2008年02月18日

シリーズ カラード301 その30

 以下T氏

ガラード301の研究 

嘉徹喫儡紘瑤砲弔い

ガラード301は電圧を可変する事が出来、それはモーター部についているプラスチックカバーを外し、マニュアルどおりに行えば簡単に出来るものです。 国内で使用する電圧は100V―130V側にセットすればよいのですが、きちんとセットしても定速に達しないものはレストアの必要があります。

* アースの設定について
アースはモーター下部の電圧切換部のモーター組立てネジに付けられてい     ますが、無い場合は電圧切換部のナットでもよいと思います。
* 電源コード吊りネジボルトについて
コイルバネをもつボルトネジのコイルバネで電源コードを吊り下げています。このコイルネジは経年変化に弱いようで、錆が発生しやすく、あまり状態が良くないものは市販のものと付け替えた方がよいでしょう。
* モーター固定用金具
大きな金板とボルトネジ、コイルバネ、円形パイプ金具のセットになっていて、輸送に際して絞めるものです。 国内では無くても問題はありません。
* 電源コードコンセントについて
コンセントは英国から輸入した場合付け替えなければなりませんが、日本製にあまり良いものが無く、所有者が気に入ったものを探して付け替えるしかないのが現状です。  つづく



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔