caddisの山渓彷徨

里山とゴギ・山女魚の棲息する源流、渓流をろうろしてます。

混雑の「深山幽谷の渓」

EJさんと初心者の学生N君の3名で大物の期待できる?渓へ。
KIMG1662
山口市周辺は早朝、かなりの雨が降ったようで、小さい川が濁流となっていて、
渇水の渓流も水位が回復してると期待したけど、全く影響なし。
KIMG1663
途中、Oさんから連絡があり、彼ら2名もこの渓をめざすとか・・・・。
めずらしくバッティングするところだったが、Oさんの配慮で渓流を分けて
入渓することに。私達が手前の渓で、二人が最奥部へ!
KIMG1675
こんなガレ場やヤブ漕ぎでいくつも滝を越える。
cut6
でも、反応悪し。2・3日前に名手2名が入渓したらしい。
どうりで・・・わたしの腕で釣れるべくもない!
KIMG1657
遅い昼飯をしてると、上流からOさんと初対面のFさんが下りてきた。
一緒にコーヒーを飲みながら談笑。Oさんたちが早朝奥をめざしていると
知り合いの2名が更に奥に行くと追い越して行ったらしい。
unspecified
いつもの釣れないスタイル
unspecified2

cut2
渇水で入渓者の多い渓、かなり渋い反応だった。
しかし、今回も息を切らしながらも過酷な峪を歩けたことで「よし!」としよう。

再びの渓。

昨年訪れたときは、命の危険もあるほどの大増水でほとんど釣りにならなかった。
で、今季最後に行ってみることに!
P1090442
ブナや広葉樹の深い林の中を流れる細い沢。
KIMG1578
ゴギの反応も悪く、どんどん奥を目指す!
入渓時は陽射しの強い夏の晴天、とても雨が降るなど思いもしなかった。
途中、猛烈な雷雨、その後薄日が射すなど目まぐるしく天気が変わる。
KIMG1572
細~い、渇水の沢だけど、所々にポイントが。
数は出るが小さ過ぎる。餌が少ないのだろうか。
jpg
今回もEJさんと。熊の臭いぷんぷんの谷なので、爆竹を何度も。
jpg
大雨でずぶ濡れになったあとの、陽射し。
切取り5
KIMG1571
奥の白泡のそばから小さいゴギが。
切取り9
大きなサイズを求めて一気に上流へ。かなりの標高の分水嶺近くまで来てしまった。
切取り11
もうほとんど魚はいない。そんな中、出てくれた赤ちゃん。
KIMG1569
あれだけ渇水の沢だったのに、あの土砂降りで、水位が増え濁りだした。
納竿し脱渓することに。今回も車まで長いこと・・・・・。林道に出てやれやれ!。
切取り12
 少し下流は、水位も高くなり濁流になっていた。この川も保水力が無くなったか?

EJさんと過酷な渓へ

EJさんと念願の渓へ
途中の好ポイントをパスして、超源流のゴギに会いに!
こんなガレ道を延々と歩きます。

kiri15
かなり歩いて辿りついた滝上、ほとんど未踏なのにゴギの反応鈍し。
kiri7
次の大滝を超えるのに半時間。苦しかった~。
kiri9
滝上のポイント。さあ、これから桃源郷!・・・のはず。
kiri10

こんな深山なのに渇水気味、保水力がない。

c
ぼちぼち、ポイントごとに出てくれる。
KIMG1521
EJさんに次々ゴギが反応。
kiri12

KIMG1528
脱渓!古の杣道も使う人も無く消えかかって判りにくかった。
車までの2時間、長かったこと、大汗をかきながら、ようやく帰還。
kiri18

往復で歩いた距離は相当なものだろう。
自分の二階の部屋へ行くにも、階段がしんどいのに、途中断念せずに
歩けたことに大感激!

途中藪漕ぎしてる時、眼下のプールで大物が二匹悠然と浮かんでいた。
更にもう一匹出てきた。下りてまで、ロッドを出さなくても、源流へ行けばいくらでも。。。!
結果として、大物はゲットできなかったが、また次の課題だ。



EJさん、おつかれさんでした。これに懲りず来年もう一度桃源郷に!




記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ