THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2013年02月

さらば広島

先程、何とか無事、全公演を終える。
お陰様で全回完売らしく、何よりの成果。

芝居も出来不出来の波は激しかったが、楽日は何とか良いところまで昇華したと思う。
安堵。
お陰様で美味しい酒が飲める。

打ち上げまで時間があるので、ラストつけ麺。

広島生活、約1ヶ月半。
自宅の郵便受けが心配だ。

ああ……本当に疲れた…。
豊かな時間でした。

さらば広島。
また逢う日まで。

など三年前に今生の別れみたいな感じで広島を去ったら、その一週間後にCMの撮影であっけなく戻ってきてしまい、誰か知り合いにでも遭遇したら恥ずかしいなとコソコソした記憶がある。

ま、でも、さらば広島。

また数年後に戻ってきて、また皆と芝居を作りたい。

明日からは東京生活。
おそらくまた怒涛の日々。

広島生活11

本番二日目。
ようやくうっすらとした奇跡を目の当たりにする。
お客様には失礼極まりない言い草だが、二日目にして、ようやく役者が己の生徒でなく、その物語の中で息づくようになった。

広島のお客様ももちろん大事だが、今日は東京から時間と金の浪費をかけて約5名の方々に来ていただき、その皆様に(もちろん色々汲んでもらった上で)喜んでいただけたのは本当に方で安堵。

良かった…………。

あと二日。

まだまだまだまだ。
楽日に最高の酒を飲めるよう全力で目くじら立てて頑張ります。

あと二日か……。

おっさん化すすむ

いよいよ次回の舞台が近づいてきた。
素晴らしい客演さん達との公演、楽しみです。

ツイッター、フェイスブックと続き、ラインにとうとう手を出した。なにがいいのかよくわからないが、スタンプと呼ばれる絵がやってくる。んーよくわからない。友達もかってにやってくる。
どれになにを書き込むのか悩むし、みんな3つをどう使い分けてるんだろー。

とにかく、携帯の文字が見えないのが難点だ。
夜は特に読めない。字ちっさいし、バックパネルのライトがきつい。携帯は常に目から50センチくらい離してないてないと見えない。

あーやだ。

とにかく、3つを駆使し、宣伝にがんばろう。

広島生活10

仕込み。
18時に行けば良かったのだが、部屋にいても何となく落ち着かず、15時くらいにプラッと見に行く。
総勢約30人くらいのスタッフの皆様がせわしなく右往左往。
邪魔にならないよう端の方で眺める。
毎度毎度思うのだが、自分ごときが一から描いた世界が、こうして目の前で少しずつ少しずつ形になっていく光景は本当に感慨深い。

ましてや今回は、杉山至さんが約半年前からコツコツ続けてきた美術ワークショップの受講生(8人くらい)の集大成の形でもあり、彼ら彼女らが精魂込めて働く姿に危うく泣きそうになる。

その受講生を含め、約30人の広島のスタッフの皆様が、もちろん疲労困憊だろうが、それでも笑顔で温度のある働きぶりに、幸福を感じる。

演劇はいいなぁ、と改めて強く思う。

21日から4日間だけの公演。
うーん……もったいないなぁ…。

広島生活9

通し稽古。
終え、今日から東京からの舞台監督、美術の松下さん、杉山さんが来ている事すら目に入らず、もう10歳若ければ目の前の机を蹴り倒すばかりの目くじらでダメ出しをし、むふーっむふーっとなっている際に広島の制作の方から岸田戯曲賞の報告を稽古場で。

キャストの皆さんもさんざん罵声の後なものだから、そしてこちらも岡本太郎な状態なもので、何だか物凄く微妙な空気に。

携帯電話は、稽古中は宿泊する部屋に置きっぱなしだったもので、稽古後、皆さんからのお祝いメール、着信に我に返り、それでも通し稽古の憤慨はおさまらず、ま、今に至る(笑)

今回の岸田戯曲賞、今まで携わった全ての皆様に深く深く感謝します。
特に劇団員の皆様、スタッフの皆様、そして叱咤激励の根深い徳永京子さんや大根仁センパイには誰よりも御礼の気持ちでいっぱいです。

正直、これは何の強がりでも卑下でもなく、自分が審査員ならば「一丁目ぞめき」は受賞に相応しくないという自覚は冷淡にあり、無邪気に喜べる感じでは一切なく、辞退しようかとも0.1ミリほど思ったが、ま、貰えるものは有り難く素直に受け入れ、問題はその先にあり、この受賞を相対的に演劇界の責務と受け止め、これから更に挑戦的に創作活動に勤しむよう全力を尽くします。

岸田戯曲賞は、かねがね包茎手術のようなものだと思っていて、ま、包茎だっていいセックスは出来るっちゃ出来るのだろうが、ま、とにかく、これからはズルムケの成人男子として、全力でセックスします。

よろしくお願い致します。

取り急ぎ御礼まで。


数日後が本番の新作書き下ろしの「ボーダー」、そして4月のこれまた新作書き下ろしの劇団公演「葛城事件」。

是非。

広島生活8

多目的ホールに移っての稽古の日々。
多目的ホールとは本番の会場。
仮のセットだが、こんな好条件で稽古出来るのは、なんと贅沢で幸せな事か。

上から目線の言い草だが、思った通りの停滞具合。
停滞というか、まぁ、過渡期なのだ。

ここから更に深化し、進化しなければならない。

当たり前だが、小手先で出来る芝居ではない。

明日から通し稽古が続く。

何とか乗り越えて欲しい。

つうかこういう真面目くさった観念的な文章が嫌で己のブログを辞めたのに。
ま、性分だ。

いや、性分っていうか、宣伝なんです。

まだまだ空席多数です。
迷っている方々、是非。
よろしくお願い致します!

広島生活7

荒通し。

その前に転換稽古を慌ただしく終え、それからの通し稽古。
転換稽古で声がカスカスになり、本当は疲労困憊で通し稽古なんて嫌で、お茶を濁す感じでもう一回転換稽古をするかともチラリとかすめたが、照明さん音響さんの事を考えると今日は無理にでも通さないと、と思いの荒通し。

結果、全然荒い通しでなく、なんというか、役者の変化に物語とは関係なく恥ずかしながら涙腺が緩む。
「クララが立った」的な嬉しさだ。

本当に本当に失礼な言い草だが、でも極めて正直な感想として、荒れて荒れて仕方ない田畑を、耕して耕して、岩を捨て、何度も肥料をまいてまいて、種をまき、なんというか、今日発芽した瞬間を目の当たりにしたようだった。

百姓として、こんな嬉しい瞬間はない。

ま、だからといって、そんな喜びが、これだけ百姓を続けていれば刹那だという事は痛感している。

あと約一週間。
広島の役者が自立する時間であり、演出家のワタクシが小さくまとめないための矛盾に満ちた時間だ。

当たり前だが、もっともっともっともっともっともっと面白くなる。はずだ。

頑張る。

寝る。

広島生活6

満身創痍。

稽古場に風邪やらインフルエンザが蔓延し、「気合いが足りねーから風邪なんかひくんだ!」とぼそぼそと嘆いていたら、己が阿呆みたいに風邪をひく。
気合いじゃどうにもならない、という事を学ぶ。

発熱の日は自主稽古にしてもらい、翌日から熱が下がったので参加。
土日、祝日しか一日稽古出来ない広島の現状で、この三連休は本番に向けて何よりも貴重な時間。
つうか平日三時間、短すぎるよ…。
なんというか、接吻して、ようやく欲情してきて、慌てて丸裸になったや否や「ハイッ、そこまで!」と相手の女に冷静に宣告された気分というか、まぁ、何を言ってるのかよくわからない。病み上がりなんです。

とにかく、1場から12場までの芝居、ようやく二まわり出来た。
気が遠くなるくらい遅々とした道のりだが、それでもその甲斐あって、何となく今日兆しがチラリと見え、少しだけ安堵。

あと約一週間。
苦労して耕した田畑に種をまいたつもりだが、はたして発芽し実るのだろうか。

だろうか、などと言ってる場合ではない。
やるしかない。

「広島だから」とか「稽古時間が」とか絶対に言い訳をしたくない。
観客にとってはそんな事情は全く関係ない。

頑張ろう。
極めて拙い精神論だが、ま、仕方ない。

頑張る。
物凄く面白い作品で広島の観客を驚かせたい。

暑苦しいブログで恐縮です。稽古後で脳みそが、なんかぬわぁあああああ!!!となっていて、風邪だもんで酒も飲めず、まぁ、だから、頑張ろう。

広島生活5

連日稽古。
我慢の時期。
ここでスルスルと前に進むべきではないと強く自分に言い聞かせる。
俯瞰で自分を見ると岡本太郎のように瞳孔開いて「むふーっ」「むふーっ」とのたうち回る姿が、まぁ、滑稽でしかないが、まぁ、仕方ない。

偉そうな言い草だが、広島の演劇人にこののたうち回る姿を見せる事こそが何よりも置き土産じゃないか!と半ば逆ギレのように、まぁ、自分に言い聞かせる。

クールに、スマートに、合理的に行きたいのは山々だが…。

稽古の最中「楽しくやろうじゃないか!」と興奮した岡本太郎に言われても、「あ、はい…」としか役者は言いようがない。

ま、広島云々の話ではない。
思えば毎度毎度の事じゃないか。

と、まぁ、そんな広島の稽古休み。
他の仕事の調べもの。

稽古場では風邪が蔓延し始めている。中にはインフルエンザのスタッフも。
慌てず、丁寧に、真摯に、岡本太郎で。

三年前の前回の広島の際は松岡修造だった気がするが、今回は更にバージョンアップで岡本太郎。
恐縮です。

束の間の東京

ヨコハマ映画祭のため久しぶりの帰京。朝6時の新幹線。

失礼ながら半ば寝惚け顔で授賞式。
新人監督賞。
今回から「森田芳光メモリアル」という冠の付く記念すべき賞。
森田監督の家族ゲームを何度も何度も何度も観た。たぶん映画という映画の中で一番観た。で、観る度に新たな発見があり、観る度に興奮した。
だからといって森田監督に何かしら影響を受けた自覚はないが、たぶんおそらく無自覚に己の細胞というか血肉になっているのだと思う。
そんな敬愛する方の冠の賞。
これはあからさまに自慢だ。
授賞の前、舞台袖で待機していたら森田監督の奥様に声をかけられ、どうやら映画を観てくれたらしく、「なにか森田と似たものを感じた」と言って下さった。
危うく泣きそうになった。
なんというか、うまく言えないが、とにかく本当に嬉しかった。
ええ、自慢ですよ。

トロフィーやら賞状の他に奥様から葬儀の際に関係者に配った「MORITA」と刻まれたボールペンをいただき、「これであなたも森田組の一員だと思ってね」と言われた。

中学二年生くらいに素直に嬉しかったんです。


さて、束の間の東京。
ここぞとばかりに打ち合わせやら取材を組んだマネージャーを憎みつつ(本当は感謝してます)、明日からまた広島生活。
稽古稽古の日々。
雲の上を歩くのも束の間、明日からまた「じゃけぇ」「じゃけぇ」言うて目くじら立てて、つけ麺食うけぇ、もう眠る。

あ、これも完全な自慢だが「その夜の侍」に携わった山田孝之さんと安藤サクラさんが共に助演男優賞、助演女優賞です。
偽善者のような言い草だが、自分の授賞より数倍誇らしい。

寝る。

広島生活。
THE SHAMPOO HAT
記事検索
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ