ブログネタ
スマイルプリキュア! に参加中!
昨日購入したキューティーフィギュア。さっそく開封、組み立ても完了、現在PCの前に飾っています。幸い、これといった大きな汚れや不具合等はありません。まあ、しっかり観察すれば、多少の汚れっぽいものもありますが、315円の食玩ですから、これは許容範囲です。なにより、小さいからそういう部分もぶっちゃけ目立たないのです。ある意味、長所といえるでしょう。

さて、肝心の出来はというと。

パッと見、キュアハッピーが一番見栄えがしますね。髪型の巨大おさげのおかげで存在感がすごい。頭の触覚(の様に見える、アホ毛?)の存在感もアップしてますが。さらに、表情もポーズもハッピーらしく、元気いっぱいで、躍動感がありますね。これは値段を考えてもなかなか良い出来だと思います。特にこだわりなく、一体だけ買うのなら、ハッピー一択でしょう。さすが主人公です。

で、キュアピース。んんん、まあ良いかな。ただ、表情とポーズがおとなしめなので、そのポテンシャルが活かしきれていない。惜しいです。全体の出来は良いのでなおさら。ところで、なぜかピースだけ、衣装の燕尾(?)部分が軟質素材の様な柔らかさです。他二体は、ピースほどフニャっとしていないのですが。個体差なのかな。まあ、アクションフィギュアでもないので、柔らかくてもポージングが容易等の利点はないのですが、狙ってこうなったのなら、良い仕事だと思います。ちょっと高級感があるのですね、こういう軟質素材っぽいのは。触って見ると、ちょっと魅力がますピースの燕尾部分。ついでに、真後ろから見ると、大ボリュームの・・・なんて呼べばいいのか、ともかくあの大きな髪が上半身をほとんど覆い隠してしまい、謎の生物と化します。

最後にキュアビューティ。こちらもポーズ、表情共におとなしめですが、ビューティはそういうキャラクターですから、それでいいのかもしれません。個人的には凛々しいビューティもアリだと思うのですが。寒色系という事もあってか、華やかさに欠けます。が、出来そのものは良いです。このビューティ、改造が出来る方なら、後ろ髪をもっと広げて、右手を手のひらを上に向けるようなポージングにすれば、大分化ける気がします。あ、それだとハッピーとポーズが被るか。まあ、値段分の価値はあると思います。

また、今回の三体、全員が台座にビシッと固定が決まっていているのは、評価出来る点です。食玩フィギュアは、台座にきちんと固定ができず、スッポ抜けやら多いですから、これは地味に嬉しい。台座と全然フィットしないんだけど?という方は、ドライヤーで、足裏の穴を多少温めて、そのままセットすると多分きちんとフィットすると思います。私は、そのままでフィットしたので、今回やっていませんが。

という訳で、写真もない超簡易レビューでした。いえ、デジカメはあるんですが、随分使っていないのです。それに・・・大変ですしね、写真撮るの。きちんと写真をとってレビューしている方は、本当にすごいなと思います。