THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2013年01月

広島生活4

本当に久しぶりの休日。
もちろん稽古休みは幾度かあったが、ま、執筆やら打ち合わせやらで。
年末も正月もなく、執筆に明け暮れ…いや、実質的にはちっとも書けず、ガストで虚空を睨むばかりの日々だったが。
そんで1月10日に広島入りして執筆稽古執筆執筆稽古で、気がつけばもう二月じゃないか。
思えば遠くへ来たもんだ。

今日は久しぶりに何の予定もない日。
ま、やるべき仕事は山積だが、情けないかな体が「休まないと殺す」と脅してくるので、おどおどと休む。

つけ麺屋で昼飯を食べ、部屋でのんびりテレビでも眺めようとしたが、何だか無性に外の空気が吸いたくて、「よし、買い物にでも行こう」とてくてくと徒歩で繁華街へ。

広島に来てから、100%ジャージしか着てないので、「よし服を買おう」と意を決してパルコやらそごうやらへ行くが、ちょっと笑ってしまうくらい「ちっとも服なんて欲しくねぇ」と思い、「じゃ久しぶりに映画でも観るか」と映画館の前まで行き、何を観ようかしばし思案するが、「なんかもうええわ」と何故か関西弁で脱力し、映画もやめ、とにかく散歩に徹し、台本に出てくる流川やら薬研堀など猥雑な街をうろうろし、かといって風俗に入る気力と体力もなく、ただひたすら歩き続け、結局気づけば4時間歩いて部屋に戻る。

4時間の収穫は、東急ハンズで買った便座カバー二つ(自宅用)。

無性に納豆が食いたくなり、近くのセブンイレブンで弁当と共に購入し、ま、今に至る。

でも、ま、意外と良いリフレッシュでした。
稽古も順調です。
広島のキャスト、スタッフの並々ならぬ努力の賜物だと素直に思う。
もちろんまだまだまだまだ課題は山積だが。
本当に面白い作品になると思います。いや、なるよう頑張ります。

広島生活、折り返し地点。

体がつけ麺を少し拒絶し始めた(笑)
ま、食い過ぎだ。

広島生活3

そして相変わらずのつけ麺生活。

先日ようやく脱稿し、今日はそれを広島弁に直す作業を全キャスト、スタッフで「ああでもない、こうでもない」と。
これがまた想像以上に骨の折れる作業で。
語尾一つ、気持ちの流れやらキャラクターやら関係性やら世代やらで、広島の方々が頭を抱えるほど。
ただ、まぁ、下手な本読みより余程意義深い作業かもしれない。

広島に来て約二週間になるが、とても貴重な時間を過ごさせていただいている。
台本を作る作業、広島の土地勘やら町の醸し出す空気感やら何一つわからないので、一つ一つ質問しながらの執筆。
杉山至さんの美術ワークショップにキャストの皆さんと参加させていただいたり。と、まぁ、本当にゼロから現地のキャスト、スタッフと一つ一つ作る過程は、時にもどかしくもあるが、とても貴重な時間に違いない。

本番まで約一ヶ月。
一つ一つ、一歩一歩、焦らず丁寧に。

とても面白い作品になると思います。
広島の近隣の方々、東京などでも時間と金に余裕のある方々、是非。

広島生活2

相変わらずのつけ麺生活。
以前は全く愛想のかけらもない主人だったが、最近微かにだが「有り難うございました」の声に温度を感じる。
おそらく地元の人より通ってるもんな。

正直まだ脱稿出来てないのだが、迷惑をかけながらも何とか妥協せずに己の納得いくものにしたい。
マラソンで例えるなら、今ようやく20キロ地点を越えたくらい。
こうなってくると苦しみというよりランナーズハイ。
この感覚が作家冥利なのだと思う。
ま、こんな陶酔はいいから早く書けという話。

でも、本当に良い作品になりそうです。

広島近隣の方がこのブログを見ているかわからんが、ま、宜しければ是非いらして下さい。

本番まであと40日くらい。

最近演出していて、無自覚に広島のイントネーションになりつつある(笑)
もちろん微かにだが。

身も心も広島生活。
つけ麺生活。
広島のつけ麺は辛さ10倍以上で。

では。

広島生活

アステールプラザのプロデュース公演の仕事で広島に長期滞在。
二月末までずっと広島。

昨日広島に入り、アステールプラザの前のつけ麺屋・辛部に行き、夜は顔合わせの酒席だったが、本日の昼はつけ麺発祥の店といわれる新華園という店でつけ麺を食い、夜は辛部でつけ麺を食う。

ま、要は広島に来て、まだつけ麺しか食べてないといっても過言ではない。

健康的な食生活を。

東京から遠いようで近い、近いようで遠い地で、つけ麺…いや演劇三昧の日々。

幸せな事じゃないか。

そしてまたガスト

半ばノイローゼの朝方、少し離れた所のテーブル席の男二人の会話に辟易。
やれ政治家の誰それに世話になった、やれ今度ワインスクールに通おうと思ってる、やれ政治家の誰それは叙々苑に年間一億はおとしてる、云々。
ぬわぁあああああ!!!と唐突に叫んでやろうかと思ったが、そんな希薄な会話を聞いて台本のアイディアが浮かんだ。
有り難う。

帰路、朝6時くらい、朝焼けを見て、「どんだけ~!」という言い方で「朝焼け~!」と、ついポロリと呟いてしまい、疲れてる事を自覚する。


台本が書けないと、ついどうでもいい事ばかり考えてしまう。
ノートに、

足早男

と、書いた。あしはやお、と読む。
これはいつかの芝居の打ち上げで酩酊して劇団員の日比大介に命名した芸名だ。
その時はゲラゲラ笑っていたが、今改めて見ると面白くも何ともない。

ちなみに黒田大輔には、

東京電助

と名付けた。とうきょうでんすけ。
これは意外と気に入っている。
本気で改名しないかな。

野中さんや児玉さんは忘れちゃった。
野中さん、何だっけな…。

ケンカ強

ケンカつよしじゃないし。

野中基督

のなかキリストでもいいかもな。

児玉さんは、まぁ、もう疲れたから寝る。

でも日比や野中さんみたいに可愛いげのない役者は、そんな芸名の方がいいかもな。
初めて仕事する人も突っ込みやすい。

おい、足!お前何いい芝居してんだよ!

キリストさん、二歩上手へ!


まぁ、これは寝て起きて改めて見て後悔するパターンのあれだな。

でも東京電助はいいと思うけどな…。


よし、頑張ろう!

明けましておめでとうございます

劇団の若者から、


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。


という毒にも薬にもならない能面のような新年の挨拶が、1月2日にメールで来る。

色々突っ込み所満載だが、色々思慮した結果、


つまんねぇ挨拶だな…。


という返信をする。
本当は新年早々30行くらいの長文で「そういう所にお前の腐った根源がある」と全力で罵ってやろうかとも思ったが、あいにくそれどころではないので、上記の返信なのだ。
もっと言ったら、本当は「つまんねぇ挨拶だな。」にしようか「つまんねぇ挨拶だな(笑)」にしようか「つまんねぇ挨拶だな!」にしようか「つまんねぇ挨拶だな!!!」にしようか悩んでの、「つまんねぇ挨拶だな…。」だからな!
汲み取れ!


さて、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

ガストより愛を込めて。

赤堀
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ