管理人です。
 そろそろコラムの語り役に我等が腐肉先生が復活します。別に辞めてた理由とかは特にないんですけど、なんだかんだしばらく使ってなかったのでそろそろね。
 それにやっぱり新弾が出たこともあり、初心者もそれに釣られて幾らか始めてくれると思うんですよ。ここらで当ブログ、当コラムも少し初心に戻ろうかと。そのためにはやっぱり腐肉先生ですよね。というわけで次回からお願いします。


壊嵐の獣 オグ・シグニス
lc10
・共通
 昔の人は言いました。「地震、雷、火事、オヤジ」。
 そんな雷と親父が複合で参戦。
 効果はダメージを受ける度、死なない限りパワーアップし続ける。ドMは死ななきゃ直らないらしい。おっさんなのにケダモノ扱いされるわけだ。

・リミテッド
 初見だと何が何やらよくわからんオッサン。戦闘ダメージが一発3500入った場合はパンプする前にフツーに死ぬので「実質4500!」とかそんな夢のような話ではない。念のため。
 防御不可を付けれる上にATKを3点持っているので殴り合いに持ち込みつつも、それだけでなくクロック有利な殴り合いまでもキッチリ演出する。
 だがお世辞にも使いやすい効果とは言いがたい。特にリミテッドではどうしようもない。
 効果は忘れて3500ユニットとして殴らせれば地のステータスで十分役に立つ。

・構築
 前述の弱点はある程度構築で補える。
 「オグ・シグニスの壊嵐」というそのまんまの名前のヒストリーを使うと相手全ユニット防御不可という恐ろしいことを成し遂げる。
 「ハーベスト 宝珠1」なので一度凌げば対応する時間は十分あるが、こいつのスペックが高いので発展せずともまるで油断は出来ない。
 ただ問題としてアビリティの有効な起動が他者依存であり、効果が自身で完結していないので、シナジーのあるカードが並ばないと効果が飾りになること。
 なお眷属は全色で一番フォローしてくれない。というか、完全に甘い汁だけ吸いに来ている。

クレオパトラ
lc11
・共通
 日本で言うところの「平安美人」的なイラストが個人的に好印象。
 上のおじさんと違って初見で悪いコトが無限に脳裏をよぎる単純強力なアビリティ。
 軽く出しやすいのは利点だが、そのため条件的に、さらにはヘイト的にも除去されやすいので注意が必要。
 しかし後攻が3ターン目にレベル2ユニットで殴れるようになるのがすごく嬉しい。防御? 知らん!
 なお、速攻は配置後に即ワイプ能力も使えるようになるのでそちらも忘れてはいけないメリット。

・リミテッド
 強い。
 何せ除去が少ないもので。
 パワー500の競り合いが大きいのにATKまで+1は酷い。
 
・構築
 彼女を見ていると「老練な水軍兵がようやく本気出せるようになるんじゃないか」と結構嬉しい気分になる。老練な水軍兵は寿命が短いせいで召還酔いの影響が大きかったので、時代2ではいい活躍はするのだがいささか厳しいものがあった。しかしこれのおかげで速攻オーラの妄想が膨らむ。時代3からはパンプもあるので青と組むとすごく楽しそうである。もちろんこれは個人的な好みの話で、青に限らずともビートダウンデッキでの採用率はゼノビア並に高いだろう。
 システムユニットというのは当然配置すれば戦闘ユニットの展開がワンテンポ遅れる。普通ビートダウンにとって積極的な採用はされないが、このユニットは速攻を付与するフィールドアビリティ。その遅れは後々数倍の儲けとして返ってくるはず。

ニコレアナ
lc12
・共通
 ナアニコレと思ったのは自分だけではないはず。
 除去を飛ばすと自分と味方が強くなるユニット。
 条件により不確定ですがCA2の癖に1アドという強いこと。捲れて雷力術拾ってさらに発展でニコレアナ拾えば完璧ですね。
 スペックは3コスト3000の2なのでアビリティ的にもどう考えても雷力術ありきのユニットですが、アド損なしの全体パンプは強力。

・リミテッド
 雷力術の引き次第。とはいえ、シングルシンボル3コス3000の仕事は十分ある。
 そもそも連弾などは回収が使えなくても十分採用出来る貴重な除去カード。数枚でも入るならば採用したい。

・構築
 やはり彼女を使うのであれば雷力術デッキを組みたいところ。というか、それ以外に入れる理由が皆無。
 雷力術師もなかなかのスペックを持つユニットがいるので、それらを全投入し、加えて他にもうひとつ攻防を補助するギミックなりを投入してあげるといいだろう。

イシュタル
lc13
・共通
 ソウルヤードを操作する女神さま。
 基本的にはアドを取りたいので捨て札をSSにする効果をメインに使っていくことになる。
 3コストなのでⅠ-Ⅱ発展での発動が安定する。
 後半になればSS回収能力も役に立つだろう。
 発展効果もちのダブルシンボルは、最短で間に合わせようとすると時たま面倒くさい選択を強いられる。

・リミテッド
 前述のとおり、ダブシンが面倒くさい。

・構築
 色拘束によるやりにくさは改善される。
 使い勝手は少々悪いものの基本的に強いことしか書いてないので、構築の腕次第といったところ。

ネアルピ
lc14
・共通
 SSを増やし、そのコストで1-5までのストレートを達成すると見事に化け物が誕生する。
 が、5コストというのはユニットで言えば時代Ⅲ、Ⅳ相当のユニットであり、そもそもそんなに数がないはずのコスト帯である。問題はそこを引けるかだろう。

・リミテッド
 自身のデッキのコストと相談。
 どうにもならなそうならCA3で2000/2のユニットを優先して入れる。

・構築
 コスト帯のバランスと、SS周りのギミックを生かせばそう難しくはない。問題はそこまでしなくてもいいんじゃないか疑惑があること。
 前述のイシュタルと相性もいいので、組み合わせて使ってみるのもいいのだろう。

ガムラドゥ
lc15
・共通
 言うなれば「災害獣 オーラバトラー」。
 宝珠を積み込むことにより、SS配置時は宝珠の数に応じて自身のパワーアップを行え、さらには宝珠を消費しての糞テンポオーラブレイクを行えるユニット。オーラに対する恨みつらみがひしひしと伝わってくる一枚。

・リミテッド
 厄介なオーラユニットを玉砕する貴重な一枚。
 相手がオーラを用いない場合でも自身の強化に意味を見出すことが出来るので、良く言えば腐りにくい。
 貴重な3500なのでコストは重くとも入れておきたい。

・構築
 橙の福音、繰り返し使えるオーラ破壊。
 使われる側としては「オーラに恨みでもあるのか」と言いたくなるような雑な除去。
 メディアと覇力発生装置を使うと毎ターン3コストでユニット破壊し続けるロマンコンボが出来ます。……色々きつい。
 いや、普通に使えば普通に強いと思います、はい。
 自分は今オーラバトラーチックなデッキを使ってるんですが、結構枠がなくてどうねじ込んだものか悩み中。強いんですけど、まずレベル3枠が既に混み合ってるんですよねぇ……。