THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2012年10月

余韻

なんだか中途半端な夢を見て、半笑いで起床。

舞台「浮標」の本番中、開演して何故か一人楽屋にいる俺。
本来ならば冒頭から舞台上にいなければならないが、何故か楽屋にいて、ハッとなって焦るが、瞬時に諦め、「とにかく二場の準備をせねば」と切り替えるが、本来なら田中哲司さんがいる席に何故か北島三郎がいて、そしたらいつの間にか周囲は北島三郎のファンと思われる老年の女性だらけで、やたらと化粧臭く、何やら手作りの天ぷらやらコロッケを北島三郎に献上していて、そのついでといった感じで、老年の女が「あんたもホラ、コロッケ」と執拗に手渡ししてくるのだが、僕は「いや、そろそろ出番なので」と必死に拒むが、北島三郎が話しかけてきて、「赤ちゃん、やっぱりコロッケは番茶と合うね!」と満面の笑顔で、「北島先生、今まで俺に話しかけてきた事なんかなかったのに。ハッハーン、さてはファンの手前、気さくなキャラを作っているのだな」と僕は察し、「コロッケと番茶っか?両方熱いじゃないっすか」とフランクに返したら、さっきと寸分違わぬ笑顔と声で、「赤ちゃん、やっぱりコロッケは番茶と合うね!」と言ってきたので、怖くなって、慌てて二場の舞台に
走り、演じたが、心配してたより意外とスムーズに終え、ま、目が覚めました。


長々書いてみたが、やはり中途半端な夢だった。


スーパーに売ってたちょっと高級感溢れる鯖味噌の缶詰と、セブンイレブンの肉じゃがと、インスタントの海苔の味噌汁、納豆といった晩飯。
美味かった。


また明日。

地べたを這う生活

役者の仕事をしていてキラキラした方々と一緒にいると、己までもがキラキラした錯覚に陥り、映画の監督として取材などを受けているとフワフワと何者かにでもなったような錯覚に陥り、ま、そんな日々が続き、ふと己を省みて辟易。

今すべきは書くこと。
地べたを這うように書くよ。
そしてそれが本来。

自戒を公言してみました。


と言いつつ、映画「その夜の侍」の公開も間近。
試写会やら取材も続く。
先日プロデューサーが送ってくれたメイキングの映像を見て、当時の事が思い出され、酷く心臓が痛くなる(笑)
無我夢中過ぎて全く記憶喪失だったが、映像を見て、今更ながらに怖くなって脂汗が出てきた。

ま、そんな汗と涙と精子の結晶が11月17日なのです。
是非とも、是非とも、観てください。
よろしくお願い致します。

浮標、閉幕

昨日、新潟にて大千秋楽。
穏やかに打上がり、翌朝朝イチでそそくさと一人帰京。
ココイチのカレーを食い、洗濯を終え、今に至る。

浮標と出会えた事は、俳優としても作家としても大きな財産なのだと思う。
打ち上げで池谷さんや佐藤直子さんらと話していたのですが、これだけ毎日毎ステージ発見の連続が出来る戯曲は稀有だと。
軽んじていた台詞たった一言が、実は物語や登場人物を深化させる極めて重要な台詞だったりして。
観客には失礼な話だが、東京の世田谷パブリックシアターでの公演を終え、地方公演に入ってから、そのような発見は顕著でした。

ま、語ればきりがないので、ま、だから働きます。

とにかく、浮標は終わり、次の仕事。

真摯に。

仙台やら六本木やら新潟やら

浮標、先日無事仙台公演終えました。
東京、関西の約4分の1の200人の客席。
観客の凄まじいエネルギーを感じながら浮標の上演に参加できた事は幸福です。

翌日、仙台の演劇人のガイドで浮標の数名の出演者らと被災した沿岸部へ。
その後、仙台と東京の演劇人の交流会・芋煮会に参加し、美味しい飯を食い、帰京。

翌日、六本木にてぴあ試写会。あ、その夜の侍の。
初めて一般の方々の目に触れるという事もあり、嬉しくもあり、恐ろしくもあり。
超満員の観客に混ざって鑑賞の最中、息を呑むようにして映画を見入る観客を横目で感じながら、何だか妙に感慨深くなり危うく泣きそうなる。

仙台でも六本木でも、観客に教わってばかり。

そしていよいよ新潟にて大千秋楽。

束の間。
今日は全力で休む。
ソファーで仰向けになりながら、横目で臨場、科捜研の女、相棒のフルコースを堪能するよ。

ま、要は満身創痍。

覚え書き

どれだけ優れた戯曲でも、それを幾度も新鮮なエネルギーで、また毎回違う反応の観客のエネルギーに対峙して舞台に立つのは、これが意外と至難の技でして。
今回の浮標の場合も例外でなく。
僕は毎ステージ、パンフレットに記載されている1952年の三好十郎作品集の三好さんによるあとがきを読んで、己のけつを叩き本番に臨みます。


以下、抜粋、覚え書き。


~~そしてこれが書かれたのは、それから「みさお(三好十郎の先妻)」が死に、数年を経て、支那事変が拡大してしまって、不安は既に不安という程度にとどまらず、第二次世界大戦はかなりの確率をもって予見できるようになっていた頃である。つまり私個人にとっても客観的にも、ドス黒い時代のことをドス黒い時代の中で書かなければならなかった。

~~日々の生活も仕事も、その刻々が「対決」の連続であった。私のような性格の作家にとっては特にそうであった。それまでも私はかなり多くの戯曲を書いて来ていたが、このような手厳しい対決を迫られつつ作品を書いたのは、これが初めてだった。それを私はした。正しくしたとか見事にしたとかはいえないかもしれない。しかし、自分にはこれ以外の、そしてこれ以上の対決は出来なかったという意味で自分に正直であった事に、今でも私は満足している。
戯曲を書くという仕事が全体どんなことであるかを、それの本質的な意味を、はじめてハッキリと身をもって私が知ったのも、この作品に於てであった。それまでは、ただなんとなく書いたり、いい気になって書いたり、演劇のために書いたりしていた。この作品ではじめてハッキリと自分の全体が燃え、同時に甘さをかなぐり捨てて冷たく意志的になり、そして自分自身のために、自分の全人間の本質に密着しつつ書いた。したがって、この作品を書きあげて、はじめて私は自身の内に「天職」としてな劇作家を感じ、今後も私が自我を最もよく実現して行く場は劇作てあることを知り、戯曲を書くという仕事を抜きにしては自分の生は完全なものになり得ないと思ったのである。
この作品は第二次大戦のはじまるしばらく前にその頃まで焼けないでいた築地小劇場で丸山定夫の「五郎(主人公)」で上演された。その後丸山は広島の原爆に打たれて死んだ。丸山は名優であると共に、それまでの十五六年にわたる私の親友であった。
この作品は「みさお」にささげたものである。
同時に今、丸山定夫の記憶にささげられる。


以上、覚え書き。
これだけの思いを背負って、いや、背負うという思いで、そして現在の私なりのリアリティで現在の観客に伝えるべく、僭越ながら、本当に僭越ながらですが、日々格闘しております。

ま、基本的にはどの戯曲も同様ですが。

東京、大阪、兵庫を終え、残すは仙台、新潟の残り4ステージ。
けつが腫れるほど叩いて叩いて、全うしたい。


たまには真面目なブログで。

二郎のごとく

菊妻です。

赤堀さんがよく「ラーメン二郎」について書かれているので、そういえば行ったことないなあ、これは東京におるからには行かなあかんなあということで、近くの小金井店に行ってきました。

「なんだこれは」
とラーメンが出てきた瞬間、思わず岡本太郎みたいなことを呟き(ほんとに)、ラーメン小の「小じゃなさ」に、芸術性さえ感じました。

もやしの量がやばい。
あとにんにくもやばい。
麺はどこだ。
これは、なに味なの?

気持ち悪いぎりぎり一歩前の満腹感で店を出て、そこまで美味しいとは思えず暴力的とさえ思えるラーメンに、もう二度と来んわ、と思いつつも、ずっと二郎のことばかり考えてる僕はもう中毒へのカウントダウンなんでしょうか。

来月あたりまた行きそう。
恐ろしいよラーメン二郎(´Д`)


まあそんなこんなでどんなもんやですが、菊妻は『劇26.25団』さんに客演します。

二郎みたいに魅力的な芝居を
目指してますっ!
……………………………………………

劇26.25団 第11回公演
『秘密の繭』
作・演出:杉田鮎味
@下北沢OFF・OFFシアター

http://25dan.com/

■SCHEDULE
2012年10月24日(水)~11月4日(日)

10/24(水)  ★19:30
10/25(木)  19:30
10/26(金)  19:30
10/27(土)  14:00 / 19:00
10/28(日)  15:00
10/29(月)  19:30
10/30(火)  19:30
10/31(水)  ★14:30 / 19:30
11/1 (木)  19:30
11/2 (金)  19:30
11/3 (土)  14:00 / 19:00
11/4 (日)  15:00

開場は30分前、受付開始は60分前

■TICKET
(日時指定・全席自由)

前売 2,800円/学生 2,000円
当日 3,000円

★…初日&平日昼割引
前売 2,500円/学生 2,000円
当日 3,000円

※学生チケットをお求めの方は当日学生証をお持ちください。(要予約)


CAST
長尾長幸
杉元秀透
(以上、劇26.25団)

浅利ねこ(ぬいぐるみハンター)
加藤ちえり
加藤なぎさ
菊妻亮太(THE SHAMPOO HAT)
須藤真澄
住吉梨紗
中澤功(サモ・アリナンズ)
林佳代
星原むつみ(東京タンバリン)

STAFF
舞台美術:袴田長武+鴉屋
音響 :島貫聡
照明 :工藤雅弘(Fantasista?ish.)
舞台監督:金安凌平

今度こそホントの近況を

こんにちは。
お久しぶりです、吉牟田です。

THE SHAMPOO HAT本公演のない現在、メンバーたちは、他団体に客演したり、撮影していたりと、各々に活動しております。

かくいう私も、来月の公演に向けて稽古中であります。




そんな昨今ではありますが、今日はシャンプーの“若手メンバー”だけで集まって、エンゲキ遊びをしました。

「ワークショップ」と言うほどまで堅くない、・・・なんでしょう、ほんと、エンゲキ遊び(笑)。

ゲームしたり、エチュードしたり。

このメンバーでゲームしたことって考えてみたらなかったから、すんごい新鮮で(新たな一面も見えたりしてww)とても面白かったです。




なんかね、ホンマでっかTV情報ですけど、8時間の会議をするよりも3時間食事をした方がより親密度が増すんですって。

今まで新人の子たちと沢山話し合いとかミーティングとかしてきましたけど、なんか今日こうしてエンゲキ遊びした方がずっとお互いを知れたような気がするな・・・。

いや、なんかそんな堅苦しいもんじゃなく!単純に楽しかったのです♪

attachment00

写真はね、全っ然楽しそうじゃないですけどね(笑)。

ショボイ家族の肖像画みたいになってますが、みんなも私と同じように楽しんでたと思います!!

今日は本番中や稽古中のメンバーもいて全員集まることは叶いませんでしたが、またやりたいな。




オリジナルメンバーの先輩たちも、先に述べました通り、舞台に映画にドラマに忙しく活動しております。

追いつけ追い越せで、若手も頑張るぞー!!!

近況でも

ブログを更新しようと思って、「近況でも」と思ったが、地方公演までの束の間は、ひたすら自宅で執筆仕事をしているので特筆すべき事もなく。

ならば以前下城という若い劇団員がやっていた、己のメールの、なんか短縮の?予測して出てくる単語を並べて、いい感じにエロい文章になればいいなと、己の携帯電話をチェックしたら、己の生活の近況が真面目過ぎて辟易。
顕著なものを下記に。これが本当に脚色してないから哀しい。


・映画
・演劇
・演じる
・エネルギー


・頑張ります
・構いません
・哀しい
・確認


・恐縮
・来て下さい
・気持ち
・戯曲


・ケガ
・原稿
・劇場
・掲載


・仕事
・執筆
・芝居
・地味に


・そんな
・そちらを
・それで
・それなりの


なんか悲しくなってきた。
なんて幅のない日々なんだ。
こんなのが理想なんだが。



・シャンパン
・城
・新幹線
・シリコンバレー


・チンコ
・ちょっと
・小さく
・チャンス


・ママ
・舞妓
・毎晩
・マイクロ


もういいや。
寝るよ。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ