THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2012年11月

他愛のない呟きです

公開されてから二週目の映画「その夜の侍」。

ミニシアターランキングでは二週続けて1位だそで。
あくまでミニシアターですが、それでも本当に嬉しい限り。

そして映画のツイッターでの感想を閲覧すると、ツイッターつぶやき数ランキング(国内映画)で「その夜の侍」はなんと5位。
1位はエヴァンゲリヲン、2位は悪の教典、3位はイーストウッドで、4は007だ。
ミニシアターで5位は凄いじゃないか。
エヴァンゲリヲンは桁が違うが、頑張れば悪の教典を越えて2位になれるんじゃないだろうか。

ま、だから何だという話。

相変わらず賛否が激しい。
「健全だ」などとスカしてみたが、やはり激しく心臓が痛くなる。
一つ一つの否定的なつぶやきに一つ一つ「いやそれはね」やら「だからさ」などと丁寧に反論したいが、ま、出来るわけもなく。
ただ心臓を痛めながら眺めるしかない(笑)
演劇である程度の免疫は出来ていると自負していたが、何より観客層の幅が違う。かつて20代の若輩の頃は、終演後に観客のアンケートを読み、否定的な感想に悔しくて悔しくて、何やら叫びながらそのアンケート用紙を破り捨てた事もあった。
住所が記入してあったので(DMのため)、104でその住所から電話番号を調べ、電話して反論しようかとも思った。実際にはしなかったが。実際にした演出家も知っているが(笑)
とにかく、そんな紆余曲折があっての今だが。

ま、まだ若輩者っす。
精進します。

とにかく、一日でも長く、一人でも多くの方々に観ていただけたら。

続・地べたを這う生活

ゼブンイレブンで何を食おうがウロウロと5分くらい悩んだ挙げ句、ハッと名案が浮かび、ま、その名案とは「おでん」なのだが。
なんか小さめの野沢菜明太子御飯みたいなやつと、おでん三つくらい。
意気揚々と小さめの御飯を持ってレジに行き、店員に「あとおでんなんですけど…」と言ったら、ちょっとくい気味に「ないですね」となげやりに言われる。
僕は「え、これ…」と蓋のしてあるおでんの容器を示すが、また間髪入れず「それ空です」と半ば「見てわかんねぇの?」というニュアンスで言う店員。
仕方なくまたレジから離れ、また5分くらいさまよい、結局サッボロ一番塩(袋)と赤飯のおにぎりを買って、店を後にした。ちょっと無愛想な感じで「本当はおでん三つと小さめの御飯が良かったんだけどねッ!」というオーラを出しまくりながらね。
帰路、どうにも感情がおさまらず、「おでんがないのは百歩譲ってゆるす!だが何故『ないです』の前に『すいません』がつけられないかねッ!何故おでんがない事にもっと恐縮しないかねッ!」という叫びがグルグルグルグル脳内を巡り、帰宅。
「だが待てよ、こんな時、高倉健さんならばどんな対応を取るのだろう」とふとよぎる。
きっと健さんならば、おでんがない事を「残念だなぁ」と素直に呟き、他の弁当とアンパンを購入した際に店員に「遅くまでご苦労さん」とアンパンを店員に差し出すに違いない。
吉永小百合さんのパターンも考えてみた。
きっと吉永さんは、「おでんだなんて言ってゴメンなさいね」とはにかみながらいなり寿司を買って帰るに違いない。

それに比べて俺はなんだ!
たかだかおでんがないくらいで、その店員の態度が気に食わなかったからってイライラしながら自転車を漕ぐなんて……。
己の正義がなんぼのもんだ!そういう正義こそが実は一番の暴力じゃないか!
と、先程サッボロ一番を食いながら思ったよ。

ま、要は台本が全然書けなくて鬱積しているだけの話。

健さんや吉永さんはコンビニでおでん買わねぇしな。

でも、まぁ、立派な大人になりたいものだ。

スポーツ報知

本日発売のスポーツ報知に、来年度の劇団公演の情報がでました。

「その夜の侍」のおかげもあり、すばらしい方々が出演してくださります。
ほんとほんとに感謝です。

まさかこんなに大きく取り上げられるとは、ほんとに感謝です。

思えば劇団立ち上げ当初、はじめて「ぴあ」にとりあげてもらったときは親指の爪くらいの写真でした。
それでもメンバー全員「うおぉー!」となりました。なつかしいです。

映画、明日みます。たのしみです。単純にたのしみです。

侍。。。。
侍になりたいですなー。
なんか頭だけ侍っぽく成長してます。
地ちょんまげ可能です。はは。

スポーツ報知、みてください。

ロードショー

映画「その夜の侍」、先日無事、初日舞台挨拶を終え、安堵。
撮り終えた映画が全て公開されるとは限らない。だからこうして初日を笑顔で迎えられ幸福です。

映写チェックのため新宿武蔵野館に行く。
その流れで一般の観客に混じり鑑賞。
エンドロールで誰一人席を立たなかった。
かつて映画館でそんな光景、僕は見たことがない。
ま、腹の中で思う事はさまざまだろうが、とにかく嬉しかった。

上映後ロビーで観客の一人に声を掛けられた。
演技者。の「アメリカ」を観てからファンでいてくれているみたいで、今日はたまたま秋田から見に来たらしく。
なんだか胸が熱くなった。

ツイッターなどに記される感想を見ると、まさに賛否両論。
賛も激しければ、否も激しい。
もちろん否定されれば傷つくが、まぁ、賛否両論が活発なのは健全なことだ。
「こんなの映画じゃない」「演劇みたい」と揶揄されると、何となく劇団が小劇場の世界で注目され始められた頃を思い出す。
「こんなの演劇じゃない」「映画みたい」などよく揶揄された。

岩松了さんのコメントの中の「映画!」という言葉に酷く感激したのは事実だが、まぁ、もともと何が映画かなんて、よくわかっていない。
20年近く演劇に携わってきたが、未だに何が演劇かなんて、よくわからない。

格好いい言い草だが、僕はただ人間を描きたいだけなのだ。

一人でも多くの方々に観ていただけたら。
出来れば数人で観に行って、鑑賞後、皆で「ああでもない、こうでもない」と語り合ってくれたら、作り手として本望だ。

何卒よろしくお願い致します。

本日公開

映画『その夜の侍』。

日付が代わって本日。
いよいよ公開ですね。




2007年に公演した『その夜の侍』。

これまで関わってきたいくつもの劇団公演の中でも、私も大好きな作品です。


その、『その夜の侍』の、素晴らしい豪華キャストによる映画版。



なんだか私までワクワクしています。


是非皆さま、映画館に足をお運びくださいませ!

感謝

映画「その夜の侍」が、今年度の新藤兼人賞の金賞をいただきました。

2007年、下北沢のザ・ズズナリで上演した劇団の作品が、モントリオールやらロンドンなどの映画祭のコンペにノミネートされ、そして国内でもこのような評価をいただき、ありきたりな言い草ですが、身に余る光栄です。

劇団での作品は、この作品に限らず、私一人の力ではなく、劇団員一人一人が、大袈裟でなく、本当に心血を注いだ賜物です。

劇団員の皆様、スタッフの皆様、そして劇団公演を支えてくださる観客の皆様、本当に有り難うございます。

こんな青臭い言葉、恥ずかしくて仕方ないのですが、まぁ、このような機会はなかなかないでしょうから、感謝の意を込めての御報告です。

11月17日の公開に向けて、本当に良い弾みになりそうです。弾みという言い方もあれですが。

静かに静かに、ても構わない。息の長いロングランになる事を強く望みます。
何卒よろしくお願い致します。


ちなみに劇団の次回公演は、来年の4月。新作書き下ろしです。
素晴らしい客演もお呼びしております。
近日中には告知します。お楽しみに。

無題

これはアニメではない。
エヴァである。

これはラーメンではない。
ラーメン二郎である。

みたいなね。


11月17日、同日ロードショー。

とある取材でエヴァンゲリオンと同日ロードショーについてどう思いますか、と聞かれた。

どうも思うはずもなかろう。
エヴァ、観たいっす、と答えたよ。
大好きです。


こちらは、主題歌の星影の小径のごとく、

静かに静かに
手をとり手をとり
あなたのささやきは
アカシアの香りよ
アイラブユーアイラブユー
いつまでもいつまでも
夢うつつさまよいましょう
星影の小径よ


です。
という願い。

赤堀雅秋です

報知映画賞の新人賞にノミネートされたらしいです。赤松雅秋。

先日、谷村美月さんが出演した番組では、赤堀雅。
「トミーズ雅」的な感じでね。


ま、そんなもんだ。


頑張ります。

映画「その夜の侍」

先日、日芸の学園祭にて「その夜の侍」の試写会。
おそらく映画製作の知識なら僕の何百倍はあろう学生らに己の処女作を観られるのは怖くて仕方なかったが、ま、卑下ばかりしていても仕方がないので、観ていただく。
思っていたよりも良い反応で(あくまで主観だが)、広い教室が何だかスズナリの客席のような雰囲気で(主観です)とても嬉しかった。
もちろん各々腹の中で思う事はさまざまだろうが、そんな事より、目の前の画面と真剣にコミュニケーションしていただけた事が何よりの喜び。
日芸の皆様、有り難うございました。

そして翌日、大阪、名古屋へプロモーション。弾丸ツアー。
ラジオの収録やら雑誌、新聞やら、約20くらいの取材を受ける。
大袈裟ではなく、まさに分刻みのスケジュールで東京から大阪、大阪から名古屋、名古屋から東京。
新幹線、タクシー、タクシー、新幹線、タクシー、タクシー、新幹線。
こんなんで一人でも動員出来るなら本望です。

名古屋駅のホームできし麺を食べたかったが、天むすの弁当をいただいていたので、スーパードライを買い、新幹線でささやかに晩酌し、帰宅。

そして明日(実質本日)、六本木にて試写会。
劇伴の窪田さんとトークショー。

そしてそして11月7日、いよいよ一般完成披露試写会。
キャストの皆さんも集うらしい。

いよいよです。

11月17日、全国ロードショーです。

とにかく、映画館の暗闇で、微かな光を求めて無様にもがく虫のような愛すべき登場人物たちの生臭い息づかいを体感していただけたら。

よろしくお願い致します。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ