THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2012年08月

丸かぶり

先日私が脚本参加している舞台の稽古場に。
若者達が(ま、若者でない方々も)必死に脚本と格闘している姿に、なんというか、胸が痛む。
きっと異国で訳のわからぬ料理を出され、これはどうやって食べればいいのか、といった感じだろうか。
とにかく、手掴みでもいいので美味しく食べていただけたら幸いです。

で、稽古後に出演者の皆さんと飲み、なんかハシャギ過ぎて反省。


一方役者として参加している浮標も粛々と、まさに粛々と。
たまに挟まれる小休憩、煙草を吸う場所が全く日陰のないアホみたいな所で、皆、少し離れた灰皿のない日陰にコソコソ集まり、無言でアスファルトを見つめ、そしてまた粛々と稽古。

その反動か、先日の稽古後の飲み会でハシャギ過ぎ、案の定反省。

丸かぶり反省。
全く学習出来ない中年。


「阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ」
脚本・赤堀雅秋 演出・河原雅彦

9月21日(金)~30日(日)
@本多劇場


「浮標」
脚本・三好十郎 演出・長塚圭史

9月20日(木)~30日(日)
@世田谷パブリックシアター


丸かぶり。
どちらもよろしくお願い致します。

帰還

約一週間ぶりに自宅に帰る。
本当に……本当に心根から安堵。

帰宅して、テレビをつけたら、24時間テレビのドラマで、反射的にチッと舌打ちをして、ま、もう寝るよ。

明日久しぶりの稽古休みだが、打ち合わせやら打ち合わせで全然休めず、ま、でも、頑張ろう。

頑張ろう。

夢のホテル住まい

浮標の稽古場から、約5分のところにあるビジネスホテルに住み込み、執筆、稽古、執筆、稽古の日々。

ホテルの周囲はスナックやら風俗やらラブホテルやら。
混沌に囲まれて、混沌の物語を紡ぎ、混沌。
近くのセブンイレブンで缶ビールを一本と、おでんがあったので、がんもと卵とつくねを買ったが、つくねは食べきれず。

寝る。

浮標

浮標。ぶい。

稽古が始まる。

なんてエネルギーに満ち溢れた戯曲なのだろう。
こりゃ大変だ…。

幸せな事に、今年に入ってから、ケラさん演出の「龍を撫でた男」、劇団の「一丁目ぞめき」、長塚君演出の「南部高速道路」、んで今回もまた長塚君演出の「浮標」。

舞台漬けです。

本当に幸せな事だが、まぁ、疲労困憊っちゃ疲労困憊。

稽古の際、ずっと同じ靴を履き続けているので、なんというか、まぁ、臭いっちゃ臭い。

臭いのは嫌なので稽古後に人目を忍んでファブリーズをプシュプシュ吹き掛けたり、稽古休みなどにマメに洗ってるんだが、気のせいなのかもしれないが、なんか根源的に臭い。

で、先程も、根源的な匂いを払拭すべく汗だくで洗ったよ。

ま、きっと徒労なんだろうな。
仕方ない。

ま、新しいのを買えという話かもしれない。

そして執筆。

乗りきれ。


葛河思潮社 第二回公演
「浮標」
作 三好十郎 演出 長塚圭史

9月20日~30日
@世田谷パブリックシアター

他にも、大阪、仙台、新潟に行く予定です。

よろしくお願い致します。

8月6日

先月広島のアステールプラザにて、来年頭のプロデュース公演に向け、ワークショップオーディションを実施。

ワークショップの中で、広島の演劇人の皆さんに「原爆を題材に芝居を作る意義」について話し合っていただいた。
10代から50前の老若男女の、広島の今の言葉が聞けて、なんというか、胸がざわざわした。

ざわざわしながら、僕に出来ることは、うんことちんことまんこの話。

黙祷。

映画 その夜の侍

明日8月4日(土)の「王様のブランチ」にて、本作がチラリと紹介されるようです。
よろしければ。


先週末に予告編が発表されたのですが、Yahooの人気映像トピックスのランキング<映画>では、なんと現在1位のようです。

監督である僕のこんな記述は胡散臭い感じも否めませんが、でも、それでも何とか口コミ口コミで一人でも多くの方々に観ていただけたらという単純な思いでございます。

よろしくお願い致します。

11月17日より全国ロードショー。

ファミレスにて

夏休みやらオリンピックやらの世の中、近所のファミレスで執筆仕事。アメリカンコーヒー、メロンソーダ、メロンソーダ、アメリカンコーヒーを飲みながら、ひたすら宙を眺める。

映画「その夜の侍」がモントリオール映画祭に出品される事になった。
もう20年くらい外国なんて行ってないので、パスポートなどあるはずもなく、実家に電話して戸籍抄本を送ってもらう。そんな鬼才・赤堀雅秋。
カナダって何が美味いんだろ。
サーモン?

ま、今はサーモンの事よりメロンソーダ、いや、執筆。
台本書くのって難しいなぁ。

先日テレビで重量挙げを眺めていて、なんか妙に感動したのだ。
ただ重たい物を持ち上げる事に人生の全てを捧げるというのが、何だか妙に崇高に感じたのだ。

去年は持ち上げられなかった、今年は持ち上げたい、昨日は少し持ち上げられた、今日はやはり持ち上げられなかった、来年は必ず持ち上げる、将来的には持ち上げる指導をしたい。

馬鹿にしてない。

重たい物を持ち上げる事に人生の全てを捧げた人と酒を飲んだら楽しいだろうな。

俺は一生ファミレスで宙を睨む人生。

とても幸せじゃないか。

そう思うしかないだろ。


頑張れ、ニッポン。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ