THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2012年03月

快感

観客が一斉に笑うエネルギーを、本当に久しぶりに味わう事が出来た。

約18年前に書いたコント(チンコと肛門の間にもう一本チンコが生えてきて悩む男の話)を約20人くらいの観客の前で演じた時、観客が一斉に笑うエネルギーに、本当に昇天するような快感を覚え、それ以来舞台をやめられなくなってしまったのだが。

今日のステージでは、それに近い快感を味わえた。
ま、今回もウンコやらチンコの話だが。

本当に本当に素直に嬉しい。


今回の一丁目ぞめき。この隙間だらけの戯曲を体現するのは本当に難しい。
もちろん毎ステージ、観客に喜んでいただけるよう最善を尽くしているつもりだし、ま、コントと違って、ただ単純に笑いの分量が多ければ良いわけでもないのですが。

とにかく、約18年ぶりの快感。

で、明日も狙いに行くと、なぞってしまうと必ず失敗する。
わかってるんだ。わかってるけど、まぁ、ね…。

だから、まぁ、明日は明日でゼロの気持ちで。
ただひたすら目前の事象に無心で向き合うだけだ。

一丁目ぞめき。
あと残り3ステージ。
一生懸命生きます。

劇団

ロビーで販売している己の戯曲群をぼんやり眺め、ズラッと並んだ戯曲のタイトルを眺め、「こんなにいっぱい書いたんだなぁ…」としみじみする。
思えば遠くへ来たもんだ、だ。

で、そのタイトルを眺め、「ああ、この時はこんな思いだったな」「あの時はこんな葛藤の極致だったな」などと、ま、色々思い出す。

その時その時のリアリティーで書いているので、何というか、ドキュメントだなぁと。
もちろん全てがフィクションだが。
この頃は怒りの時期、この頃は虚無の時期、この頃は諦念の時期、この頃は再燃の時期。

ま、馬鹿の歴史だ。
馬鹿丸出し。
ま、そんなものだろう。

そして今回の「一丁目ぞめき」。
完全なオッサンのドキュメント。
もちろん、もちろんフィクションですよ。
でも、我々にしか出来ない芝居、我々にしか体現出来ないリアリティー、滑稽さ、無様さ。

ある大御所の女優が居酒屋で米粒とばしながら「女優なんて所詮ストリッパーよ!オマンコ見せてなんぼよ!」叫んでました。

そうなんだ。
己の根源的な醜態をさらす事が、役者の責務だと、僕は思う。
その覚悟やら決意やら葛藤やらが、ま、ファンタジーだと、僕は思う。


一丁目ぞめき。
市井の人々、愛すべき生活者。

もちろん判断するのは観客だが、それでも僕らは、これが劇団としての最大限だと思い、日々格闘しております。


31日までスズナリでやってます。
本当に観て欲しい。
よろしくお願い致します。

明日は初日

新人の菊妻です。

明日、本番初日です。
一丁目ぞめき。

かつてないほど、気合いが入っています。
はかり知れない舞台になります。

宜しくお願いします!

間もなく

明日から劇場に入り、明明後日から『一丁目ぞめき』の開幕です!



今、稽古場に向かう途中。
行く道すがらの桜の木に蕾が。



もう春なのですね。


間もなく、1年中で一番わくわくする季節が来ます!




さあさ、『一丁目ぞめき』!

どうぞよろしくお願い申し上げます。【滝沢恵】

落語

佳境です。

苦しいですが、本当に楽しい。

劇団なんて、三日に一回は解散したいなんて思うのだが、やはり改めて劇団員とお芝居を作るのは至福な事だと、特に最近思えるようになりました。
いや、思うようにしています。


今回の「一丁目ぞめき」。
ぞめき、という言葉は、ま、色々意味があるのですが、今回に関しては、空騒ぎといった感じの意味合いで。

「二階ぞめき」という落語があるのですが、その、ぞめき、という響きが好きで、ま、パクりました。
もちろん内容は全くの別物ですが。

大仰な言い草ですが、「沼袋十人斬り」がシャンプーハット版の歌舞伎ならば、「一丁目ぞめき」はシャンプーハット版の落語といった感じになればと。
もちろんエセですが。
でもって落語が何たるかなんて全く理解してませんが。
ま、雰囲気です。


時間はないが、とにかく焦らず丁寧に。


当たり前の話ですが、とにかく、皆さんに喜んでいただけるよう、真摯に頑張ります。

是非。

ぞめいてます

お久しぶりです。吉牟田眞奈です。

ここまで沈黙を守っておりましたが、いよいよ言わざるを得なくなってしまいました…。

THE SHAMPOO HAT第27回公演
『一丁目ぞめき』

めっちくちゃ面白く仕上がってます!!!

これは宣伝文句とかそんなではなく、本当に、本当に。

毎回先輩の背中を見てると、公演毎に何かしらの挑戦や課題を掲げて作品創りに取り組んでんだなーって思うのですが、今回は

これぞTHE SHAMPOO HAT!!

という作品になってます。

昔からのファンの方にも、「シャンプー観たことないんだよなー」って方にも、是非観て頂きたい作品になりました。




私としては、今回劇団に入って初めて、裏方に専念する形での参加です。

しかしまぁ、これがっ、なんと毎日充実してることでしょう!

舞台を降りた所から先輩の仕事を観るのが、こんなにも刺激的で、発見が多く、なんつうか、勉強になるとは!!

私はほんとにまだまだヘッポコ役者なので、台詞を頂くとすぐ一杯一杯になって、とーっても盲目になってたこと、周りや相手役のことすら見えなくなってたことがよ~く解りました。てへぺろ。



それに比べ、やはり先輩方は凄いです!

本当に心から凄いと思います。

ていうか、面白い(笑)!!

もうね、本当に面白い!『一丁目ぞめき』。



いよいよ21日(水)から始まります。

3月一杯やりますので、ご都合の合う方は、是非に!!

宜しくお願いしますm(__)m

でもって

今日も昼飯はココイチのカレーを宅配。

その宅配の係の小太りの男が、だんだんルーティンになりつつある。
玄関の扉の明け閉め、商品の渡し方、代金の受け取り方、云々。

あのな、スムーズはいい。
ただルーティンはよくないぞ。
これはなかなかの名言。
スムーズはいい。ルーティンはダメ。お互いに謙虚に羞恥心を持ってカレーのやり取りをしようじゃないか。

毎回初心の心でな。

風俗だってそうだろ?

今一度言うが、風俗だってそうだろ?

そんな馴れ合いの気持ちが………ま、今日はこの辺にしておこうか。

小太り同志、緊張感のあるカレーのやり取りを。


じゃ、今日も頑張ろうじゃないか。

世界平和のためにな。


確かに疲れてはいる。

そういや

最近昼飯は毎日、ココイチのカレーだな。
宅配。
もう近頃じゃ電話かけたや否や「赤堀様ですね」って言われるよ。
何か玄関先でくじ引かされて、何か当たっちゃって、全然いらないスプーンをもらったよ。
昨日は初めて納豆カレーを食べたら予想以上に美味しかったよ。

よし、今日も頑張ろうじゃないか。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ