THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2014年06月

殺風景の後

日々、映画やらテレビやら、役者仕事。
役者は待つのが仕事などというが、ま、出番までに一時間二時間待つのは稀でなく、ただひたすら煙草を吸いながら空やら木やら電線やらを眺めて、時折セリフをボソボソと反復しながら、待つ。
普段自宅で執筆やら日の光の入らない稽古場や劇場にいることが多い自分にとって、これだけ長時間外気に触れるのは久しぶりで、ま、癒されるとは言わないが、ま、夜はよく眠れる。

テレビも映画も、どちらも死に損ないの化け物のような役どころで、ま、そういう需要があるという事は、自分自身がそれなりに「死に損ないの化け物のようなもの」なのだろう。
光栄です。

テレビの現場。語弊があるが、くだらない事を大人たちが必死にチャレンジする現場。
殺風景の後の自分にとって、なんというか、浄化される。

さて、そんな映像の役者仕事も一段落し、いよいよまた執筆仕事で本格的にひきこもり生活。
いつもの事だ。

ジョギングでも始めようかな。
役者だけでなく、執筆の仕事も体力がいるのだ。
ここ数年、本当に体力の低下が著しい。
10年前なら、筆がのっている際に、一日に30ページ書くことも出来たが、今はどれだけ頑張っても一日15ページが限界だ。
よし、明日からやるか、ジョギング。
ま、今日はやらないが、明日からはやる男だ。

ま、九分九厘やらねぇな。
残りの一厘に期待したい。

殺風景日記 完

何となく皆との別れが恥ずかしくて、終演後、まだ皆が終わった解放感やら歓喜の中を、そそくさと一人で退散。
ただいま新幹線にて帰京中。

本当に素晴らしい大千秋楽でした。

この約二ヶ月の間、難度の高い題材やら、コクーンという劇場やら、あらゆる難関をスタッフ、キャストの皆と共に、稽古場から本番、今日に至るまで、ちょっとずつちょっとずつ乗り越え、成長してきた感じです。
だから今日の大千秋楽の舞台を観ていて、共に成長してきた役者の芝居に心が震え、集大成というべき本当に素晴らしい舞台で、本当に嬉しかった。

こんな言い方もあれだが、たいてい千秋楽というものは、どの公演でもコケる傾向にあるが(笑)、今日の大千秋楽が本当に素晴らしかったのは、この座組たる所以だと恥ずかしげもなく断言したい。
スタッフ、キャストの皆様、本当に本当に有り難うございました。
そして観に来ていただいたお客様に感謝します。

感情に浸っている間もなく、次の仕事、やるべき事が山積。
そういうもんだ。

次。
次も頑張る。

さて、殺風景日記、おしまい。
また逢う日まで。

殺風景日記23

大阪の日々。
キャストより一日前に劇場入り。楽屋口に猫を発見。そういや約半年前に『シダの群れ』で来た時に数匹の仔猫たちがいて、おそらくきっと奴等が成長した姿。何となく嬉しくなる。
大阪の夜は主に肉を食ったり、肉を食ったり、肉を食ったり。
昼は蕎麦を食ったり、つけ麺を食ったり、蕎麦を食ったり。

無事開幕し、残すところ二日間3ステージ。

二日目の夜のステージ、観ていたら、何だか物語とは関係なく涙が零れてしまった。なんというか、舞台上の役者たちが凄いなと純粋な敬意というか。内輪の観念で恥ずかしながらですが。
あと、ま、「若手がうまくなったなぁ…」などと、ま、偉そうな物言いだが、ま、しみじみ思ってみたり。
ま、感傷的になっているのは演出家だけで、キャスト、スタッフは日々格闘し、満身創痍。

初日を観て、色々指摘しようかなと思ったが、とどまり、翌日のステージを観たら、その箇所は問題なく、いやむしろ以前より数段良くなっていたりして。
もうここまで来るとダメ出しもない。
情けないかな日々神棚に「怪我のないように」「お客様に喜んでいただけますように」と祈るしかない。
蕎麦食って、祈って、肉食って、蕎麦食って、祈って、肉食って。

無事に閉幕することを祈る。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ