まだ、Museを使ったことがないけど、連休明けからすぐに仕事で実践したい!
といった方々に、Museアカデミーの講座コンテンツを紹介したいと思います。

image

 


■最初の第一歩!Adobe Museを初めて学ぶ方へ

[無料講座]90分で学ぶ
Adobe Muse CC 2015 でシングルページウェブサイトをつくる

Muse CC 2015が対象になっていますが、初心者向けの基本操作中心のカリキュラムになっていますので、CC 2017でも問題ありません。

image
 

 ↓


■基本操作を習得した方へ!初心者向けのMuse習得カリキュラム

固定幅レイアウトの本格的な学習

Museには3種類のページ作成方法があります。最も簡単な「ページを作り分ける方法」は、上記の無料講座で学ぶことができます。このカリキュラムでは、固定幅のレイアウトをスクリーンの広さに合わせて切り替える方法を習得します。

image
 

 ↓


■実践的なページレイアウトを学ぶ!初心者向けのMuse習得カリキュラム

可変幅レイアウト(レスポンシブWebデザイン)の本格的な学習

このカリキュラムは、Museの3つのページ作成方法の中で最も難易度の高い「可変幅」(レスポンシブWebデザインと呼びます)を学びます。現在は、この方法がMuseのデフォルトになっており、「小学生がいきなり大学の勉強を始める」ような状態です。
難易度の低い順に「ページの作り分け」→「固定幅」→「可変幅」と進めていった方が、遠回りすることなく、結果的にはやく習得できると思います。

image
 

 ↓


■復習カリキュラム

[無料講座]こちらは、ひと通りMuseの基礎を学んだ人が、再確認するための講座です。
初級者がつまずく箇所を再学習する内容になっています。

基礎を再学習する

image


 ↓


■トラブルシューティング

[無料講座]何度やっても、うまくいかないトラブルを解決するための講座です。過去3年間の受講者の皆さんからの質問をベースに構成されています。

Adobe Muse トラブルシューティング!

image


 ↓


■特別講義:

Appleサイトのフィーチャーページのような「動的な演出を施したシングルページサイト」を制作しよう!

中級者向けの講座。「視差効果」と呼ばれるページスクロールによる動的な演出方法を学びます。Museに搭載されている「スクロール効果」の習得です。
※この特別講座は、以下のコンプリート版にも含まれています

Step-04
 

 ↓


■特別講義:

Museで再利用・配布可能なナビゲーションメニューをつくろう!

中級者向けの講座です。パソコンからスマートフォンまで、あらゆるデバイスで使用できるナビゲーションメニューを作成します。「部品」として書き出せますので、他のMuseユーザーに配布することもできます。
※この特別講座は、以下のコンプリート版にも含まれています

 cover-tablet

 ↓


■中級者以上の学習カリキュラム

基本操作を完全にマスターした中級者以上のための講座(コンプリート版)です。

※この講座は、Muse CC 2017の新機能や新しい学習コンテンツが現在でも追加されています

image



全部学ぶのは大変かもしれませんが、可変幅レイアウト(レスポンシブWebデザイン)まで習得できれば、あとは独習でやっていけるでしょう。
大型連休を活用できる人はぜひ挑戦してみてください!


筆者:
Creative Edge School Books
ebookcast@gmail.com