ブログネタ
スマイルプリキュア! に参加中!
スマイルプリキュア!第14話視聴。

さて、修学旅行も後半。いよいよ大阪での自由行動です。今回は、あちこち細かいネタがあって、密度が高い内容でした。

まず、私のお気に入り、なおです。まあ運動部という事もありますが、朝ごはん3杯「しか」食べずに、朝も筋トレして(早朝、まだ他の4人が寝ている部屋で、一人腹筋をするなおを想像して吹きました)、大阪名物の数々を食べる準備をしている。歴代のプリキュアには、大食いキャラが多いですが、なおもその一員になりましたね。

が、さっそく大阪城でみゆき、やよいとはぐれてしまい、れいか、あかねと一緒にひたすらこの勇者コンビを追いかける展開に。勇者二人がきつねうどんを食べて、しあわせ~、となった後、そこにたどり着くも、もちろん、勇者探しが優先の常識優先チームですから、なおも、泣く泣くうどん屋をスルー。その後も、お好み焼きやらなにやら、勇者二人はどんどん食べて行きますが、常識トリオは、いつもニアミス。なおの顔も(あかねも)どんどんフニャフニャに崩れて行きます。あわれ。ラスト手前、ようやく手にしたこ焼きに対するなおの視線が、感極まっていましたね。その後も、串かつやら、色々食べた様で、なんだかんだありましたが、プリキュアチームの修学旅行は楽しく終わったのでした。

おおっと。なおについて書いていたら、ここで、普通に終わってしまう所です。なので、後は、一応筋を追いながら普通に感想を。

自由行動開始で、まずはスケジュール確認。出発前にみんなで作ったしおりを参照するプリキュアチーム。この時みゆきが、私達はプリキュアなんだからチームワークはばっちり!と自信たっぷりでしたが、結果オーライとは言え、中々の珍道中になってしまうとは、この時点で知る由もなし。どうもスケジュール魔っぽいれいかが、既に大阪状の天守閣を観光中でないと!と皆を急かし、シーンは一気に天守閣へ。で、ラストにあった写真からすると、大阪城に入る前に、一度五人で写真を撮っていた様ですね。

さて、れいかが予定通り、ガイドさんもびっくりの、まさに教科書通りの解説をしながら天守閣の見晴らし台をあるきます。後ろにつづくのは、もはやれいかのガイドっぷりにもなれて、ツッコミの必要も感じないあかねと、なお。普通に感心し、観光しています。一方、みゆきとやよいは、何故か虎の屏風(?)に見入っていて、れいかの後にはついていない。この時点ではまだリカバリーが可能でしたが、キャンディのおしゃれ要求に答えている内に、気がついたら、はぐれてしまっていた。実際は、同じフロアの反対ぐらいだったのですが、お互いのとった行動で、れいかチームとみゆきチームは結局はぐれてしまい、迷子確定。困ったなあ、とピンチのみゆきチームに、今回の刺客おばちゃん達が登場、飴ちゃんを二人にあげて、親切に去って行きます。ファッションも虎柄のパンツに虎マークの上着。何というコテコテの大阪のおばちゃんっぷり。ともあれ、迷子でどうしよう、と困っていた時にもらったこの飴が、ある意味全ての元凶だったとは・・・。

飴をもらうと、やよいが何か受信したのか、ふとつぶやきます。「ゆうしゃ やよい は あめ を てにいれた !」・・・ああ、ピースの雷属性は、電波という意味も含んでいたのかぁ。なるほどねえ。ではなくて、まあ何か受信したっぽいですが、実際の所は、やよいが普段嗜んでいるRPGのシチュエーションと被ったらしく、直後目をキッラキラに輝かせながら、「迷子になったお姫様達を私達勇者が探すの!」と、ポジティブというか斜め上の発言を行います。さすがにちょっとびっくりしたみゆきですが、よく考えたらこの二人、どちらもジャンルは違うものの、同じ「物語」愛好者同士である訳で、あっさり順応してしまいます。しかし、このセリフからして、やよいはオールドRPG、もっと言うと、DQ、それもファミコン時代のものをプレイしている気がしますね。まあ、移植版でも良いのですが。一体どういう環境で育ったのか、非常に興味があります。が、それはいずれ来るであろう、やよいメイン回(何故、やよいが漫画を描き始めたのか、の様な回想付きの話ですね。終盤の通常回に入れてくると思いますが)で明らかになるでしょう。

一方のれいかチームですが、迷子なんてしょっちゅう!のなおの発言もあり、みゆき達もスケジュール通りに行動すると考え、途中で再会できる様に、スケジュール通りに観光地を巡る事に決定します。この時はまだ皆の表情は明るい。あわれ。

勇者二人は、地図を見てもよく分からない、と迷っていたところで、また出会ったおばちゃん達と美味しくきつねうどんを食べた後、これまたおばちゃん達のアドバイスで、船で中之島に向かうことに決定します。ついでに、船中で、さらに別のおばちゃん達からも飴をもらい、「アイテムをもらってパワーアップ!」とやよいのRPGも順調そのものです。

さて、僅差で、勇者達が食べたうどん屋に通りかかったれいかチームを、おばちゃん達が発見。同じ修学旅行生と見て声をかけます。れいかチームがみゆきについて尋ねた所、みゆきのコロネの様な髪型、という情報で、勇者達の行き先が、自分たちの推測どおり、スケジュール通りと知り、さっそく追いかけます。残念ながら、勇者達が船を使った事を伝える前にれいかチームは出発。結局タイムラグは開いていくばかりです。この時、朝ご飯3杯しか食べず、筋トレまでしておなかを空かせていた、なおは、うどんやのディスプレイに張り付いていましたが、もちろん、追跡優先ですから、先にも書いた通り、空腹のままスルーです。

勇者達が楽しい船旅をしている間、川沿いをひたすら急ぐれいか達。れいかは、スケジュールがめちゃくちゃ、あかねは、もっとちゃんと大阪紹介したい、なおは、お腹すいた、とそれぞれダメージが漏れてきてます。あわれ。

で、れいかチームはなんとか中之島に到着。と、そこにクラスメイトの女の子達が。みゆき達の行方を尋ねると、さっき会った、とこれまたニアミス。結局観光も出来ず、追跡行を続けることに。ここらで、さすがに疲れてきた一行。一転、お好み焼き屋さんから出てくる勇者達。あかねのお店のお好み焼きもおいしいけど、本場もおいしい!とご満悦です。いつの間にか、すっかり関西弁になってしまっており、それは勇者達に同行しているキャンディも同様で、こちらのチームは観光も食事も満喫しております。さて、このあたりでもう明らかですが、みゆき、やよい共に、中々の大食いです。きつねうどんを食べてから、そう時間も経っていないと思うのですが、お好み焼きです。さらにこの後たこ焼き、串カツと続くわけで、既に確定済みのなおに、みゆき、やよいも大食いキャラの仲間入りかな。まあ、お好み焼きのボリューム次第で、みゆき、やよいがどれぐらいの量を食べたのか決まるので、ちょっと微妙な所ではあります。この年頃の子なら、うどん、お好み焼き(小)、たこ焼き6個、串カツ数本、ぐらいなら普通に食べてしまえそうな量ではあります。お好み焼が大なら、大食い確定ですが、そのシーンは無かったので、まあ、謎は謎。ひょっとしたら、勇者コンビも、朝食を少なめにしたのかもしれませんしね。

ともあれ、ウルトラハッピーな勇者達は、次の目的地、動物園にどう向かうか考えていたら、またまたおばちゃん達に遭遇。親切にも途中まで道案内してくれます。なんというか、笑う門には福きたる、ではないですが、妙に運が良いですね。

一方、おなかペコペコのれいかチームは、もちろん勇者達の追跡中。食べ物屋の並ぶ通りを歩くのは、特になおにはきつく、とは言え、追跡優先で、泣く泣く食事はとらず、ひたすら歩きます。もう少しです!と二人を励ますれいかのおなかまで鳴ってしまい、こちらは悪化の一途を辿るばかり。あわれ。

さて、おばちゃん達は、動物園近くまで案内すると、勇者達と別れます。別れ際に、今流行ってるんやで!と、納豆ギョウザ飴を勇者達にくれます。気前良いですね。で、別れた勇者達は、そこでたこ焼き屋さんを発見。食べようか、とも思いますが、今回冒頭のシーンであった、れいかがお好み焼を食べたことが無く、それなら、みんなで食べよう!と約束した事を思い出し、たこ焼きは後にしよう、とこれはスルー。約束は守る子達なのです。そこで、やよいが通天閣に注目、あそこなら、お姫様達もよく見えるかも、と一応クエストが続いていた事を思い出させてくれます。

で、勇者達が通天閣で見物中、世にも珍しい、納豆ギョウザ飴屋さんを訪れたのは、毎回我々を楽しませてくれるマジョリーナさんであります。実は、バッドエンド王国の居間(?)で、おやつの飴を探した所、無い、無い、無い、と激怒のマジョリーナさん、居間のテレビに映っていた、大阪の納豆ギョウザ飴のレポートを見て、この飴を食べるべく、大阪に向かっていたのです。で、さっそく店主に納豆ギョウザ飴をあるだけくれぞな、とリクエスト。が、テレビで紹介された事で、売り切れとのご返事を頂いて、もはや我慢ならん、と憤慨しようとしたその瞬間、ふと右手を見ると、そこには通天閣から大阪見学中の勇者達。プリキュアがいるならちょうどいいだわさ、とバッドエンド→青っ鼻アカンベェのコンボです。いや~ちゃんと収拾をつけてくれる人たちが必要という認識もあるんだなぁ、ほんといい人です、マジョリーナさん。ではなくて、まあ、怒りついでにプリキュアも倒してしまうまで!という考えですね。でも、私、最初は前者の考えで、いい人だなぁと本当に思っていたので、まあ、それほどにバッドエンド王国三幹部、とりわけマジョリーナさんに、ギャグシーンが多かったという事でもあります。

バッドエナジーを吸いだされて、絶望している大阪の皆さんですが、今回は代表ということで、おばちゃん達が、がっくりきています。さすがの大阪のおばちゃんも、最悪の結末を迎えては、陽気さも吹き飛んだのでしょう。誰にも飴ちゃんあげへんわ、と誰も困らない事をつぶやきます。タフすぎるで!おばちゃん!

さて、今回アカンベェの素材になったのは、通天閣です。大胆な事をやるものです。当然勇者達、もとい、みゆき、やよい、キャンディはアカンベェの腹の中(まあガラス窓から外が見えるので、あまりそういう感じはしませんが)、という状況。アカンベェが動くと、腹の中をゴロゴロと転がってしまいます。その際、やよいのポケットから、おばちゃんからもらった納豆ギョウザ飴がこぼれ、格子のかかった溝=アカンベェの胃(?)におちてしまいます。そのまずさに、おもわず飴を吐き出すアカンベェ。と、そこに折よく、れいか達も到着。吐き出された納豆ギョウザ飴はなおに回収されますが、匂いを嗅ぐと、納豆とギョウザの匂い!?とドン引きです。何はともあれ、プリキュアが全員がそろった訳で、とにかく5人とも変身です。

まずは、ハッピー達を救出するのが先決!とビューティがアカンベェの口を開けさせる事を提案、サニー、マーチも同意、ビューティももちろん参加。で、どうするのかと思ったら、おおっと、三人とも必殺技の溜めを始めました。大丈夫なのか?と思いつつ見たこのシーン、改めて見ると、いやあ、三人とも実に個性が出ています。サニーは、おりゃーと気合を入れながら、がに股で足をバタバタさせます。一方のマーチは、腰のスマイルパクトを、両腕を交差させて挟み込み、まるで何かのストレッチでもしているかの様。最後のビューティは、胸に両手を当てて目を閉じ、ハァー!と力を貯めています。これがこの三人の、漠然とした力を集中させるイメージなんですね。いえ、三人とも、力を貯めようという感じは伝わってくるのですが、サニーはとにかく、がむしゃらにやっているんでしょうけど、まあ、実にサニーらしい、ドタバタチャージです。ビューティも、いかにもビューティという集中の仕方。マーチもポーズがなんとなく謎ですが、直球(?)勝負な感じです。個性があって、それが、良い意味でコミカルで、とても良いのです。良いのですが、やっぱりサニーのドタバタチャージの印象が強すぎるのか、クスっとしてしまうシーンです。あえて、そうさせていると思うんですけどね。

さて、溜めも終わり、必殺技三人同時発射。相変わらず必殺技バンクはカッコイイですね。当然ですが、青っ鼻アカンベェには、どれだけ撃とうが、単独必殺技は効きません。さて、この後どうなるか?と思っていると、どうもプリキュア達も経験を積んだせいか、体力が増している様で、初期に見せたヘナヘナ感はありません。というか、特に疲れた様な描写が無い。やはり成長で補えるものなのかな?ともあれ、疲れていなくても、全員揃わなければレインボーヒーリングは発動できません。とにかく、アカンベェを撹乱させようと考える三人。

で、アカンベェ内部で、外の仲間を助けるべく、起死回生の案を出したのは、キャンディです。蝶蝶デコルをスマイルパクトにセットすると、ポルンのレインボーブレス発射(?)の様な、二重螺旋の光の矢が飛び出し、外部の三人に届きます。すると、プリキュア5のスーパープリキュアを彷彿とさせる、光で出来た、蝶形の羽根が三人に宿ります。いやー、珍しく私の予想があたりました。

この蝶蝶デコルの羽根、なかなか高性能。自由自在、かつ結構な速さで飛べる様です。空を通常フォームで飛べるプリキュアは、歴代でもSSの二人ぐらいです。ハートキャッチの妖精マントによる飛行が、蝶蝶デコルによる飛行に似ていますね。他のプリキュア達は、名称は色々ですが、いわゆるスーパープリキュアの様なパワーアップ形態になる必要があります。そう考えると、キュアデコルはかなり便利ですね。まあ、そもそもレインボーヒーリングや、一番根本的な変身すら、キュアデコルの力があってこそ、のスマイルプリキュア!世界ですから、当然ではあります。

が、この羽根、虫が苦手なマーチは、突然の事にびっくり。飛び始めた後も、直後は微妙な表情で、その事を、サニーにからかわれます。虫苦手設定がきちんと生きているのは、一貫的で良いですね。必殺技の疲労設定はそこまで明確ではないので、そのうち、成長している、とか言ってくれたらよりスッキリすると思います。

さて、水を得た魚ではありませんが、翼がついたら強くなるのがプリキュア。まあ、今回はパワーアップはしてはおりませんが、相手の巨体に、こちらは機動性抜群の飛行モードですから、文字通り子どもをあやすように、こっちにおいでー、とアカンベェを撹乱します。このシーン、特にビューティの言葉が優しすぎて、本当に子ども相手に遊んであげているかの様です。

で、ある程度引っ掻き回したところで、ふとマーチが先ほど拾った納豆ギョウザ飴を思い出し、アカンベェの口の中に投げ込みます。レポーターのお姉さんはさすがのプロで、眉こそ下がっていましたが、笑顔をキープできていました。が、やはり、マーチのリアクション通り、その味は強烈だったらしく、アカンベェは思わず腹の中の三人を吐き出してしまいます。で、落ちてきた三人をそれぞれがキャッチ。が、やはり一見窓ガラスに見えても、腹の中は腹の中だった様で、ハッピー達が発する納豆とギョウザの匂いに、大阪生まれのサニーでさえ、顔をしかめます。よく売り切れたなぁ。というか、怖いもの見たさ、のノリで、案外人気なのかもしれませんね。

さーて、プリキュア5人に、キャンディも揃えば、もはや、勝利は確定。一気にレインボーヒーリングを発動。アカンベェを浄化させて、今日もプリキュアの活躍は終わるのでした。

その後、約束通り、みんなで、れいかにとって初めてのたこ焼きを、せーの、でパクリ。皆いい笑顔です。なおも、ここから食い倒れする勢いで、次の食べ物屋に挑む気満々。そこに、クラスメイト達も合流して、ウルトラハッピーです。最後に、色々あったけど、楽しかった、という感じのみゆきのモノローグと、道中の写真が出てきて、おしまい。

かと思っていたら、まだ伏兵がいました。それはプリキュア脅威のスタッフロール!普通にエンディングのダンスを見ていたら、おばちゃん、おばちゃん、おばちゃん、おばちゃん、おばちゃん、と5人連続でおばちゃんが並ぶクレディットが表示され、思わず吹きました。大阪のおばちゃんの生命力には恐ろしい物があります。まさかスタッフロールにまで侵食してくるとは。

スマイルプリキュア!相変わらず、安定して面白く、毎週楽しみです。次回は、母の日回。最後にちょっとホロリとする話になるといいな。歴代プリキュアも、親子の関係を描く回は、総じて素晴らしかったですから、スマイルプリキュア!にも期待です。

スマイルプリキュアストア
Let’s go!スマイルプリキュア!(DVD付)
Let’s go!スマイルプリキュア!