2014年01月24日

TD124 Mk.2 その音の世界 5

それでは具体的にそのイコライザ的特性について説明してみましょう。 まず、Mk.1エンポリウム仕様。 ポイントは中低域にあり、ここから下の低音部にかけて一度緩やかに下降したのち再度上昇するという性質をもっており、これに焦点を合わせてくれるターンオーバーポイントを見つけて調整します。 ここを合わせてしまえば、自然と中高音部は緩やかに上昇し、その後フラットになり可聴域すれすれで少し下降、その後また上がり始めるという特性があり、この上がり始めるところですでに可聴域外に達しており、もはや音の実体は認識できないようになります。 このためにMk.2と比較すると聴感上やや高域が不足気味になりますが、実はMk.2よりももっと伸びているのです、聴きとることが出来ないだけです。 聞こえないから音が無いということではありません。 そのためMk.1エンポリウム仕様そのものの個体能力が向上すると、この音の領域ががぜん活気を持って再生されるようになります。 その効果はある種不気味さを伴うもので、こうした音はテープ再生では絶対無理なレコードしか出せない音の世界です。
次にMk.2の調整方法を書きましょう。 Mk.1では中低域のポイント一か所を調整すれば中音域と高音域は自然と伸びやかに再生されるようになりますが、Mk.2の場合は中音域の両端2か所を調整してやらなければなりません。 つまり中音部を中心に低音部と高音部を割合自由に動かしてみることになります。 Mk.1は2ウェイスピーカ、Mk.2は3ウェイスピーカのイメージでしょうか。 Mk.1は中低域にあるターンオーバーポイントを動かせば、その上の中音域と高音域も一緒に動きます。 一方Mk.2はターンオーバーとロールオフがあるので低域と高域を独立して調整することができます。 これにより、Mk.2は重量感をあまり感じさせない音をデザインすることが出来ますし、低音域にある程度の自在さを持たせられるので聴き手に対する音の方向性がMk.1のように正面切っての剛直さがなく、斜めからもやってくるように調整します。 斜めに切った方が良く切れるからです。 こうしてMk.2の低音部に鋭い刃物の切れ味を磨くことができます。 対して高音部はあまり切れすぎるとさっぱりしすぎて味気なくなるので、そのあたりはできるだけ情感が出るように調整しますが、なかなか苦労するところではあります。 これはカートリッヂやアームにそれなりの工夫をしてカバーできることです。 Mk.2が中音部に基点を置いたのは、それなりの理由があります。 中音域全体がうごかないということはプログラムソースの違いによる中音域両端の支点ズレを起こしても、フォルムの安定を保つことができます。 つまり音楽が失われずに済むのです。 つづく
以上T氏



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔