2009年05月08日

TD124オリジナルキャビネット専用敷板 1

先週、T氏は午前中敷板製作に熱中していた。
それで午後は試聴テスト、その効果にちょっと驚く。
Pierre Clement
Clement 敷板Pierre CLement






音圧レヴェルが二段階ほど高くなった。 音がスムーズになり、レンジが気持ちよく広がった。

Garrard 301
301 敷板garrard301






もともと敷板は、フルレストアされたハンマーライト塗装301システムの足場をしっかりとさせ、振動を整流するためにT氏が考案した。 高貴さが増し、音の立ち上がりが素直で伸びやかになった。 ハーモニクスのゆたかなこと、やはりちゃんとレストアされた301だと、効果が歴然と出た。

Thorens TD124
td124敷板TD124







この板は、力を入れて製作された。 バネを多用しており、その効果は大きく、音色が香ばしく再生される。 これだと、ユーザーがそれぞれ独自の音色を出せると思う。 歪っぽさが無くなり、内周部でもほとんど気にならない。 響きのゆたかさが増す。 音がしっかりと立ち上がる。 

聴いた感じはこんな風、プレイヤーの下に敷く板一枚で、本来の音にまた一段近づいた。 T氏は一台のプレイヤーをじっくりと見据え、それにふさわしいパターンを考案して、板を切り込んで穴を空けていく。 もちろん、いわゆるアクセサリーものにある副作用も皆無。 つづく




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔