シンクゼロマガジン( http://design-zero.tv/complete/cesb2/webcast03/ )のサブコンテンツ「一人出版社のつくり方」準備中です。

Cover-CESB-1


ウェブキャストのアーカイブをまとめる予定でしたが、全体的に「一人語り」になっており、危機的状況(コードゼロ)のエピソードだけで30分以上も話しているため、部分的に収録し直しています。

一人出版社がやってきたことを話しているので、どうしても私的な内容が含まれてしまうのですが、あまりにもネガティブな空気感が漂っているので、半分ほどカットし、新たに追加することにしました。


昨年の6月5日、日本電子出版協会(JEPA:Japan Electronic Publishing Association)主催のセミナー

電子書籍が順調に売れ始めた理由
プロモーションの方法と今後重要になる電子出版マーケティングの提案
〜「一人出版社、構想から立ち上げ、運用まで、苦難の道のり」

こちらの続編として捉えて頂いてかまいません。
 



このときから、すでに9ヵ月経っていますので、一人出版社のスタイルも変化しています。

「一人出版社のつくり方」は、マガジンのクローズドコンテンツですが、今週、2日間くらい一般販売も予定していますので、デジタルコンテンツ・ビジネスに興味のある方はご覧になってください。



なぜ、1人になったかは、昨年3月にリリースした「フリーダムパブリッシング」で書いています。

ウェブ時代の「一人出版社」論 フリーダムパブリッシング 実践編
ウェブでつくり、ウェブで伝え、ウェブで届ける。デジタル本の夢、天までとどけ。


進捗情報は、Twitter公式と、このブログでお知らせします。



シンクゼロマガジンとは?

筆者:
Creative Edge School Books
http://design-zero.tv/