シンクゼロマガジン・ライト版

12月15日から投稿開始したばかりのマイクロブログギング。小さな一人出版社「Creative Edge School Books(クリエイティブエッジスクールブックス)」が情報発信している「シンクゼロマガジン」のライトバージョンです。スマートフォンで更新しています。 URL: http://design-zero.tv/

シンクゼロマガジン・ライト版 イメージ画像

Muse Content

Adobe MAX Japan 2017 - Muse セッションのスライド資料を公開しました。http://design-zero.tv/muse2016/index.html#max-japan-2017先月(11月28日)開催されたAdobe MAX Japan 2017のMuseセッション(50分)がAdobe公式アーカイブサイトで一般公開されましたので、スライド
『特設ページを公開「Adobe Muse とAnimate、XDで作ろう!」/Adobe MAX Japan 2017 - Museセッションのスライド資料ダウンロードできます!』の画像

Adobe Muse とAnimateで、AppleのMac Pro( https://www.apple.com/mac-pro/ )のフィーチャーページと同レベルのシングルページを作成する方法を紹介してから、「デモをしてほしい」という企業や制作会社からの問い合わせが増えて、実はかなり大変なことになっていました。
『Animate とMuse を習得して、高度なシングルロングページサイトを(チラシを作るように)量産できるようになったら、本格的に仕事を受注していこう。』の画像

Adobe Muse とAnimate、XDで作ろう! スクロール効果で読む童話。 クリスマス・ストーリー・シングルロングページサイト制作 「Adobe Museランディングページ制作ガイド〜コード知識ゼロで作るWeb広告」書籍販売記念・特別企画 ●企画
『【続報】Adobe Muse とAnimate、XDで作ろう! スクロール効果で読む童話。クリスマス・ストーリー・シングルロングページサイト制作』の画像

本日の作業は、AppleのMac Pro( https://www.apple.com/mac-pro/  )のフィーチャーページの「製品が上昇して静止し、カバーが開く」といったスクロール効果の基本形( https://www.youtube.com/watch?v=QW-px4_4Rho )の作り方です。(1)Museビジネスクリエイティブ( ht
『[臨時]Appleのフィーチャーページと同等のページをMuseで素早く作成する〜コンテンツ制作作業の公開(※公開は朝8時頃まで)』の画像

Adobe Museでランディングページを制作するための書籍のご紹介です。12月2日(土)全国の書店およびAmazonなどで発売されます。技術評論社の電子書籍ストア「Gihyo Digital Publishing」ではすでに先行販売されており、購入/ダウンロードすることができます。Gihyo Digital
『Adobe Muse の書籍が技術評論社から発売されます。発売は12月2日/Gihyo Digital Publishingでは(PDF版・EPUB版のセットが)先行販売中です。』の画像

すでに9月頃からティーザーページは公開していましたが、正式に「MUSE BUSINESS CREATIVE」(Museアカデミー特設サイト)を公開します。Museに関する問い合わせがさらに増えてきたことで個別対応が追いつかず、共有できる情報は可能なかぎり一箇所にまとめて参照できるように
『Museを広告の仕事(ランディングページ等)などに導入したい個人・企業向けのビジネスコンテンツを公開しました。』の画像

Muse導入ガイド向けの「Muse Business Creative」ページに、Adobe XDで作成したスライド資料フォーマット・テンプレートデータをアップしていますので(ダウンロードできます)、ご興味のある方はログインして、試してみてください。Muse Business Creative「ログイン」ボタ
『Adobe XD で作成したスライド・テンプレートのダウンロード/XDからスライドを順番どおりにPDFで書き出す方法』の画像

本日は高校生の皆さんにご協力いただいて、イマーシブ系シングルページサイト制作のトライアルを実施しました。といっても私は大詰めの作業があって15分だけオンラインでお話しただけですが、いま出来上がった作品を見て驚嘆しております。いや、ほんと驚いた!動画をご覧く
『Adobe MuseとXD、Animateはイマーシブ系シングルページサイト制作の最強システム! 〜高校生の皆さんご協力ありがとう!』の画像

↑このページのトップヘ