aamall

ミドリイシ

2006年05月13日

ミドリイシの茶色化進む

20060513_01_Midori_Brown 今日、ミドリイシの写真を撮ってみたところ、うーん、やはり茶色になっている。どう見ても茶色だ。最初から茶色系の色をしたミドリイシだったけど、先端には白と紫の色が入っていた。最初の美しさはどこにいってしまったのか・・・。足元部分の色も変わってきているようで、ちょっと心配。

 ポリプは、どの程度出ているのが正常なのか分からないけど、一応出てる。パッと見、元気はよさそうなんだよねー。ちなみに、ミドリイシに住んでいるカニは元気そうにしている。何を食べているのか不思議だ。


2006年04月29日

ミドリイシ茶色化? と漏電?

 サンゴ水槽の調子が今ひとつだ。カタトサカは縮こまっているし、ウミキノコのポリプの開きも悪い。ミドリイシは、なんだかすごく茶色になったような気がする。茶色になるということは、褐虫藻が増えているということか? ダメだ、知識がなさ過ぎる。

 気になっているのは、水温が26度〜27度の間で1日に何回も変化していること。あとは、実はちょっとやばいと思っていることがある。水槽用クーラーが動いているときに水にさわると痺れるのだ・・・。ピリピリくる。漏電? 買ったばかりなのに。でも、クーラーの構造を考えたら、電気が水に流れるなんてことないよなあ。仕様なのか。魚は気にしていないみたいだが。どうしたものか。


2006年04月26日

ミドリイシの住人「カニ」

20060426_01_Midori_Kani ミドリイシには1匹、変な住人がいる。左の写真の中央にいるヤツだ。テトラリア・ルブリダクティラというカニらしい。ミドリイシに住んで、敵(ヒトデか?)からミドリイシを守ってくれるとのこと。しかし、いったい何を食べて生きているんだろう。まさか、ミドリイシを食べてたりして・・・。でも、それじゃあ、守っていることにならないぞ。

 何か悪さをしているようには見えないので、そのままミドリイシに住んでもらうことにする。ときどき2本のハサミを上げて、ヽ(^o^)丿みたいなポーズをしてるので、結構かわいい。

2006年04月25日

ミドリイシ、ポリプを出す。水槽に慣れた?

20060425_01_Midori_Poripu ミドリイシ入居4日目。少しだけどポリプが出てる。水槽に慣れてきた? 良い兆候だ。

 ちなみにポリプというのは、サンゴの触手部分のこと。よく分からんのだが、触手部分が1匹のサンゴで、サンゴ全体はその小さなサンゴの集合体とのこと。つまり、ミドリイシは小さなミドリイシが一杯集まって、ミドリイシになっているということらしい(ややこしいな)。ポリプの数だけミドリイシが生きているということか。

 最近、トゲトサカというサンゴの調子が悪い。水温が上がったせいかもしれない。気温が暖かくなってきて、水温が27度まで上がっている。水槽用クーラーの温度設定は26度だが、性能がいまいちで、設定温度プラス1度の27度にならないと作動しない。クーラーは1日に何回か作動しているから、26度と27度をいったりきたりしているということになる。1度の温度差というのはサンゴにとって結構厳しいのだろうか。しかし、こればかりはどうにもならないので、しばらく様子を見ることにする。でも、考えてみると去年の夏は水槽用のクーラーなしで水温が29度程度になっても大丈夫だった。ただ、去年の場合は部屋のクーラーをつけっぱなしにして部屋の温度が一定になるように注意した。そのため、水温はほぼ29度で落ち着いていた。やはり温度差か。

2006年04月24日

うれしさ半分、迷惑半分、ミドリイシに付いていたオマケ

20060424_01_Midori_Azami 先日初購入したミドリイシ(名称不明)にオマケが付いていた。白くてフサフサした花みたいなもの。結構キレイで、ミドリイシの足元に生えていた。ミドリイシを水槽に入れたときは縮んでたんだけど、次の日にはキレイな花を咲かせていた。

 多分、ウミアザミ。結構かわいくて、かなりうれしい。

 が、写真で分かるだろうか。ミドリイシの足元が少しはげている・・・。ショックだ。ウミアザミのポリプがミドリイシに当たって、ミドリイシが負けたんだろう。これは、ウミアザミを移動させるべきなんだろうか。でも、移動ってどうやって移動させるんだ? イソギンチャクのようにはいかなそう。まあ、しばらく様子を見ることにしよう。

2006年04月22日

ミドリイシを購入したど〜!

 今まで、ミドリイシにはまったく興味がなかったのだが、ついに買ってしまった。

 先々週までは、熱帯魚屋さんの水槽で何度か見ても、あまり気にしていなかった。でも、先週熱帯魚屋さんに行ったときに、ちょっとじっくり見てしまった。ふーん、なるほどねー、いろんな種類があるんだねー。お、これなんか結構キレイじゃん。お、こっちは形がかっこいいな。このキレイなのはいくらぐらいするんだろう? えーと、13,800円? げげ、こんな高いの買えないよ。なーんて、思っていたのだが、家に帰ってから、もうWebで調べまくってしまった・・・。こうなると、もう欲しくて欲しくてたまらない。

 で、今日とうとう買ってきてしまったのである。でも、13,800円のはなくなっていて(そんな高いのを買う気はなかったけど)、ちょっと小さくて白と紫っぽい色のやつが気にいった。根元がなんだか茶色いけど、こんなもんなんだろうか。ミドリイシはほとんど真剣に見たことないから、よく分からない。ほかに、もっと大きいのやキレイなやつもあったんだけど、それが妙に気になって、2時間くらい悩んで(迷惑か?)途中で気分転換にお昼を食べにいったりなんかして、結局購入。合わせて、スカンクシュリンプも購入した。

 で、購入したのはこんなミドリイシです。名前は分かりません。8,800円でした。うちの水槽で、ちゃんと育てられるだろうか。心配だけど、買ったからには全力で育てるどー。

20060422_01_Midori_fukuro袋に入っているミドリイシ。袋に値段が書いてある。このインク、バケツなんかに入れるとバケツに付いて取れなくなるから注意。1個とれなくなったやつが家にある。


20060422_02_Mizuawase水合わせ中。ミドリイシって水合わせが必要なのか? と悩んだけど、まあ普通に考えたら必要だろう。突然南極に連れて行かれたら人間だってびっくりするもんな。右はスカンクシュリンプ。


20060422_03_Mizuawase_up水合わせ中のミドリイシのアップ。本当はもっと紫っぽい色が強いんだけど、写真だと色がうまく出ないみたい。



20060422_04_Haichi1時間半後くらいに水槽の中に入れた。水合わせをすると水槽の水が少なくなるからちょっとめんどう。とりあえず真ん中に置いたけど、そのうちレイアウトは変更したい。


20060422_05_Midori_up水槽投入後。ちょっとポリプが出ている。お、大丈夫そう。でも、まだ分からないよなあ。根元が茶色いのがちょっと気になる。