THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2013年09月

雑記

甲子園球場でホームランを打つ夢を見た。
テレビのリモコンをバットとして。
中学生が休み時間に教室の端でピンポン玉をボール、上履きをバットにして、みたいな感じで、何故か甲子園で野球をしていて、僕がバッターで、ピッチャーが投げたボール(たぶん軟式だった)を思いきりスイングしたら、打つには打ったが自分的には不本意で、打球はふらふらと高く上がり、ま、内野フライかなと思っていたら、打球はふらふらふらふら外野まで達し、まさかとは思ったが、そのままレフトスタンド最前列に吸い込まれたのだ。
嬉しさより驚きの方が大きく、しばし佇むばかりだったが、そうか、ホームランならばダイヤモンドを一周しないとと思い、何故だか大歓声の中、ゆっくりと走り出し、ファーストベースを踏み、あ、この感触懐かしいなと感傷的になり、セカンドベースを踏んだら、ああ、俺はホームランを打ったんだ!と急激に実感し、人生初のホームランを堪能したのだ。

と、ま、そういう夢を見て、目覚めて、へへと矢吹ジョーのように笑ったさ。
引越し祝いにいただいた、お掃除ロボットのルンバを使って、「お、やるじゃん」「いや、そこはもういいから」「頑張れ頑張れ」などと結局終始ついて回り、うふふふふとサザエさんのように笑ったよ。

秋だな。

ヴォイツェク

約200年前のドイツの原作。
これがなかなか骨の折れる作業で。
一挙手一投足に「ん?200年前のドイツではあり得るのだろうか」と足踏みしながらの執筆。
どんな果物があったのだろうか、煙草はあるよな、コーヒーを飲むのか、便所は、推理小説というジャンルはあったのか、何食ってたんだ、洗濯はどうやって、野良犬野良猫はあるのか、云々。
もう考えたらキリがないが、こればかりは仕方ない。己の感覚だけで描いてはいけない。
別に「忠実に再現する」ことが目的ではない。
他者の人生をより想像するための手がかりである。
その時の、その場所の、その人間をリアリティーを持って想像するために調べるのだ。
ま、それは200年前のドイツだからという事に限らず。
現在の書き下ろしだって、実在する犯罪者をモチーフにしたって同じこと。
ま、あくまでも想像に過ぎないが、誠意を持ってより深く想像することが僕らの仕事の全てといっても過言ではない。

さておき、ヴォイツェク。
なかなか良い脚本になったと思います。
先日本読みに顔を出しました。
山本耕史さんをはじめ、皆さんプロフェッショナルな方々ばかりで。
ちょっと妖怪大集合といった感じでもあったが(笑)

語弊があるが、赤坂ACTシアターらしくない挑戦的な作品だと思います。
音楽劇。
濃厚なエンターテイメントになると思います。
10月4日から。
皆さん、是非。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ