THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2013年07月

地味な挑戦

劇団姦し。歓喜の歌。
地味だが、かなり骨の折れる挑戦。

今年に入って、新作を二本書き下ろしたのだが、いずれも死刑制度を題材というか背景にした物語で、必然的に陰惨な殺人を取り扱わざるを得ず、ましてや実在の事件を体現するのは驚くぐらい心身共に疲弊するもので、今回姦しに書き下ろすものは、何というか、もう反射的に生理的に殺人を扱う作品は書きたくなく、それが逃げといえば逃げかもしれないが、ま、人間だもの。こればかりは仕方ない。
ただ台本を構想している際、またムクムクと「いや、やはり事件ものを描きたい」と思い直し、色々資料を漁っているうちに、なんかもう身体の奥底から嫌悪を感じ、で、ま、歓喜の歌。

20代の頃は、無自覚に無意味さを描けたが、ま、それが無自覚の強みで、これが自覚的に無意味さを描くのは至難の技で、油断をすると意味のあるものを書いてしまう。
こればかりは仕方ない。
が、それでも挑みたい。無意味な大人のファンタジー(笑)

ま、自問自答のブログです。

「葛城事件」のような刺激はなく、「一丁目ぞめき」や前回の姦しの「夕立」のようなウェルメイドさもなく。いや、無自覚にウェルメイドなのかな(笑)

ま、とにかく、観に来ていただけたら。
7月の末からスズナリです。
いや、面白くなると思うんだけどなぁ…。

うーん…。

よろしくお願い致します。

終わり、始まり

オセロ、先日新潟で無事閉幕。
本当に貴重な経験をさせていただきました。
初のシェイクスピア、白井さん演出、仲村トオルさん、イアーゴという役柄、等々。
稽古、本番と本当にただただ無我夢中で記憶がとぶくらいの日々でした。

というか、今年に入ってから、広島のプロデュース公演で新作を書き下ろし、劇団で新作を書き下ろし主役を演じ、そしてオセロと格闘し、気がつけばいつの間に夏だ。
この半年間、無我夢中過ぎて、盲目的に走り過ぎて、何だか「疲れた」とぼやく間もなく。

そして、劇団姦し。
新作を書き下ろす。

うーん………疲れた…。

でもやる。
当たり前じゃないか。好きでやってるんだ。
己に言い聞かしているのです(笑)

きっと気がつけば冬になり、春が過ぎて、また夏になる。
幸福じゃないか。

薬漬けの日々

喉の薬。もう何ヵ月飲み続けているだろうか。
4月の劇団の公演の際に声を枯らし、というか葛城清という役柄のためダミ声にしたく、あえて無茶苦茶な声を出して枯らしたのですが。

その公演が終わり、翌日からオセロの稽古。
膨大な分量のセリフと格闘する日々。
もちろん合間に病院に通ったりもしていたが、ま、言い訳がましいが、全く喉が休まる間もなく本番を迎え、更に喉は悪化し、更に強い薬を飲み、時には針を打ち、時には点滴を打ち、もうね……疲れた(笑)

残すは新潟のワンステージ。
これで薬漬けの日々と決別出来る。
ああ……安堵…。

本当に役者という仕事は肉体労働。体力勝負。

気がつけば夏じゃねぇか。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ