2004年06月28日

講義・コース

写真史の講義では、ファッション写真を取り上げたあとに1980年代以降のステージド・フォトグラフィの写真家を紹介する。(双方ともに、スタジオの中で演出された写真であるということで)ウィリアム・ウェグマンと、『写真のキーワード』にも掲載したサンディ・スコグランド。ウェグマンは、有名な犬のシリーズ以前のシークエンス作品も紹介する。授業の〆に笑えたり、驚きのある作品を見せると、学生たちも機嫌良い様子。

コースでは、展覧会開催予定のギャラリーに揃って行ってご挨拶。今後の段取りについて話し合う。12月まで、時間があるようでないから、よく考えて制作し、バイトで経費を稼いでおくように、自主的にアイデアを持ってくるように、と指導。アーリー・ギャラリーで〆。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/think_photo/3510950