THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2013年05月

そしてオセロ

そして粛々と稽古の日々。
おかしな言い草だが白井さんは本当に演劇が好きなのだなぁと、一緒に稽古をしていて、ひしひしと感じる。
演劇の大後輩として、こういう場にいられるのは本当に至福だと。
もっともっと白井さんの演劇脳を刺激せねばな…。それが仕事。

とはいえ、いやだからこそというか、先日の稽古休みは、逆ギレのように力づくで休む。
村上春樹を読んだからな。
そして泣いたよ。
世界を代表する作家に対して「いいぞ、春樹…」と夕暮れに感慨深く呟いたよ。
で、テレビを見てダラダラしようと思ったか、全然テレビが身体に入って来なかったので、レンタルビデオ屋でアウトレイジと黄金を抱いてとべと007を借りて見て、まぁなと偉そうに頷き、寝たよ。
さておき、久しぶりに本当に良い休日でした。

本番まで後約10日くらい。
オセロ。
当たり前だけど、本当に頑張る。
まだまだまだまだ。あくまで己の話。

皆さん、観に来て下さい。

オセロ

粛々と稽古の日々。
まさか自分がシェイクスピアなど公の場で演じる日が来るとは夢にも思わなかったが、ま、世田谷のパブリックなシアターで6月に本番なのだ。
とはいえシェイクスピアだろうがオセロだろうが、ま、人間を演じるには変わりないわけで、ま、結局は普段と変わらないっちゃ変わらない、ように思い込んでいる。
それでもやはりシェイクスピアのオセロなわけで、ま、演劇を生業にしていて、無数の俳優の中からこうして役をいただけるのは何かの縁なわけで、ま、だから、ま、頑張らないとな。

日々稽古場と自宅の行き来の繰り返し。
昼は長崎ちゃんぽん、夜は唐揚げ弁当。
帰宅して台本と格闘して、寝て、起きて、台本と格闘して、ちゃんぽん食って、稽古場で格闘して、唐揚げ弁当買って、家で食って、台本と格闘して、寝る。

ま、だから、酒が呑みたいんだよ、俺は。

酒が呑みたい!!!

葛城事件、千秋楽の次の日から、白井晃さん演出の「オセロ」の稽古。
だもんで劇団の打ち上げにも参加せず、そそくさと帰宅し、オセロの台本と格闘。
ま、それから毎日毎日、台本と格闘。

ああ………心の奥底から酒が呑みたい…。

稽古は毎日豊かな時間を過ごさせていただいてるのです。
だから何かのフラストレーション云々の話ではなく、なんというか、ま、簡単にいうとガス抜きか(笑)

でも呑まない!
昨日も今日も限界っちゃ限界だが、ここを何とか切り抜けろ。
そう、自問自答のブログです。

酒よ。

「沼袋十人斬り」の際は、よく吉幾三に似てると言われたな。

ちなみに「葛城事件」は、勝新太郎。
身に余る光栄じゃないか(笑)

あ、あと、どうでもいいが、男子楽屋で「あしたのジョー」の舞台をやるなら、ま、俺が丹下段平で、新井君がジョー、野中さんが力石徹で、黒田がマンモス西。
児玉さんは、最後の世界戦のホセメンドーサ。
戦った後のね。廃人同然のね。
戦ってる時は、児玉さんではなく、誰かそれらしい別のキャストに演じてもらって。

ちなみに日比は、ジョーがまだ力石の後遺症の時に戦った、なんかアマゾンからだか連れてきたクルクル回転する野人みたいな奴。

ま、本当にどうでもいい。

酒よ。

終わり、始まり

劇団公演「葛城事件」、無事閉幕。
客演のお三方、映画「その夜の侍」、岸田戯曲賞、そしておそらく口コミなど、あらゆる相乗効果で連日記録的な動員。
本当に、本当に、本当に幸せな事。
劇団を旗揚げしてから約17年。
さまざまな浮き沈みを経て、今回の動員客数は、なんというか、素直に心の奥底から嬉しい。
スタッフ、キャストの皆様、本当にお疲れ様でした。

この葛城事件。
実在の事件をモチーフにしている事もあり、当たり前の話だが安易に演じる事は許されず、本当に日々神経が疲弊する。
でもって身体中のあちこちが擦り傷やら打撲やら、ま、あと加齢やらで痛くて仕方なく、立ち上がるのも一苦労(笑)

あと、とろろ蕎麦。
自分で台本を書いたのだが、もう一週間目くらいから劇中で食べるのが辛くて本当に吐きそうな思いで。おそらく新井君も。
稽古の時、新井君が「これ、すぐに食べれちゃうんで間が持たないんすけど」とドヤ顔だった頃が懐かしい(笑)

新井浩文の初舞台、もしかしたら最初で最後の舞台を共に出来たのは、本当に幸福な時間でした。

そして鈴木砂羽さんの人間力がこの座組の何よりの活力でした。
もちろん芝居も魅力的でしたが。
本当に本当に感謝しております。

安藤聖ちゃんは、今回の芝居の主役と言っても過言ではなくて。当初の物語の想定では、あそこまで軸になるような役柄ではなかったのだが。
ある信頼するライターが「あの役が描けたのが今回の勝因」と言ってくれた。
有り難う、安藤聖、事務所の仲間(笑)

もちろん劇団員、スタッフの皆様にも深謝。

約二週間の本番だったが、本当に記憶がとぶくらいあっという間の怒濤の日々だった。
あ、そう、芝居もまさにそんな感じで、ふと気がついたら、「あら、もう終盤まで来てた…」といった感じの毎日で。

ま、ま、とにかく色々書いたらきりがない。
とにかく劇団公演の成功を恥ずかしげもなく、素直に喜び、そして次。

明日(実質今日)から別の芝居の稽古。
シェイクスピア。オセロ。

完全な愚痴だが、心身共に人生でかなり上位の疲れっぷり。
ま、頑張りますよ。当たり前じゃねぇか。

さらば葛城事件。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ