(心象風景としての)ひしゃげたカボチャを染める夕陽と薫風

とある「風の街」で起こる小さな出来事を此処に綴る

METAMORPHOSE SPRING 12


久々の投稿です。
生活の記録と僅かな自己満の為にも、ブログは継続していきたいと思います。

METAMORPHOSEに参戦してきました。
お酒を飲み、気持ちよく酔い、好きな音楽で踊る。
楽しくて楽しくて仕方がなかった。
就職してから仕事に忙殺され、好きな音楽を聴く時間も、ライブに参加する回数も、
かなり少なくなった。
だけどやっぱり音楽は自分にとって大切な存在だという事を、昨日改めて認識した。
良かった良かった。

簡単に振り返る。

・Orbital
中学時代に初めて「chime」を聴いてから早10年あまり。
昨日あの旋律が会場で響き渡った瞬間は興奮したなぁ。
ベテランらしからぬ終始あげあげ状態の進行だったので、踊り疲れた。

・Adrian Sherwood
今回の裏ベストアクトだったかも。
Flaming Lips蹴ってSherwood先生で踊る僅かな人達は、本物のパーティーピープル。
腹の底まで届く重厚なビートに合わせて、とことん体を揺らした。

・Darren Emerson vs Tim Deluxe
今回の正真正銘ベストアクト。
都会的で洒落ていた。進行も大人だった。安定感ありすぎ。匠の技。
「Darren Emerson らしい音」というのが確立されているというのが本当に凄いと思う。
「Darren Emerson の音」で踊れて幸せでした。

楽しい時間が終わった後の、あの疲労感と喪失感と幸福感が入り混じった不思議な気持ち。
久々に感じた。
そして幕張の朝日はとても綺麗だった。




Orbital 「Chime (Live at Glastonbury 2004)」

ピーカン

課の先輩方と千葉の鋸山方面をドライブしてきた。
絵の具で塗ったような青い空、海。秋の優しい日差し。しおかぜ。
山頂からの景色も素敵だった。
昼は美味しい寿司を食べ、夜は海ほたるで星を眺めた。
帰りはジャズを流しながら首都高を流す。
東京という街の夜が美しすぎて、それを眺めながら人知れず考え事をしていたら、
「自分にはもっともっと頑張らなきゃならん事が沢山あるぜぃ!!ヒャッホーィ!!」
という至極前向きな結論に行き着いた。

あぁ、素晴らしき日。




Teenage Fanclub 「The Concept」

バイオリズムに関係なく、いつでもフラットな気持ちで聴けるバンド。
好きだなぁ。

あぁ、素晴らしき青き日々。

カボチャのスープの方がもっともーっと好きです


The Smashing Pumpkins 「Age Of Innocence」

最近仕事に忙殺されて、自分にとって大切なものを色々と忘れかけている気がする。
だけど今夜、幸運にも、失ってはいけない大事な思いの一つを忘却の海からすくい上げる事ができました。
そう、スマパン。

僕の青春の一部はスマッシングパンプキンズでした。
スマッシングパンプキンズは僕の青春の一部でした。
どっちでも良いです。
つまりそういう事です。

この愛すべきバンドと出会ってから約10年。
この武道館での解散ツアーに行けなかった事をずっと悔やんでいた青き日々。
やっとビリーというノッポの天使に会える、土曜日。

まだチケット取ってないけどね。
いぇい!

記憶の奥の方


Joe Sample 「In All My Wildest Dreams」

2pacの「Dear Mama 」でサンプリングされている事でも有名なこの曲。
素敵な曲です。

2pacは高校時代、友人に薦められて初めて聞いた。
体育の授業でしか一緒にならず、少し言葉を交わした程度の同級生だったが、
ひょんな事からお互い音楽好きという事を知り、親しくなった。
彼が初めて貸してくれたのが2Pacのベスト盤だった。
どちらかというと地味な奴だったので、まずHIP HOPを好んで聞いているというのが意外だった。
でも好きな音楽の話をする時の彼の目は、若干恥ずかしさを含みながらもキラキラしていて、
それを今でも鮮明に覚えている。
「Life Goes On 」「Change」「Dear Mama」にハマり、毎日聞いていた。
HIP HOPってこんなに優しさとか希望とかも表現できる音楽だったんだ。
それまで持っていた変な先入観を取っ払う事ができた。

彼は今どこで何をしているのだろう?
会って、飲みたいな。

シュミテクト

僕の趣味の一つはサイクリング。
お金はそんなにかけていないが、そこそこ乗りやすいMTBをずっと愛用している。
社会人になって忙しくなってからも、だいたい土日のどちらかは自転車に乗って街に繰り出す。
風を切って走るあの爽快さと、視界を風景が流れていくあのドキドキ感がたまらない。

土曜もノープランで漕ぎ出した。
石神井川を沿って中仙道に出る。そこから巣鴨まで。
白山通りを直進し後楽園へ。4年間バイトをしていたので、この辺は庭みたいな感じで、
久々に来た懐かしさから、路地裏から路地裏へと時間を費やした。
この店まだあるんだ〜とか、ここは誰々と来たな〜とか懐かしい気分に満たされた。
水道橋駅の脇を抜け内堀通りを九段下〜竹橋〜大手町へ。
大手町のオフィス街は平日の活気が嘘のように静か。
去年、新入社員研修はほとんど大手町で行われた事もあってこの辺も結構詳しくなった。
和田噴水公園で一休み。ここの夜景は本当に綺麗です。光に照らし出される噴水。
この日は結婚式が公園内の施設で行われており、すごく幸せな時間が流れていた。
その後、お堀沿いを内幸町まで行き、酒場が活気付きだした有楽町駅のガードレール下沿いを走り、
数寄屋橋交差点を渡り、銀座コリドー通りへ抜ける。
美登利寿司は相変わらずの大行列で、もう笑うしかないような状況でした・・・。

昭和通りを日本橋、上野方面へ。
そろそろ疲れてきた頃です。
秋葉原を通過し、やっと上野へ。
松坂屋の前を通った時の一瞬の涼しさに少しニンヤリしつつ、
汗だくで春日通りを延々漕ぎ続け、やっと後楽園。
そこから春日通りを更に池袋まで抜け、そこから254で我が家まで。

ここまで走ると疲れすぎて、俺何やってるんだろうって感じなんだけど、
でも目にした数々の素敵な風景や人々の日常、あとは帰還後の美味すぎるビールの味が
忘れられず、また翌週は繰り出してしまう訳なんです。



Underworld 「Scribble(extended album version) 」

この曲をエレグラで初めて聴いた時は度肝を抜かれた。
どっかに行ってしまいそうだった。
今でもかなり鮮明に覚えている。

夜風永遠

月から金、朝から夜まで規則正しく働く生活にChange。変わったのはそれくらい。本当にそれくらい?感受性は半減の気配。夢が入り込む余地のない現実的思考は倍増。夢とか幻想とか「美しさ」とか風とか、そんなふわふわした優しいものを忘れたくないから、扉をまた開けた。これは逃げ?後向き?何でも良いけど、今日の夜風は気持ち良すぎるよ。寝るのが惜しいわ。でも「あと10秒で」寝る。

いいの?いいよ。


Brian Eno 「By This River」

春にしては少し冷たすぎる雨に打たれながら夜道を歩きたい衝動。

てくのろっじっく



ミラクル。

美しい

1日の終わりには、部屋の電気を少し落として、椅子に深く腰掛けて、足をベッドに伸ばして、
お湯で少しのぼせた顔に冷えた缶ビールを軽く押し付けたりしながら、音楽に耳を傾ける。
それに限る訳で・・
そうやって1日を締めくくる、ただそれだけなのです。
今日も皆さま、お疲れ様でした。


Damien Rice 「9 crimes」


高木正勝 「Girls」


Death Cab For Cutie 「I Will Follow You Into The Dark」


スーパーカー 「Recreation」

A sweet melody came floating on the wind from nowhere

出会いや繋がりや温かさや思いやりに感謝する毎日です。
年の暮れになると、どうも感傷的になってしまいます。
色々な思いが巡るのです。
それらは私の心のキャパシティーを優に超えているように思えます。
時に歩みを止めざるを得ない程、その巡る思いは感情の大事な所を占拠しています。
しかし悲しくはないのです。
痛くもないのです。
後ろで「何か」が背中をそっと両手で支えてくれているような気がするからです。
「何か」とは、あくまで「何か」であって、私の知るところではありません。
ですがそれは妙に安心感をもたらしてくれるのです。
そして同時に悲しみや痛みを和らげてくれている気がするのです。
気のせいでしょうか?
そうかもしれません。
しかし感じるのです。
それに全てを託している訳ではありません。
それは図々しいってものです。
しかし、そっと信頼はしています。
そっと。それは微かな、でも確かなものです。
明日は晴れるでしょうか?
今はそんなことを考えています。

晴れたら朝一散歩に出掛けようかななんて計画を立てています。
川沿いのお気に入りの散歩コースです。
朝の木漏れ日の神々しいまでの美しさを知った道です。

livedoor プロフィール
Recent Comments
  • ライブドアブログ