2019年09月27日

レンタル聴くひと 富山編

レンタル聴くひとは富山県に行きました。
魚津というところ、蜃気楼が見えるという海、振り向けば剣岳。
あちこちで立山からの清んだ水が勢いよく流れていて、水道水はすっきり甘い。RIMG1517
あたりまえにさかなはうまい。
だけど昔の味がする梨の直売所がそこここにある。
リンゴも市場に出回らないほど好評とか。
魚津のリンゴって、食べたことあります?
お宅にお邪魔して再生装置を前に、質問されたことや聞きづらいところをできる範囲で手を入れさせていただいたりして、以前より良くなった、と言っていただきました。

富山市にある小さな博物館に行きました。
溢れるばかりの電化製品、蓄音機、映画のポスタ、ブリキのおもちゃ、時計、カメラ、古いものが生き生きと置かれています。
館主の方が SharpとToshiba におられた方で、ほとんどの機械がきちんと整備されちゃんと動く。輝いています。古民家なのに、埃っぽくない。お金をかけたコレクションではなく、技術と時間をかけた博物館。

RIMG1534

丸正自動車製造250奸屮薀ぅ薀奪号」と巨人軍長嶋茂雄選手

目を引くのは全く売れなかった家電です。例えば下着乾燥機、外から見えるところで下着を干さなくても良いよう室内でも乾かせる電化製品です。ご婦人たちのニーズに応えようと、設計者や営業部の熱意と愛がひしひしと伝わります。電熱ハサミというのも全然売れなかったとか。ということは現存する家電製品の中でもかなりレアな製品です。ソロバンと電卓を一体化したソロカル、記念品として配られたであろう東芝マーク入り数十種類ものノベルティのライター、小学館のお稽古帖・・・。ここにいると終戦後の町工場の創意工夫の活気で一杯、とにかく熱い。
RIMG1545RIMG1543

収集の感覚、ディスプレイの妙、RIMG1554館主のセンスが光ります。電蓄も聴かせていただきました。パティ・ペイジの " You Belong to Me " 日本マーキュリィ盤をNationalのクリスタルピックアップで再生する。昭和20年代の我が国のハイブラウな再生音に包まれます。周りに集まるひとのこころを和ませるのに一役買っていたに違いなく。
博物館にあるのは展示品というより、館主が丁寧に元のすがたに戻した生き物たち。技術者らしく静かに説明してくれる顔が輝くと、うれしそうに修理している姿が浮かびます。

聴くひとレンタルします
レンタル聴くひと


posted at

2019年09月

2019年09月23日

2019年09月21日

2019年09月14日

2019年09月08日

2019年09月06日