2011年01月30日

今年の初滑り

 先週のことですが、まぬけづらさんとぴよさんとスキー行ってきました。ぴよさんは仕事があったので夜から合流。昼過ぎに来たまぬけづらさんにはロード乗ったりしてもらってました。

 ボクの部屋で見たDVDとか。

・ももいろシスターズ
 まぬけづらさんが興奮しだしたので、落ち着かせるために見せました。結構いい作品やってる割に、あまり名前を見ないボブ白旗が何者なのかずっと気になってる。
ももいろシスターズ [DVD] 

・バトルファイターズ餓狼伝説2
 大張正巳の作品では飛びぬけて好きな作品。作監補正があんまり入ってない作品で、いい意味で作画が安定してない。原画スタッフは今から10年くらい前の時点で名のある人ばかり。現在は監督、キャラデザクラスの人ばかり。ただボクが好きなのはバリさんが監督してる劇場版じゃなくて、古橋一浩が監督してるTVスペシャルのほうなんですけどね。
バトルファイターズ 餓狼伝説 & バトルファイターズ 餓狼伝説2 [DVD] 

・聖ルミナス女学院
 結局4話分くらい見てしまった。今まで数百作品は見てるアニメの中でトップ20くらいに入る作品です。モラトリアムが抱える将来への不安とか、学校という狭いコミュニティーでの人間関係とか、幼い頃の両想いだった女の子との約束とか、そういった個人の抱えた内面の描写が集約されていると思うのだけれど、ボクの文章力ではこの作品の魅力を正確に伝えることが出来ない。
 ぴよさんは気に入ってくれたみたいで、あとでチェックしてくれるッぽい?
聖ルミナス女学院 DVD-BOX 

 音楽は、ここ10年ほどは変な曲しか作らなくなってしまったアリプロの最高傑作。マリみての音楽くらいならまだ許容範囲だけど、コッペリア以降の音楽は全てこのルミナスの楽曲に遠く及ばない。はっきり言ってここ12年のアリプロの仕事を集約しても、ルミナスのサントラ1枚に勝ってないのよ。
聖ルミナス女学院 2 ― オリジナル・サウンドトラック 

・デュアル!〜ぱられルンルン物語
 露出狂になる前の田中理恵が出てるCM見ようと思って、映像特典チェックしてたんですが、みつかりませんでした……。モノクロの映像で、街を深刻そうな顔して歩いてるCMがあった覚えがあるんですけどね。
 代わりに「三月ちゃん最高!」とか言ってるキモいオタクが出てくるCMと、OP歌ってる不細工な偽SPEEDのCMを見ました。

 ボクも久しぶりにブックレット開いて思い出したんですが、パイオニアLDCの作品といえば、やはりあずまきよひこの4コマ漫画ですよね!いや〜、正直今でもボクの中で「あずまきよひこ」といえば、パイオニアLDC作品(エルハザードとか天地無用とか大運動会とかプリティーサミーとか)のブックレットで漫画描いてる人なわけですよ。

 てか今見ると、絵があずまきよひこじゃなくて、序ノ口譲二の絵なんですけど……。そうか!あずまんが大王の初期も、あずまきよひこじゃなくて序ノ口譲二先生が描いてたんや!!

 そうそう、このデュアルって作品も並行世界ものなので、ぴよさんとか気にいるんじゃないかなぁと(チラッ。

 「最高でしょ?」と問われれば、「最高です!!」と答えざるを得ない作品――ボクが一番好き(っていうか印象深いのは)真田博士なんですよね。もう1つの世界の真田博士にとって、真田三月は遺伝子的には娘であっても、(鮎子さんはあっちの世界では、親友の羅螺博士と結婚して、羅螺みつきを産んでるわけだし)赤の他人なわけですよ。それに対して、「君は私をお父さんと呼ぶが、君は私の娘でもなんでもない。ただその上で私は君達との共同生活を好ましいものと考えてる」みたいなこと言うシーンがね、一番記憶に残ってたりするんですよ。ドタバタラブコメに終止せず、舞台設定に根付く内容の掘り下げも、今作の梶島正樹的面白さに繋がっているんじゃないかと思います。

 キャラ的にはDですね。それも完全覚醒前の無表情D!一樹の袖を引っ張るって後に付いてくる感じが最高!OPで寄り掛かって寝てるところとかね、最高でした!D役の内川藍維さんは絶対売れると思ってましたよ。(ルミナスの庚申塚ゆきね先輩とかもね)
 んで、やっぱこの作品を語る上で外せないのがカレー!!当時はこの作品の影響でインスタントカレー食いまくったなぁ〜。体が黄色くなるくらいカレーが食べたいです!!
デュアル!ぱられルンルン物語 TV-BOX [DVD] 

・破壊魔定光
 ちょっと話題に上がったのに薦めるの忘れてしまった。6巻くらいまではマジ神マンガ。中平正彦初のオリジナル作品にして初長編。

 流刑体という宇宙人から自分を守りに来たのは、別の並行宇宙の母親だったというお話。タイトルに込められた「破壊魔」の意味が、流刑体という変質した自分を狩り続ける自分と、他の並行宇宙を滅ぼす”椿定光似の誰かさん”という自分とわかる瞬間は圧巻。主人公がマクロ的な視点では完全に悪というのが斬新でした。
破壊魔定光 1 (ヤングジャンプコミックス) 


 翌日は朝からスキーへ。
20110123 スキー
 2年前に苗場行った時はまぬけづらさんにあまり上手く教えられなかったので、今回は事前に少し勉強しておきました。そのおかげか、”恐怖を乗り越えたまぬけづら”(カプコンのジョジョ的な感じで)さんの滑りのためか滑れるようになって良かったです。

 自分としては去年よりはウェアの腰回りが少し緩んでたおかげか、ちょっと頑張ればオーリー180は出来そうな予感がしないでもない。ただフェイキー⇒レギュラーのオーリーは練習しても出来そうな気配が無いよ!こりゃモーグル用の後ろがカットされてない板欲しくなってくるなぁ。

 あと知らない内に不整地が大分滑れるようになってきてました。コブに乗り上げても膝がオートでサスの代わりをしてくれてる感触。数年前は感じ取ることさえ出来なかったコブの感覚がわかるぞ!(本部似蔵さん的な意味で)


 車の中では行きも帰りもアニソン聴きながら行ったんですが、ブックマークアヘッドのアルバム聴いていた時のこと(まぬさん曰くブックマークアヘッド地獄)。シャーリーのはグラマラスシャリーが歌ってるんじゃなくて、普通に小清水が歌ってるんですよね、ガックリさせられました。つかこれナージャのEDと同じ歌い方じゃん……。スタジオで歌ってる小清水の姿しか見えんかった……。アネモネとH2Oで許したつもりになってたけど、これはイカンわ〜。

 反面ルッキーニはどう聴いてもルッキーニちゃんが歌ってるわけですよ。マイクの前を飛び回りながら歌ってる姿がちゃんと見えた。化物語の「staple stable」も流してたんですが、これも完全にガハラさんが歌ってる。彼女があんまりやる気なさそうに歌ってる姿まで見えたよ。斎藤千和は顔だけじゃなくて、演技もキャラソンの歌唱力も名人級やで!!
TVアニメーション ストライクウィッチーズ コンプリートエンディングテーマコレクション

thor_toru at 15:24│Comments(0)TrackBack(0)オタク生活(雑記) | アニメの話

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字