2007年06月28日

EMI TRANSCRIPTION PICK-UP MODEL 17AE

ひょんなことから、十数年前に英国の田舎町で見つけたピックアップシステムが出てきた。 16インチ(40cm余)アームが3本とLP用のカートリッヂが何個か出てきた。 EMI MCカートリッジのインピーダンスは1Ω で専用トランスフォーマーを使用すれば50mvの出力を発生する。 針圧は6〜8グラム、超重量級のピックアップだ。 木の板の上にアームとトランスがネジで固定され、ご丁寧に誇り高き茶色のリボンで結ばれている。 二個の赤い小箱に、高さ調整用スペーサーや様々なネジ、オイルダンプ用のカプセル入りオイル、ゴムリング、ガラード製の潤滑油など、箱ひとつとっても、おもちゃ箱の驚きがある。 EMI HEAD
 他社に遅れること数年、英EMIが満を持してLPを発売したのが1952年。
EMIが自社のLPを検聴用だけでなく家庭でも聞けるように開発したのがこのピックアップシステム。 このプレゼンテーションを見れば、50年代初めにはまだまだ大英帝国の残り香が漂っていたのがわかる。 これを見つけた十数年前は、50年代の英国のハイファイ装置の素晴らしさを知ったばかりだったから、面白そうなものは根こそぎ現地のコレクターから買いまくったのを思い出す。 箱を作ってくれた職人のおじいさんも、随分前に亡くなったそうだ。 EMI TRADEMARKANGEL TRADEMARK







英国の軍艦を思わせる重厚感、ワンポイント・ピボットはオイルダンピングで感度調整可能、7インチから16インチ盤までトレース可能なヘッドのアングル角は可変、異常に強力なピックアップヘッドの磁力、等々、いささか軍用の武器を思わせるあやうさを具えている。 あの頃、まだまだ謎に包まれていた英国のレコードの再生方法を解明する手段になるかも知れぬと思い、志高く、意気込んで持って帰ってきたはいいが、いまだに音を出さずにいる。 いつかこれでALPや33CXを聞いてやろうじゃないか、と思っている。 茶色のリボンを結んだ、大英帝国の名残りの音がするに違いないから。

posted at

2007年06月

2007年06月26日

2007年06月24日

2007年06月23日

2007年06月21日

2007年06月19日

2007年06月17日

2007年06月15日

2007年06月13日

2007年06月11日

2007年06月10日

2007年06月09日

2007年06月08日

2007年06月07日

2007年06月06日

2007年06月05日

2007年06月04日

2007年06月03日

2007年06月02日

2007年06月01日