復活!株式専門誌記者の「儲かりませんやめるまで」

だって、儲けさせるのが仕事だからさ!
某株式専門雑誌で記者として働くワタシの日記です

ブログ移転のお知らせ

2004年の3月からスタートしたこのブログですが、ライブドアからアメーバに引っ越しさせました。
新しいURLは
http://ameblo.jp/thewolfchief/です。

これまで、細々と続けてきたのですが、ライブドアはリニューアル後どうも使い勝手が良くない!
なので、勢いのあるアメーバにしちゃおうと、そういうことです。
それに伴い、いくつかあるブログを閉鎖したのですが、それはあまり関係ないですね。

それにしても、私がブログスタートした2004年3月なんていうのは、まだ全国のライブドアブロガーが1万人くらいの頃で、アメブロなんてまだ影も形もない頃でした。
当時に比べると、ブログはどこもかしこもあるし、ツィッターなんていうのもあるし、もう付いていけませんね。

とにもかくにも、新しくブログをスタートさせる気持ちでやりますので、皆様どうぞよろしくお願いします。


http://ameblo.jp/thewolfchief/

半年の山

校正作業終わりました。
これで、年内はもう校正作業なし(のはず)。
年明けはすぐ校正やらなきゃならないんだけどね…。

それにしても、この会社に入って、もうすぐ半年を迎えようとしています。
私のこれまでの経験から、中途入社してその会社で働き続けられるかどうかは、まず1ヵ月経ったところに一つ目の山があって。
3ヵ月後、半年後と山が続きます。

半年いれば、大抵は1年くらいはいますし、1年を超えればだらだらと2年くらいはもつものでしょう。
その次は3年目の山かな?
もちろん、それまでにやめるケースだって多いとは思いますけどね。
でも、これまで私が自分から辞めていったケースでは、1ヵ月とか3ヵ月とかが多いような気がします。
もちろん、1年半いて潰れた、なんてケースもありますけどね…。

壁を乗り越えろ!

今日も今日とて、12月25日発売予定の「株価情報」の校正やっています。
あーせい、こーせい。
いや、いいんですけどね。

私は、こと校正という作業に関して言えば、本誌(「株式にっぽん」)よりも「株価情報」の方が好きです。
なぜなら、銘柄の話なので、その銘柄に対する判断だったりするでしょ?
それはですね、例えば編集部の先輩の皆様(と言っても編集長と副編集長の二人だけなんだけど)と、それほど違いはないと思っているのです。
まあ、それなりの自信(あくまで記者としての自信です)があるのです。
それなりのキャリアもあるし。

でも、本誌だとやっぱり雑誌に携わってきた年数だとかがあるので、一筋縄ではなかなかいかない。
日々勉強なのですね。
頑張らないとなあ。

そうはいっても、もともと校正という作業は得意じゃないし、表記の統一なんて面倒だし。
「いいじゃん」みたいな感じで、これまでもやっちゃっているので。
見出しとかも、これまでの雑誌の流れとかあるでしょ?

まあ、こんなことは中途採用の乗り越えなければならない壁みたいなもので、これまでも何度かクリアしてきたし、なんとかなりますよ。
というか、します。

レクちゃあ〜(たむけん風に)

一度、「日経マネー」なんかで、一般紙の記者は某大手証券の朝の勉強会(レクチャーと呼ばれていますが)で聞いたことをそのまま書いていれば証券欄が埋められるという記事を読んだことがあります。

ちなみに、その某大手証券とはN証券(さあ、二者択一だ!)で、担当者のお名前はNさん。
確かにお話は面白いし、私もなんだかんだ、いろいろお世話になっています。

さて、そのレクチャーですが、一般紙の方はご存じないのかもしれませんが、一般紙向けが終わった後に業界紙(誌)向けのもやっているのですね。
細々と。
一般紙向けが出席者10人くらいだったら、業界紙向けは3人ほど。
少ない時は1人とか、ひどい時は0ということも…。

そんなに少ないんだったら、一般紙と共同でもいいようなものなのでしょうけど、これがなかなかうまくいかない。
こちら(業界紙)では、一緒でも一向に構わないのですが、向こう(一般紙)が拒否しているようなのです。

そういえば、東京証券取引所にある記者クラブ「兜倶楽部」には、業界紙は入れません。
いや、こっそり入っちゃうこともあるけど。
よく言われているように、記者クラブっていうのは、ものすごく排他的なんですよ。

そのくせ、上から降ってきた記事を載せてるんですからね…。
大マスメディアが日本のジャーナリズムをだめにしているんですよ、皆さん。

校正は続くよ、どこまでも

まだまだ校正中です。
「株式にっぽん」1月1・15日合併号をやっています。
当たり前ですが、1月○号というのは、12月中に出るんですよね。
ふむふむ。
私が以前いた「スクールアメニティ」では、1月号は1月末でしたけど、あれが変だったのですね。

それにしても…。
ただ今7時40分頃ですが、お昼ご飯を13時ごろに食べた後、何も食べていないのでおなかが減ります。
誰か私に食べ物と愛を恵んでください。

しみじみしじみ

さて、また1ヵ月も間が空いてしまいました。
どうもうまくリズムが作れていない感じです。
すみません、ちゃんとやります。
G太さんだって、ちゃんと毎日何回も更新していますしね。

ところで、今日もまた校正をやっています。
プレ校正?みたいな感じで。
本番は来週月曜日です。

それにしてもなあ…。
最近、人生っていろいろあるなあ、としみじみ感じます。
なんというか、自分とは関係のない世界だと思っていた話が自分の身の回りに起こったり。
それで悩んだり。
困っています。
まあ、週末は気分転換を図ろう!

と、カラ元気。

だって、しちゃうんだもの

改めて考えてみると、昔(証券新報)にいた頃はほぼ毎日ブログを更新していて、それが退社して更新しなくなって。
市場新聞に入って更新を再開し始めたんだけど、上からあれこれ言われて面倒になって。
で、今の会社でちょびちょびやっているわけですが、なんというかこんな感じでは読者がつかないのは当然のことで。
ブログをはじめた当初のことを思い返しながら書いています。
注目がされていないというのは、寂しい半面、気楽。
誰にも文句は言われないしね。

さて、「株式にっぽん12月1日号」の校正が終わりました。
もちろん、次の号に入るのだけど、ほんの数日だけ余裕があります。
なので今日は買い物をして帰らないと…。
買い物というのは、もちろん食材です。


そういえば、酒井法子は懲役1年6ヵ月に執行猶予3年の判決が出たそうですね。
妥当?
妥当なんでしょうね。

私も昔、裁判を膨張したことがあります。
いや、傍聴だった。膨らんでどうする!
専門学校の学生時代、社会勉強(?)の一つとして傍聴したんだけど、下着泥棒の裁判が面白かったなあ。
裁判長「どうして何回も繰り返すのですか」
被告人「だって、しちゃうんだもん」
みたいな会話が飛び交っていて。
一緒に傍聴した友人と「だって、しちゃうんだから、仕方ないよなあ」なんて話したことを憶えています。

ああ、あの頃に戻って人生をもう一度やり直せたら…。
いや、高校時代に戻って人生をもう一度やり直せたら…。
たぶん、公務員になっています。
いや、ぜったいに!

今日も校正中

今日も「株式にっぽん」(11/17発売)の校正中です。
執筆人のどなたかが言っていましたが、「書いてから2週間後に上がる株なんてわかるか!」というご批判はあるかと思います。
でも、それを当てるのがプロというものでしょう。

まあ、出るのは11月ももう後半ですからね。
ここら辺で仕込んでおいて…、というのは、アノマリー好きな投資家の常というものです。


ところで…。
以前は自社で出していたので「投資カレンダー」を安く売ることが出来たのですが、もうそんなことはしていないので、お問い合わせいただいても、ご希望には添えませんのであしからず。

頭痛が痛い

この、こんこんちきがーっ!

すみません。ただ書きたかっただけですたい。

さて、私は頭痛に悩まされながら、本日は原稿書きに勤しみました。
イソシム、なんて言葉がすらっと出てくるところが、頭痛に悩まされている証拠。
もっとわかりやすい表現にしないと…。
内容がないからね。

さて、ただ今私、「蘭陵王」(田中芳樹)と「モノレールねこ」(加納朋子)と「ママの妹・ママの友達」(秋月耕太) の3冊を、例によって並行状態で読んでいます。
ちなみに最後のはエロ小説。
電車の中で「モノレールねこ」を読んで、涙を流しながら通勤しています。

それにしても、頭が痛いなあ。

いまさらながら設定変更

設定を
少しだけ
変えてみた。
表示に
どう
影響するのか、
見てみたい。

注意事項

あー。こんなことを今さら書く必要は、まったくこれっぽっちもないかもしれませんが、このブログは私の単なる自慢、グチ、繰り言、その他諸々の暇つぶしを目的としたものです。
投資に関する情報が書かれているような、そんな誤解を与えるかのごとき文言が見えたとしても、それは申し訳ありませんが気のせいです。
なので、投資に関する最終決定は、投資をする皆様ご自身の判断で行ってください。
このブログに関しては、情報の正確性に万全を期せるはずもなく、たぶん誤りだらけです。
従いまして、本ブログに掲載された情報で読者の皆様が損失を負われましても、私はまったく、これっぽっちもその責を負いませんし負えません。
その点をご承知いただいた上で、どうかお読みください。

プロフィール
A記者、または劇団ふとりまくり
5年強勤めた「証券新報」を退職し、2007年11月から同業他紙の「株式市場新聞」で働き始めました。その「株式市場新聞」も09年4月に休刊。途方にくれていたところ、運良く某株式雑誌の編集部に拾ってもらえることになりました。
日々感謝の心を持って毎日過ごそうと決めた心のきれいな私ですが、何かの吐き出し口にブログをゆるゆると再開しようと思います。
メールはこちらまで
投資カレンダー買って!
アマゾンで購入



楽天で購入

クリックお願い!
最新のコメント
Amazon検索
  • ライブドアブログ