January 19, 2015

WSマスターズ結果

0,,13165~13425010,0011日(以下現地時間)にロンドン(イングランド)のアレクサンドラ・パレスで開幕した、World Snooker(WS)主催の招待試合、“マスターズ”のファナイルが18日行われ、ショーン・マーフィー(左画像)がニール・ロバートソンを下し優勝しました。

スヌーカー・シーンの新春を飾る、トップ・プレーヤー16名だけが招待される試合、“マスターズ”。
“ワールド・チャンピオンシップ”、“UKチャンピオンシップ”と並び、三冠と称されるビッグ・タイトルです。
今大会、その大舞台のファイナルに勝ち進んだのは、マーフィーとロバートソンでした。

試合前の下馬評では絶好調のロバートソン有利の声もありましたが、蓋を開けてみるとマーフィーの一方的な展開となりました。
なんと、終わってみれば、フレームカウント10-2!
これは、1988年のファイナルで、スティーブ・デイビスがマイク・ハレットに9-0で勝利して以来の、大差だったとのことです。
そして、この優勝でマーフィーは、史上10人目の三冠達成となりました。

いっぽう敗れたロバートソンですが、ここまで素晴らしいスヌーカーを見せていただけに、この結果は驚きでした。
特にセミファイナルでは、ほぼ完璧とも言える内容でロニーを圧倒していただけに、信じられません。
調子のピークが、早く来過ぎてしまったのでしょうか!?



試合結果、および大会賞金は下記のとおりです。

【ラスト16】(ベストオブ11)
ロニー・オサリバン 6-4 リッキー・ウォールデン
スチュアート・ビンガム 3-6 マルコ・フー
バリー・ホーキンス 1-6 アリスター・カーター
ニール・ロバートソン 6-4 ロバート・ミルキンス
ディン・ジュンフイ 3-6 ジョー・ペリー
マーク・アレン 6-4 ジョン・ヒギンズ
ジャッド・トランプ 4-6 スティーブン・マクガイア
マーク・セルビー 5-6 ショーン・マーフィー

【クォーターファイナル】(ベストオブ11)
ロニー・オサリバン 6-1 マルコ・フー
アリスター・カーター 1-6 ニール・ロバートソン
ジョー・ペリー 4-6 マーク・アレン
スティーブン・マクガイア 4-6 ショーン・マーフィー

【セミファイナル】(ベストオブ11)
ロニー・オサリバン 1-6 ニール・ロバートソン
マーク・アレン 2-6 ショーン・マーフィー

【ファイナル】(ベストオブ19)
ニール・ロバートソン 2-10 ショーン・マーフィー
アフタヌーン・セッション:6-70(64), 53-66, 0-127(127), 24-77(76), 32-80, 80(80)-0, 0-70(69), 69-49
イブニング・セッション:55(51)-57, 0-127(127), 13-73, 7-83(60)

【大会賞金】(ポンド=180円換算)
優勝:200,000ポンド(3,600万円)
準優勝:90,000ポンド(1,620万円)
3位タイ:50,000ポンド(900万円)
ベスト8:25,000ポンド(450万円)
ベスト16:12,500ポンド(225万円)


<スポンサーリンク>
bclogo19スヌーカー専門店ブロードウェイコートからのお知らせです。

ブロードウェイコートでは、スヌーカー用品や最新のスヌーカー情報を取り揃え、皆様のお越しをお待ちしております。
また、スヌーカー用品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
(※お問い合わせは、こちらからどうぞ)

皆様のお越しを、お待ちしております。

スヌーカー専門店ブロードウェイコート

ブロードウェイコート・ヤフオク支店

ブロードウェイコート・アマゾン支店

・店頭販売@Snooker Club


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/thinkfirst/53172775