2004年09月28日

ポラロイドのセレクト(ゼミ)、ブロスフェルト

2701e7b0.jpg午後からゼミで、学内展のためのポラロイドのセレクト。作品点数にあわせてフレームとマットを決める。なんとか形になりそうではある。ずっと欠席が続いている人がおり、それが気がかりではあるが。

図書館でカール・ブロスフェルトの『Working Collages』を借りる。この本は以前から気になっていたが、漸く手にしてじっくり見てみようと思う。植物のディテールを捉えた写真は良く知られているが、スクラップブック(と呼んでよいのか)に分類され、貼り付けられた写真は、トリミングされる前の状態で(なかにはサイアノタイプのものもある)、いわゆるプリント作品としてよく知られているものとは、かなり印象が異なるのが興味深い。
Amazon.co.jp: 洋書: Working Collages
  

Posted by think_photo at 00:31Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月27日

日本の写真史1

b7a5f085.jpg前回の「写真と展示」の話の残りを話した後に、日本の写真史について。今回も含めて三回にわけて話をする予定。(本当はもっと時間をかけたいところだが)
木箱に収められたアンブロタイプ(撮されている人のポーズが妙)、写真という言葉の起源について、横浜写真などにも触れる。写真館の中でセッティングして撮影された写真は、とくに興味を引いた様子。

写真実技ではようやく全員が顔を揃える。10月上旬に、ギャラリーに行って壁面のサイズを確認しよう、ということに。  
Posted by think_photo at 09:48Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月17日

FRAENKEL Gallery

Fraenkel Gallery


たまたま見つけたギャラリーのサイトですが、デザインがシンプルで素敵。  
Posted by think_photo at 09:50Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月15日

アンリ・カルティエ=ブレッソン展@大阪芸術大学

大阪芸術大学博物館

大阪芸術大学が所蔵するアンリ・カルティエ=ブレッソンの写真展が開催されています。昨日見てきましたが、相当の数があります。興味のある方は是非。行きづらい場所にありますが。
18日にはレクチャーも開催されるそうです。

レクチャー 「決定的瞬間という罠−カルティエ=ブレッソンとパリ写真」 (参加費 無料)

□ 日 時 9月18日(土)午後1:30〜3:00

□ 会 場 AVホール(芸術情報センター地下1階)

□ 講 師 今橋映子(東京大学大学院助教授)
北尾順三(大阪芸術大学写真学科長 教授)
犬伏雅一(大阪芸術大学芸術計画学科助教授)

□ 定 員 200名(先着順・当日受付)  
Posted by think_photo at 13:14Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月14日

ゼミ旅行打ち合わせ

ゼミもまだ夏休みが抜けていない感じ。
来週の東京でのゼミ旅行打ち合わせ。
大学内付属の美術館で展示されているアンリ・カルティエ=ブレッソンの写真展を見学。  
Posted by think_photo at 00:49Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月13日

久々の投稿:後期開始

後期の授業開始。写真情報論(写真史1の続き)なんだか暑くて、気分がだれまくっている。前期の授業で最後にするつもりだった写真の展示の話。週末の宇都宮レクチャーの話も小出しにしつつ。
ヘルベルト・バイヤーが展示デザインを手がける前の、1920年代のタイポグラフィの仕事が、意外にも注意を惹きつけたようだった。

写真実技は、3人しか出席していない。それぞれの進行状況がバラバラで、行く先が不安なり。  
Posted by think_photo at 22:59Comments(0)TrackBack(0)