2005年05月12日

「MTR&Y 05」5.11 SHIBUYA-AX

行ってきました。奥田民生「MTR&Y 05」5.11 SHIBUYA-AX。
前回ツアー「OT10」は3本の参戦だったが、今回の「MTR&Y 05」はこの1本のみ。
ソロ11年目にして初のツアーメンたちの入れ替えもし
しかもギターは民生一人というどんな感じになるかまったく想像もつかない状況。
今回のツアーに関し、事前に情報収集(ファンサイト等のレポ)はせず、
まっさらな気持ちで挑んだAX。
チケ整理番号も良かったので、かなりいい感じのポジション取りが出来た。
…が、出陣前に気がかりだった“腹の具合”はどーやら風邪だったようで
会場入りして開演までの1時間がツラかった。
下痢に見舞われなかったのは不幸中の幸いってやつだが
Tシャツ2枚に長袖まで着てたのに…寒い。
挙げ句、何か知らんけど前方から
「体育館の体育用具室に横たわるマット」みたいなニオイが漂ってくる。
 
 なぁ〜んか フガフガ臭いのは
 エキセントリック(少年!)ボウイがいるからさぁ〜♪
 
どーやら、そーいうことらしい。
さ、俄然盛り上がってまいりした!
2階席には色とりどりのゲーノージンたちも居ましたが、
そっち目当てにライブ来てるわけじゃないのでスルー。
 
…そんなこんなで、軽〜くレポ。
(以下ネタバレですが、曲名は文字色代えて見えないようにしてあります)
 

※セットリストをご覧になりたい方は、枠内をカーソルドラッグするか
WinはCtrlを押しながらA、Macはコマンドを押しながらAで読めます。
 


【セットリスト】
01 ギブミークッキー
02 快楽ギター
03 ベビースター
04 ライオンはトラより美しい
05 何と言う
06 人間
07 細胞
08 アーリーサマー
09 海の中へ
10 手紙
11 スタウダマイヤー
12 スカイウォーカー
13 恋のかけら
14 プライマル
15 哀愁の金曜日
16 サプリメン
17 サウンド・オブ・ミュージック
18 ルート2

E1 船に乗る
E2 さすらい
 
E3 BEEF

 


 
今回とにかく、ドラムですよ。ドラム。
民生が欲しがった理由のちょっとがわかった気がする。
こーも変わるもんかね?
ギターが民生だけってのもあるけど、ギュッと絞って引き締まった身体になった感じだ。
腹筋割れてます!な感じ。ズバーーーン!な感じ。
(すまん。上手いこと例える言葉が見つからん)
序盤「ギブミークッキー」から「何と言う」までもさることながら
それがモロ、キてます!な曲が「手紙」だったのかな?と。
人間」もだいぶ感じが変わったかな。
人によっては賛否両論あるだろうけど、前ツアーメンGOZに比べたら
オレはこっちが好きかなぁ〜と。(もちろんGOZの良さもわかりつつね)
民生のギターも、一人になったことで今まで以上に責任感あるプレイというか
それでいて「自分ひとり」だという開放感がにじみ出てたように思える。
…他にもベースやらキーボードやらいろいろあるけど、
1本観ただけじゃ語るに足りんてことで、
その辺は他所のブログやサイトなどでレポ探して読んでみてください。
 
…それにしても風邪にはまいる。
いつもにも増して、ライブ中冷静になってしまうオレ。
完全に“素”になる瞬間が何度かある。
近いからってんで、ギターの指使いやどんなコード弾いてんのかじっくり観てたり。
いかんなぁ…。
もう若くないってのもあるけど、オレはもう前の方で観るべきでないな。
ずっと腕挙げていられるほど体力ないし
何より自分のペースでいられないのがツライ。
そんなことを再確認してしまったりもした今回のライブ。
次回からは、後ろでじっくり酔いしれながらにした方が良さそうだ。
…祝!前卒業!
そんなん思うのもきっと風邪のせいだろう。きっとそーいう事なんだろう。
 
 
 …で、最後に、昨日のにもちょろっと書いたけど、
 アンコールも全部終わって客電ついてからのこと。
 2階席にいたデ・ニーロのものまねする人(名前知らなくてすまん)が
 客の視線やら手を振られてるのに気付き、場違いとわかっていながら
 (↑自分のステージじゃないしね)
 遠慮しがちにその持ちネタをやってくれた。衣装も着てたし。
 そしたらどーですか?多くの人たちが「わーー!」「きゃーー!」ですよ。
 挙げ句、特におねだりしなくても出てくる民生へのアンコール拍手とは違った
 「アンコール!アンコール!」な一体感あるアンコール。
 今度はグラサンまで取り出しての、例の持ちネタ。
 さっき以上に「わーー!」「きゃーー!」ですよ。ビックリしたね。もう。
 ツアーメンたちがはけてってものの5分すら経ってないのに、
 今さっきまで民生が立ってたステージに背を向けてもう別のことで盛り上がってる。
 去る者は追わずか?余韻など要らずか?
 そーいうもんか?と。
 ま、それとこれは別腹って事なんだろう。きっとそーいう感じだろう。
 
 すんません。最後に言わなくていいこと言ったりして…。
 でも「え!?えぇ〜!?うそ〜〜〜ん!」だったし。

 
 
そんなこんなな5.11、SHIBUYA-AXでした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/thing_like_manual/21748754
この記事へのトラックバック
奥田民生【* アスタリスク *】at 2005年05月16日 15:09
この記事へのコメント
パッと見わからないセットリストー!!
(何気なくコレのファンです笑)
私も先日、ZEPPのライブ行ってきました。
6と10が変更されてたみたいです。
私も前組みなので、「自分のペースで見れない」ってのよくわかります・・・。ガンさんの腹痛のごとく、私はウエストがゆるいズボンをはいて行ってしまったので、それが結構気になってしまいました。笑
前の記事のコメント一緒に失礼しますが、
手引きのようなもの、たしかに弾いていて気持ちいですよね。(といっても、さすらいと手びきくらいしか弾けないのですが・・・)
Posted by くろ at 2005年05月20日 17:36
☆くろさん
6と10が変更ってことはあれとあれやったんですね。6に代わったあれは個人的に最近のライブで聴けてないのでちょっとうらやましいです。

> ウエストがゆるいズボンを
ライブ終わって周りの人が居なくなったら何も履いてなかった…なんてことになると、ダチョウの竜ちゃんみたいなので気をつけましょう。

> 手引きのようなもの、たしかに弾いていて気持ちいですよね。
ユニコーンの「雪が降る町」もですが、三連ストロークって弾いてて気持ちいいです。さすらいはバレーコード多かったり、コードがぱっぱぱっぱ変わったりで民生の曲では難し目ですね。民生もマイラジで言ってた。だからってわけでもないですが、手引きのとさすらい出来れば大概弾けると思いますよ。
Posted by ガン at 2005年05月23日 14:27