(ま、これも今と大差ないが)、とにかくアホ過ぎて、羞恥やら怒りを通り越して笑えてきた。
今の劇団の若者達の方が数倍賢い。

とにかく、もう、負のエネルギーが尋常じゃない。
毎日毎日「畜生」やら「くそったれ」やら「何であんな奴が」などと殴り書きしてある。
一番笑ったのが、これは日記ではなく、おそらく明日の何かのオーディションで自己紹介する際の文言を走り書きしている物。

「赤堀雅秋です。23才です。これから自己PRをさせていただきます。生意気だと思われるでしょうが、もし、審査をされる先生方に人を見る確かな目があるのなら、僕という人間が、どういった人間か、あるいは才能があるか、少しでもわかっていただけると、そう信じてます。どうかよろしくお願いします。」


キチガイだ。
本当にこんな事をオーディションでほざいたのだろうか。
俺が審査員なら悪意を込めて大爆笑だ。

で、そんなこんなで失笑しながら電車で日記を読み進めていたら、あるページに心臓が痛くなる。
何かに影響されたのだろう23歳の俺が、「40歳の俺へ」という手紙を綴っていたのだ。
現在の僕はちょうど40歳。
「ドラマみたいじゃーん」とニヤニヤコソコソ読む。
ま、内容は17年前の俺に説教したいくらいベタで凡庸でナルシスティックな代物だったので、特にドラマチックな発見や感慨は皆無なのだが、ま、17年間、全くこの日記の存在自体忘れていて、本当に久しぶりに帰った実家で、特に他意もなく渡された日記に17年後の己へ宛てた文章を読み、ま、なんか、良い元日だったなと自宅に戻ったという話。

あ、そうそう、そういやこの日記のタイトルが一番笑ったんだ。

DAIRY JAPAN


俺、今までよく劇作家など続けてこれたよ…。

だからみんなも大丈夫。

頑張ろう、日本。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ