THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2012年02月

ま、他人の宣伝をしてる場合じゃないが

一昨年、広島のアステールプラザのプロデュース公演に演出家として携わり、約一ヶ月広島に滞在したのですが。

何だか必要以上に熱くなってしまい、なんというか、ま、それは原発やら沖縄の基地やら死刑やら、当たり前の話だが、何ら対岸の火事ではなく、ま、何が言いたいのかよくわからないが、とにかく演劇界の末端にいる人間として少しでも演劇界の活性化に役立てればと、とにかく、ま、空回りした思い出があります(笑)

本当の活性化とはどういう事か、向上とはどういう事か、本当に良い芝居とは何か、演劇において本当の喜びや苦しみとはどういう事か、と、ま、とにかく東京から少しだけ離れた土地で少しだけ俯瞰で考える良い機会でした。

そのプロデュース公演が、今回初めて東京で公演をする。
たった二日間の2ステージだが、とにかく、ま、興行的に成功して欲しいなと思い、微力ながらの宣伝でして。

僕ら貧乏劇団も過去に二回ほど大阪で公演をしたのですが。
本当に貴重な経験でした。
何ていうか純粋な観客の前で純粋な芝居をして純粋な反応が返ってくる、というか。
下北沢のスズナリで無自覚に麻痺していた感覚が蘇るというか。
芸者見本市というイベントで外国人ばかりの観客の前でやった時も似た感覚がありました。

とにかく、ま、さまざまな価値観と触れるというのは、表現者にとって根源的に健全な事だ。
いわゆるファンといわれる身内のような観客ばかりの前で浸り顔では新興宗教の不健全さと何ら変わらない。同じ色の価値観に染めるのではなく、さまざまな色の価値観があるのだという想像力の喚起が演劇の仕事だ、と思っている。僕は。あのね、支離滅裂な文章で申し訳ありません。

とにかく、だから、宣伝でして。


演劇引力廣島 第9回公演 ガラパコス パコス

3月3日 19時開演
4日 14時開演

@アトリエヘリコプター


はえぎわのノゾエ君が作・演出です。
初演の劇団のものを観ました。面白いです。
皆様、是非。



そして、一丁目ぞめき。一丁目ぞめき。一丁目ぞめき。

よろしくお願い致します。

倉本先生

そういや、僕が初めて台本とやらを書こうと試みた際、僕の教科書というか、ま、要はよくマネしたのが、倉本先生の「學」というシナリオだった。
何やら倉本先生を特集した雑誌の中に付録されたもの。

その雑誌を手にした経緯は、ま、話せば長くなるので割愛するが(全然たいした経緯じゃないっす)、当時22歳。シナリオなんぞ当然読んだ事もなく、映画にも演劇にも興味もなく、じゃ何でそんな雑誌買ったんだ?という話だが、ま、ま、ま。

で、その「學」という当時未発表(この前WOWOWか何かでやりましたね。まだ観れてませんが)のシナリオを読んで、22歳の僕はアホみたいに号泣したんだ。

何だか妙な体験だった。

シナリオを読んでいて、ド素人の僕でさえ、次々と具体的な映像が見えてきた。
もちろん当時はいちいち理屈で考えてなく、それでも「今、この登場人物の顔のアップなんだろう」「今、この部屋全体をひいてる感じの画だろう」等々。

「シナリオってスゲーなー!」って孫悟空みたいに感嘆した記憶がある。

で、その後すぐに本屋に走り、『シナリオ入門』という本を買って、「よし!オラもシナリオ書くぞ!」って孫悟空みたいに意気込んだけど、なかなか書けず、結局「學」を模倣して模倣して書いた。

倉本先生の「間」の使い方やら「・・・」やら「---」やら。
格好つけて、C.O(カットアウト)とかね。

正直未だにその名残だらけです。


ま、ね、本当はこんな文章、己の浅はかさを露呈するだけなので、かつては拒んでいたのだけど、ま、もう、どうでもいいよ(笑)
逆ギレだが、だって浅はかだもの。

先日までの公演で佐藤銀平に「赤堀さん、下世話っすね。全然イメージ違いましたわ」と罵られが、「俺ほど下世話な人間はいねーよ!」と、ま、訳のわからない逆ギレをして…。


いや、だから、一丁目ぞめき。
下世話。

北の国から

何だか猛烈に無性に見たくなり、レンタルビデオ屋に行き、最終回のDVDを借り、見て、泣く。

自分でもちょっとどうかというくらいの号泣。

正確にいうと、最終回ではなく、その前の第23話。
まず葬式の描き方に改めて感嘆し、伊丹十三にときめき、大滝秀治と竹下景子のおでん屋の場面で唸り、朝にインスタントラーメンをすする田中邦衛にやられ、靴のくだりで案の定号泣。平田満。
号泣。
先述したが、本当にちょっとどうかというくらい号泣。

ま、疲れてんだろうな(笑)

それにしても、このドラマ。本当に10年以上ぶりに見たが、本当に本当に凄いなと改めて痛感。
冷や水をかけられた思い。横っ面を叩かれた思い。


さて、働くか。

『一丁目ぞめき』公演詳細

こんにちは!
ただの、吉牟田眞奈です。

そんなことはさて置き!!

チケット一般販売も始まりましたので、コチラのblogからでも詳細をお伝えさせていただきたいと、思います!!

□■□■□■□■□■□■□

THE SHAMPOO HAT第27回公演
『一丁目ぞめき』

【作・演出】赤堀雅秋

【出演】野中隆光
日比大介
児玉貴志
黒田大輔
滝沢恵
赤堀雅秋

【日時】2012年03月
・21日(水)19時
・22日(木)19時
・23日(金)19時
・24日(土)14時/19時
・25日(日)14時
・26日(月)19時
・27日(火)19時
・28日(水)14時/19時
・29日(木)19時
・30日(金)19時
・31日(土)14時
(全13回)

【会場】下北沢ザ・スズナリ
    (下北沢駅南口より徒歩5分)

【チケット料金】
指定席3800円/ 自由席3500円

【公演情報・内容等のお問い合わせ】
予約管理
ticket@shampoohat.com

■□■□■□■□■□■□■□

お気づきのとおり、今回は旗揚げのオリジナルメンバー中心でお届け致します☆

はてさて、あの先輩メンバーの若さみなぎってた頃のエネルギー再燃か?!

それとも、全く新しいシャンプーハット誕生?!

いずれにせよ、出演するメンバー、今回出演はないメンバー、不思議と共通してある想いは、

「THE SHAMPOO HATを盛り上げようぜ!?」

でございます。

皆様、今回のコレ、傑作になる予感です。

だいたい当たるのです。

見ないと損する伝説のお芝居を目指します!

毎回そうなんですがw




と、言うわけで、劇団HPからでも、メールでも、とにかくがむしゃらに受け付けておりますので、宜しくお願い申し上げます。

長々と失礼しました。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ではっ!劇場でまたお会いしましょう(^o^)/

肝心な事をいい忘れた

一丁目ぞめき。

チケット一般発売開始っす。

よろしくお願い致します。

終わり、始まり

龍を撫でた男。無事閉幕しました。
仕事で、こんな言い草もあれだが、本当に勉強になったな…。

ま、先日観客とのコミュニケーションについて書いたが、ま、結局は己の問題だな、と改めて昨日辺りに気付かされました(笑)
ま、気付いても、出来る出来ないはさておき。

とにかく、本当に本当に苦しくて幸福な期間でした。


そして、次。
劇団です。
もちろん今に始まった事じゃないです。
演出家、共演者、観客には本当に失礼な言い草ですが、今回の本番中も、ふと油断すると劇団公演の事を考える瞬間があったりして。
本当に最低な話ですが…。


一丁目ぞめき。


当たり前の意気込みですが、大傑作を作る思いです。
ま、毎回そうなんですけどね。

遺作の覚悟です(笑)

ま、本当に。


本当に。


寝る!

ぞめきっ!

やっとスマホの操作にも慣れてきた吉牟田です。

え?聞いてない?

……そりゃあ、そうでしょうねぇ。

意義なしです。

こんな私が連続投稿で失礼します。

40日切った思うたら、興奮してきてしもてんっ(>.<)☆




ところで皆様、『一丁目ぞめき』の「ぞめき」って言葉、ご存知でしたか?

恥ずかしながらこの吉牟田っ、今回初めて知ったという恥を晒しつつっ!それでも頑張って、シャンプーハットの「ぞめき」伝承者になるべくっ、調べたっス!!

どこか恩着せがましくて、すみません。





まず漢字に変えると、「騒き」と書いて「ぞめき」と読むそうですね。

で、肝心の意味!!

1)浮かれ騒ぐこと。にぎわい。さわぎ。

2)遊郭を冷やかしながら歩くこと。またその人。

だそうです。

でもね、地域によって色々な解釈や使われ方もあるそうです。

例えば、阿波おどり用語であったりとか。




ただ一つ言えること!!

それは……


「いいタイトルぅ~♪」


シャンプーハットのタイトルはいつも素敵で、やる気メ~ラメラになります。

今回もそうですね。

『一丁目ぞめき』

ご期待しておまちくださいませm(__)m




上演は3月21日~31日土曜日までです。

今回は土曜日が千秋楽で、日曜日(4/1)までではありません。

「わー(汗)!見逃したー!!」ということのないよう、お手数ですが、再度チェックお願い致します。

では、また~(^-^)/

ぞめきラー、吉牟田でした。

言い訳

日々、龍を撫でた男。本番の日々。

本当に本当にありきたりな言い草だが、舞台は本当に難しい。
だからこそ楽しくもあるのだが。

語弊はあるが、舞台は、ライブは、日々、毎ステージ、目の前の観客との生々しいコミュニケーション、会話だ。

同じ話をしていても、同じ意義を伝えたくても、あらゆる条件で伝わる物も伝わらないし、伝えたくない物も伝わったりしてね。

おかしな例えだが、同じ観念を伝えたくても、新人劇団員と、主宰の野中氏とは全く異なったコミュニケーションになり。

あまりにも伝わらないから苛立ちを隠せなくなり、声を荒げたり、猫なで声を出したり。逆に伝わると過信して、こちらが勝手に自己満足して、実は誤解させてたり。

ま、いわゆるプロといわれる仕事としては、御法度だが、まぁ、舞台上で演じるとは、そんな事だ。と、僕は思う。

演出家の立場の場合、自分は役者に偉そうに「ぶれるな」と罵るのだが、いざ観客を目の当たりにしている役者の立場になると、ブレブレの己がいたりして。

でも、まぁ、要は、目的は見終えた観客が「作品が面白かった」と言われれば、最低限の仕事として必要以上に落ち込まない。

野球の試合なら、己が4打数ノーヒットでも、試合が勝てば良い。
俺のあのファールで4番バッターがホームランを打ったと思える最低限の仕事をしていればね(笑)

ま、本当は4打数4ホームラン打ちたいけどね。

だから、まぁ、言い訳です(笑)

重複するが、舞台は難しくて、楽しい。

よく映像の俳優が「毎日同じ事して飽きない?」と言うが、こんなもの飽きようがない。
ま、考え様だが、無限過ぎるよ。

後2日。
本多劇場にて。

頑張りまーす。



そして、3月の劇団公演「一丁目ぞめき」。


ぬわぁああああああああああああ!


よろしくお願い致します。

チラシ♪

db35dc03.jpgこんにちは!吉牟田眞奈です。

THE SHAMPOO HAT 第27回公演
『一丁目ぞめき』

今日で、初日、ちょうど40日前です!!

チラシもできました!

今回は、旗揚げのオリジナルメンバー中心でお届けします。

旗揚げの、野中さん、児玉さん、赤堀さん、日比さん。そして2期生の(←そんな呼び方したことないけどw)黒田さん、滝沢さんの6名!

女子は滝沢さんのみ、紅一点。

男臭プンプンでしょうかw




我々、若手(若くないけど)や、新人たちも、出演しなくても裏から絶賛参加します!!

想いは同じなのです、メラメラ。





あと40日お待ちください。

こうご期待!!

宜しくお願いしますm(__)m

本多劇場

オリガト・プラスティコ 『龍を撫でた男』小屋入り。場当たり。

役者としては初めての本多劇場に中学二年生のごとく高揚する。
欲を言えば劇団の公演でこの舞台に立ち、劇団員たちと喜びをわかち合いたかったが、まぁ、仕方ない。

何故ここまで本多劇場にテンションが上がるのだろうか。
別に俺、演劇大好き青年でもなかったし、劇団でスズナリに進出した際も正直何の感慨もなく(今はスズナリが一番好きな劇場です。念のため)。

ま、お芝居を始めて以来、本多劇場で良い芝居を幾つか観て、素敵な先輩方を観て、嫉妬と羨望が無自覚に蓄積してたのだろうな。

場当たりの際、舞台袖で待機している間、「ああ、この袖で、今まで数えきれない程の役者さん達が、さまざまな思いで、あの舞台上に出るまでに待機してたのだな…」と、まぁ、ありきたりで妙に青臭い感慨。

ま、どの劇場でも同様だが。

これまた青臭い言い草だが、僕は役者として舞台に携わる場合、本番直前出番直前に必ず天井に向けて「感謝してます。有り難うございます。そして頑張ります」と念じるのだ。
それが舞台の神様に向けてか、悪意に満ちた霊的なものへかはさておき。

ま、いいか。

とにかく宣伝です。

感慨に浸ってるだけじゃないです。

観に来て下さい。よろしくお願い致します。

2月3日~12日まで。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ