THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2014年09月

ナイロン100ドシー

初日を拝見。
本当に面白かった。
己の主観が奇跡的にさまざまにリンクした事もあるが。
いやぁ……改めて本当にナイロン100ドシーを尊敬した。劇団。
凄いな、ナイロン100ドシー。
皆様、といっても何人に届いてるか知りませんが、是非。
と、薦めておいて何の補償も出来ませんが。
何かこういう芝居を観ると「まだまだ頑張らなくっちゃ」と高校生みたいに純粋な気持ちに引き戻される。

風の吹く夢 完

終わりました。
ああ…終わりました。

何だかあれやこれやと美辞麗句を語ろうと思ったが、うーん……やはり語らない。
なんというか、ま、語ってしまったら終わってしまいそうだから。

打ち上げ、二次会に行きたかったが辞めた。ま、一番は体力の問題だが、なんというか、ま、語りたくなかった。

千秋楽、本当に良い舞台だった。本当に貴重なセックスでした。

劇団、シャンプーハット。
本当に自分のわがままだが、少し休みたい。
理由は語れば8000字くらいになるので語らない。
ま、劇団自体は僕のものだけではないので来年以降どう活動するかはまだ未定ですが。
二年後後か三年後に劇団の皆と再会して、ま、考えたい。

当たり前だが、今回特に感じたが、劇団でしか出来ない表現は確かにある。
野中さん、児玉さん、日比、滝沢と、長年連れ添った面々は時折奇跡みたいな芝居をする。
それが世界中の誰よりも好きだし、世界中の誰よりも好きだから続けてきたが、ま、だからこそ休みたい。

酩酊のメールで明日後悔しそうだが、でも、ま、今の正直な気持ちです。

二年後、三年後に再会して野中さん、児玉さん、日比の旗揚げメンバー、もちろん僕自身の気持ちを照らし合わせて、ま、風の吹く夢。

とにかく、こんなにも難産の作品はありませんでしたが、それでも本当に本当に幸福な公演でした。
有り難うございました。

有り難うございました。

有り難うございました。

風の吹く夢日記13

さて、いよいよ明日(実質本日)千秋楽。

なんというか、ま、語るべき言葉が見つからない。

とにかく、美辞麗句は全てが終わった後で。

明日のワンステージに挑むだけです。

どんなに切磋琢磨しても「おお…今日は本当に良い芝居だった」と手放しに感動するのは一つの公演で3ステージくらいだろうか。
あくまで自意識の問題。
今回も幸せな事に二回くらいはあった。
これは本当に本当に気持ちいいんです。
この感覚が味わいたくて舞台をやり続けているようなものだ。
下品な例えでいうとセックスのようなもので。
演者同士が、演者とスタッフが、演者と観客が、もしくは作品と社会が、本当に良い塩梅で合致する事がある。
少しでも何かがズレてしまうと半ばレイプのような芝居になったり、マスターベーションのような出来になったり。
これが本当に難しい。
いやもちろん努力はしてるんです。
で、今回は己の記憶だと二回ほど良いセックスが出来た自負がある。

明日。

当たり前だが楽日スペシャルなどという浮かれた事は一切しない。

真摯に。

風の吹く夢日記12

いよいよ残すところ後三日。
終演後に会う知り合いの皆さんが笑顔で迎えてくれて嬉しい。
が、かなりの疲労困憊で、終演後は遠泳したかのごとく放心状態。飲みに行く気力すらなく。
でも改めて考えると劇中で俺、10歩くらいしか歩いてないかもな(笑)
ま、俺だけじゃないんだけど。
常に椅子に座っているか、あぐらをかいているか、ま、佇んでるだけだ。
こんなに全キャストが動かない作品もなかなかないだろう。
しかも大劇場で動ける池田成志さんや銀粉蝶さんを客演で呼んで…。
ま、いいか。
それがザ・シャンプーハット。ザ・スズナリ。

明日の昼飯は何にしよう。
毎日考える事はそればかり。
みん亭でラーチャンか松屋で焼肉定食(納豆)か。

明日も全力で喜劇。

風の吹く夢日記11

児玉貴志という男。
作品の感想レビューを見ると「小玉さんが良かった」とたまに見かけるが、ま、児玉より小玉でいいと他人事ながら思う。
開演前の楽屋は大抵「児玉さんイジリ」で終始する。
本来の児玉さんは、誰よりも二枚目気質で、誰よりもプライドが高く、あのようなイジられ方は不本意だろうが、ま、これもまた他人事ながら「仕方ない」と思う。
イジられる内が花、というよりイジられる今こそがピークですよ、児玉さん。

20年前に彼(といっても先輩だが)と出会い、よくお世話になった。
よく飯もおごってくれたり、映画や音楽を教えてくれたり、一時期は居候までさせてもらった。
20年前の彼は、当時の僕にとっては格好よく見えた。彼自身も「自分は松田優作に違いない」と思い込んでいたに違いない。

それから年月を経て。

いまだに松田優作の名残が時折見え隠れしてイラッアアアッとくることもあるが、数年前(『その夜の侍』の頃)からか役者としての佇まいが変化した。
「もしかしたら俺は松田優作ではないのかも」「もしかしたら俺はハゲてるのかも」とようやく、ようやく自覚し始めたのかもしれない。
それでも彼はハゲを隠す。前述したように異常な二枚目気質なのだ。
それでも演出家としての僕は「そのハゲをさらせ!」と命令させていただく。
見かけの問題ではない。心根の問題だ。

もういいだろ、児玉さん。

ナイロンの峯村さんがツイッターで呟いていた「私たちは児玉さんを守らなければ」という文言に少しだけ賛同する。
資本主義的な演劇界でこのまま絶滅させてしまうのは惜しい。
何とか国で保護できないものか。

稀有な役者なんです。

そんな児玉貴志さんが大活躍の『風の吹く夢』。
23日まで。
お見逃しなく。

風の吹く夢日記10

さて休演日。
我ながら良い休日を過ごす。
午前中に起き、掃除をして、何となく日の光を浴びたくて小一時間歩き、そんなに美味くないラーメンを食い、服を買おうとしたが「全然服とかいらねぇ」と思い店を出て、薬局で喉の薬を買い、帰宅して、テレビを見たりネットを見たり、湯船に浸かり、夕食は自炊して、BSで巨人戦を見て、ボクシングを見て、ま、今に至る。

本当に笑うくらい「無」の一日。
口は常に半開き。
スーパーのサミット、エスカレーターを降りる際に鏡に写る己の姿に「ふふ」と笑う。予想以上にオッサン。
いやこれでも役者などしてるので己の姿には相対的に自覚的で「かなりのダメな感じのオッサン」である自覚はあったはずだが、その自覚を遥かに越えたオッサンだった。

ま、だから何だという話。

明日からまた風の吹く夢。
噛みしめて、最後まで楽しむ。

風の吹く夢日記9

昼公演を終え、明日は念願の休演日。
コクーン『殺風景』のキャストの面々が来てくれて、飲みに行きたかったが、体の奥底が「今日は真っ直ぐ帰りなさい」と言うので皆に別れを告げ、まだ明るいうちに帰宅。
洗濯をし、湯船に浸かり、爪を切り、ソファに横たわりテレビを眺める。
全力で休む。
本当に本当に本当に久しぶりの休息だ。

気がつけば、もう折り返しか。
あっという間に終わるのだろう。

おかしな言い草だが、何だが思いの外評判がいい。もちろん賛否の否もある。
近年の殺伐といた作風を求めてきたら肩透かしにあった方々も少なくないと思う。
ただ自分としては今までの作品も今回の作品も背景というか奥底で蠢いてるものは差異はない。
それでも、それでもの物語。

ヤバイ。眠くなってきた。今寝たらおかしな時間に起きてしまいそうなので、頑張って11時までは起きていよう。
明日の休日は何をしよう。
ま、きっと何もしない。

風の吹く夢。
23日までです。約1時間50分の上演時間。
あまりカテゴライズするのは好きではないが、ま、喜劇なのだろう。

是非。

風の吹く夢日記8

何とか無事に幕が開く。

「今回ばかりはどうにも幕は開かないんじゃないか」などと思ったのは一度や二度ではなく、また今作もそんな不安が脳裏をよぎったのは、ま、事実。

それでも、それでも今回も何とか幕が開いた。

ありきたりな言い草だが、スタッフ、キャストの尽力の賜物。

初日は予想以上に観客の反応が良かったが、今日は今日の風が吹く。
さすがにこれだけ舞台を続けているので知っている。
今日もまた全力で凡庸を演じる。

風の吹く夢日記7

ザ・スズナリにて、場当たり、通し稽古。
皆さん、ま、中年だが、粛々とやるべき事をやり、スケジュールよりも早く事が進む。
当たり前だが、今日は一日どっぷりと演出家モードだが、明日はゲネプロ、そして本番の舞台は自分が真ん中に立たなければならない。
立たなければならないって、ま、己が決めた事だ。
覚悟せねばな。

銀粉蝶さん、池田成志さん、そして黒沢あすかさん。
本当に素敵です。

杉山至さんの素晴らしい美術、そして10年以上共にしている勝手知ったるスタッフ、そして劇団員。
色々な思いを噛みしめて、明日から毎ステージ毎ステージ心を込めて。

初日前夜だもの。
こんな青臭いことも言う。

さて。
ザ・スズナリにてザ・シャンプーハット。

風の吹く夢日記6

例えば拙作の「蝿男」などをビデオで久しぶりに見ると「こんなものよく作れたなぁ…」と他人事のように感心してしまう。
当時を思い出すと、「なんか人殺してぇな」くらいの初期衝動で書き始め、ただひたすら若者がうだうだとして、最後に皆殺しにする…といった物語になった。
その物語で何を伝えたいとかテーマなどというものは皆無で描いたのに、結果何ともいえない虚無感や微かな希望が見えたりして。
無自覚な行間、といったところか。
恐いもの知らずの若者の成せる業だ。

で、それから、その恐いもの知らずの若者も必然的に恐いものだらけのオッサンになり、恐いものだらけだもんでプロテクトのために技術が身につき、観客にどうしたら気に入られるかばかりを考え、ま、僭越ながら劇作家として飯を食っている。

今回は、なんというか、その「無自覚な行間」を自覚的に作りたいという初期衝動。
これが本当に難しい。
ま、当たり前だ。自覚的な無自覚だ。
死ぬほどの難産。なかなか筆が進まない。
どうしても身についてしまった技術や観客に気に入られるエピソードが浮かんでは消し、浮かんでは消し。

通し稽古。

僕は、この作品が好きだ。
誰に何といわれようが、僕はこの作品が好きだ。

風の吹く夢。

明日小屋入り。

風の吹く夢日記5

佳境だが、慌てず騒がず、粛々と稽古。

自分史の中でも、いや演劇史でも、稀にみる「どうでもいい話」ではないだろうか。。
凡庸なオッサンたちの、驚くぐらい凡庸なロードムービー、といったところか。

人が死なない、人を殺さない作品は久しぶり。

1時間45分の上演時間、を目指しています。
9月10日~23日 @下北沢ザ・スズナリ

是非。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ