シンクゼロマガジン・ライト版

12月15日から投稿開始したばかりのマイクロブログギング。小さな一人出版社「Creative Edge School Books(クリエイティブエッジスクールブックス)」が情報発信している「シンクゼロマガジン」のライトバージョンです。スマートフォンで更新しています。 URL: http://design-zero.tv/

シンクゼロマガジン・ライト版 イメージ画像

更新情報

AI(人工知能)を活用した漫画・アニメの個人制作について(「一人漫画スタジオ」を開始)スマホで撮った写真をAI描画で「漫画背景」処理し、3DモデルをAI描画でキャラクター処理した絵を重ねるテスト。人間は一切関与しない描画プロセスになるCreative Edge School Booksは
『AI(人工知能)を活用した漫画・アニメの個人制作について(「一人漫画スタジオ」を開始)。キャラクターは3Dモデルベースで組み立てAIで描画、背景は写真をAIで再描画』の画像

「Museでシングルページ制作」の追加コンテンツのお知らせ新しい課題を追加しました。まずは、どのようなシングルページサイトなのか映像で確認してください。1分42秒の短いスクリーンキャスト(音声なし)です。更新版【初心者向けの課題】Adobe Museによるシングルページサ
『Appleサイトのフィーチャーページをつくるために、新しい課題を用意しました。/「Museでシングルページ制作」の追加コンテンツのお知らせ』の画像

まだ、Museを使ったことがないけど、連休明けからすぐに仕事で実践したい!といった方々に、Museアカデミーの講座コンテンツを紹介したいと思います。 ■最初の第一歩!Adobe Museを初めて学ぶ方へ[無料講座]90分で学ぶAdobe Muse CC 2015 でシングルページウェブサイトを
『大型連休中にAdobe Museを完全習得しておきたい方へ。連休明けからMuseを仕事に役立てるために/Museアカデミーの講座コンテンツと学習の進め方について』の画像

予定より一カ月遅れましたが、諸々の手続きが終わって、ニュースレターの一般購読も可能となり、一応「AIシフト」宣言します。あとは、トライアルレポートに随時「記録」していきます。AIクリエイティブ・トライアルレポート一人出版社 Creative Edge School Booksが、AI導入
『やっと本日「AIシフト」宣言。「AI(人工知能)機械翻訳で世界のBABYMETALファンとつながる」をトライアルレポートに掲載します。』の画像

1956年のダートマス会議でジョン・マッカーシーが「アーティフィシャル・インテリジェンス」について言及し、人工知能の長い歴史が始まった。今年で61年、3回目のブーム真っ只中である。 ひっきりなしに流れてくるAI関連のニュースに食傷気味の人も多いと思う。しかし、現在
『本日配信の4月号から一般購読可能になりました!/AI(人工知能)関連のニュースをピックアップ[2017年4月号]シンクゼロマガジン・ニュースレター配信のお知らせ』の画像

シンクゼロマガジン・ニュースレター(4月号)のお知らせURL: http://design-zero.tv/#tinkzero-news毎月26日に配信している音声コンテンツ、今月号のピックアップをお知らせします。この中から10〜15本程度を選出して、徹底解説します。※先月号までは先行登録者のみが対象
『アマゾン「Alexa」の怒濤の勢い・「SNS・ネットいじめ」を人工知能で救う・AI記者「決算サマリー」の衝撃・AI「ワトソン」年1兆円稼ぐ /シンクゼロマガジン・ニュースレター(4月号)』の画像

シンクゼロマガジン( http://design-zero.tv/complete/cesb2/webcast03/ )は、一人出版社 Creative Edge School Booksの企画・制作・販売する全てのコンテンツを視聴・閲覧・ダウンロードできる「全記録」コンテンツになっています(他社との共同制作などの一部例外あり
『一人出版社が企画・制作・販売した全コンテンツの提供は「12月28日まで」と決定。シンクゼロマガジンの中でAIも稼働させます!あと8ヶ月よろしくお願いいたします。』の画像

一人出版社 Creative Edge School Booksが取り組むのは「AI機械翻訳」と「クリエイティブAI」の2つの領域。完成した1つのシステムがあるわけではないので、特化型AIの集合体のようになっていくのだと思う。まだ、どのような形態になるのかわかりません。 本日
『「シンクゼロマガジン」という4,800円のAI実験の場〜一人出版社としても傍観している組から「未来」をつくり始めている組に移りたいと思っているわけです』の画像

一人出版社が昨年から、本格的なAIシフトを進められるように取り組んでいるのが、「AIを使った機械翻訳」と「クリエイティブAI」の2つです。 AI導入といっても現在はすべて「借りもの」で条件付きの利用。本格的な導入はまだ数年先になります。それまでに、AIを教
『パソコンが登場して40年ちかく経ちますが、使いこなすには「未だに」教育コストがかかるでしょう。同じように「AIを使いこなす」には人間側もパワーアップしないといけません。』の画像

シンクゼロマガジン( http://design-zero.tv/complete/cesb2/webcast03/ )に、2017年(4月17日現在)のコンテンツを追加しましたのでお知らせします。 シンクゼロマガジンは、一人出版社 Creative Edge School Booksの企
『シンクゼロマガジンで2017年のコンテンツ(BABYMETAL関連含む)が視聴可能です!/シンクゼロマガジンでは一人出版社の全てのコンテンツを視聴・ダウンロードできます』の画像

13日にリリースした「MuseでAppleサイトのフィーチャーページのような「動的な演出を施したシングルページサイト」をつくる技術を習得しよう!( http://design-zero.tv/i/m5/ )」、反響が大きく、現在メインとなる実習をより実践的な内容にするため時間を延長し、課題も更
『「一人出版社のつくり方」を無償提供します!明日朝まで。/Museを習得したデザイナーはどうやってクライアントに提案し、シングルページサイト受注につなげるのか?』の画像

新しいMuseの学習コンテンツをリリースしました。専用ページ:http://design-zero.tv/i/m5/  Appleサイトのフィーチャーページのような「動的な演出を施したシングルページサイト」を制作します。この学習コンテンツは、広告代理店や広告会社向けに実施していた法人向けの
『[新コンテンツのお知らせ]Museを使って、Appleサイトのフィーチャーページのような「動的な演出を施したシングルページサイト」をつくる技術を習得しよう!』の画像

[進捗]デジタルコンテンツ改善ミーティング期間:72時間(2017年4月11〜13日)※延長あり全ての業務を停止し、Creative Edge School Booksの過去リリースしたデジタルコンテンツを検証・改善するための集中プログラム関連記事:第4回デジタルコンテンツ改善ミーティングhtt
『Museを習得したい超初心者の方々を募集中!/今回は初めてAI(人工知能)を使ったコンテンツ改善となりました/第4回デジタルコンテンツ改善ミーティング進捗』の画像

今週の11日(火)・12日(水)・13日(木)の3日間は、第4回デジタルコンテンツ改善ミーティングです。前回は、2016年9月26〜29日(4日間)だったので、半年ぶりの開催となりました。第3回デジタルコンテンツ改善ミーティングhttp://blog.livedoor.jp/thinkzero/archives/cat
『Adobe Museで「Appleの特設サイト」のようなシングルページを「誰でも作成できる」ようにします/第4回デジタルコンテンツ改善ミーティング開催のお知らせ』の画像

Creative Edge School Booksのホームにはすでに情報を掲載していますが、ブログにも書いておきたいと思います(掲載文をベースにしています)。 現在「BABYMETAL REVOLUTION」というサイトで「BABYMETALを語り尽くす・第三夜」および「音楽文化論Vol.08 SU-ME
『AI(人工知能)とBABYMETAL』の画像

AI(人工知能)導入の準備に入ってから、251日目になります。「251日間、家に帰っていない」という自分の人生で過去なかった無謀な日々を送っています(こんなことは今後もない)。家族を含む周辺の人たちも呆れていることでしょう。AIやロボティクス関連の会合や実証実験は
『AIで自分の仕事がどう変わるのか? ネット検索しても専門書を読んでも「納得解」など得られない。「AI(人工知能)と出版活動」に取り組む251日間(現在進行形)』の画像

Adoeb Museの新しい学習コンテンツをリリースしました。Museには、ウィジェットライブラリという「部品」を再利用・配布できる仕組みがあります。例えば、リンクボタンを作りたいと思ったら、「ステートボタン」という部品をパネルからドラッグしてページに配置し、デザイン
『Adobe Museを使ってWebページの共有可能な「部品」を作成すれば、作業スピードも大幅にアップ!/Museの新しい学習コンテンツをリリース』の画像

↑このページのトップヘ