シンクゼロマガジン・ライト版

Creative Edge School Books の宣伝用マイクロブログギング。 企画・制作・販売している学習コンテンツのリリースやキャンペーンなどの情報をお知らせしています。 URL: http://design-zero.tv/

シンクゼロマガジン・ライト版 イメージ画像
Creative Edge School Books の宣伝用マイクロブログギング。
企画・制作・販売している学習コンテンツのリリースやキャンペーンなどの情報をお知らせしています。
http://design-zero.tv/

人工知能

AIに特化したポッドキャストの第4回目です。AIクリエイティブ・トライアルレポート・ポッドキャスト第4回「AIによる技術的失業は必ず生じます。現在「1つの専門」しか持っていない人にお話したいこと。」今回は、9分しかないため、ダイジェスト版ではなく、全てこちらのブロ
『AIによる技術的失業は必ず生じます。現在「1つの専門」しか持っていない人にお話したいこと。/AIに特化したポッドキャストの第4回』の画像

【追記(2017.12.19 AM6:00)】昨日、AI描画による「漫画背景・アニメ背景」イメージデータの「共有」についてお知らせしましたが、1人で年間6,000枚以上蓄積できるのだから、もっとたくさんの人でやった方がよいのではないかと提案いただき、既存のニューラルネットワークAI
『【追記あり】AI描画による「アニメ背景・漫画背景(7,200枚以上)」をメンバー向けに「共有」できるようにします。全てダウンロード可能/AIクリエイティブ・個人研究も第2フェーズへ』の画像

Adobe Senseiのレクチャーが、Museを抜き、回数が急増しています。理由はご存知のとおり、ラスベガスで開催されたAdobe MAXの影響です(スニークピーク等のデモ)。AI取材・研究活動を続けていく中でたまたま(2年前に)Adobeの機械学習を知って、主に海外のデジタルマーケテ
『【追記】Adobe Sensei(Adobeの機械学習)のレクチャーが、Museを抜いて急増中。今、クリエイティブ・デザイン界隈で何が起こっているのか?』の画像

本日、2015年5月にリリースした「認知症を学ぶ・基礎知識 編」を一般公開しました。認知症を学ぶ・基礎知識 編デザイナーとエンジニアが技術とデザインで問題解決/認知症ケアと予防のためのアプリ開発・ソリューションについて考えてみませんか?http://design-zero.tv/deme
『AIを導入し「一人だけで」年間24本のコンテンツ制作が可能になった。/病気や怪我で動けない時でもクラウドソーシングを利用し「仕事が停止しない」仕組みづくり』の画像

2017年12月3日(日):Adobe Senseiで変わること〜AIクリエイティブ最前線(40分)5日(火)の講演「AIはビジネスでどこまで役に立つか?〜業務効率化、サービス向上などAI活用の「いま」を知る」のPre-event engagementとして、本日の夕方〜夜40分ほどトライアルレポートで
『Adobe Senseiで変わること〜AIクリエイティブ最前線(40分)』の画像

AI導入を考え始めたのが3年前、長期取材がスタートし移動の日々を続けて約2年、時代がゆっくりと変化していく様子を見ながら、クリエイティブ領域のAIを中心に地方行脚。実証実験に参加させて頂いたり、有難いことに「試してみませんか?」と声をかけて頂いてトライアルを始
『【追加版】デザインの作業に「AIを活用」し始めて1年ほど経ち、あらためてAIクリエイティブについて考えている。』の画像

現在、Adobe Museを「LP内製化のためのシステム」として導入する企業が増えており、スピーディに問い合わせに対応できず右往左往しています、申しわけございません。「少々お待ちください」と何度ご返信したか....半年以上、AI(人工知能)関連の取材が続いていましたので(
『Adobe Museを「LP内製化のシステム」として導入する企業が増える理由/マーケティングテクノロジーの進化を侮るなかれ!』の画像

http://www.adobe.com/sea/sensei.htmlクリエイティブにAIを活用するための準備をスタートしてから2年弱。世界中のデザイナーやアーティストが利用している「Adobe Creative Cloud」の管理画面に機械学習のスイッチ(デフォルトはON)があるのを発見したのもこの時期でした。
『[連載-01]クリエイティビティではAIに負けることがわかった。「AIを使いこなす」側になるべく走り出した日々。』の画像

AI(人工知能)を活用した漫画・アニメの個人制作について(「一人漫画スタジオ」を開始)スマホで撮った写真をAI描画で「漫画背景」処理し、3DモデルをAI描画でキャラクター処理した絵を重ねるテスト。人間は一切関与しない描画プロセスになるCreative Edge School Booksは
『AI(人工知能)を活用した漫画・アニメの個人制作について(「一人漫画スタジオ」を開始)。キャラクターは3Dモデルベースで組み立てAIで描画、背景は写真をAIで再描画』の画像

↑このページのトップヘ