2016年07月19日

小型PARMECO用スタンド製作とアクセサリ類から見えること 1

英国PARMECO社にあったスピーカシステムがやって来ました。 25僖侫襯譽ぅ鵐検Ε罐縫奪醗賈楴茲衂佞韻蕕譴疹型システム。 その再生ぶりは鋭利さを備えた強烈なエネルギーを放ち、明確でありながら的確に音楽がどのような音で組まれているかを示してくれます。 と同時に音の数も多く、どの音を聴いたら良いのか判断するのが難しいくらいの音です。 音自体に厚みがあり、この手の小型スピーカにありがちな音だけが立つような鳴り方はしません。 エンクロージャに吸音材の類は入っておらず、バスレフ用のダクトも開いていない密閉型形式をとっています。 正面には3本の桟が設けられユニット保護だけでなく音の拡散を図っています。 前面バッフルは紙で出来たこよりで編まれた厚いネットで塞がれています。 これだけ透過率の低いネットで音響管制をかけてもなおへこたれないのは、このPARMECO社製ユニットがよほど腰の強いエネルギを放っているからです。 RIMG0376こうしたキャラクタがホームユースでの使用に於いては問題となることがあります。 中高域が勢いよく飛び出すために中低音不足と感じられ、バリバリとは鳴るけれども一本調子になってしまう傾向があるにはあるのです。 それでややハイ上がりにも感じられるけれど、そうではないのであり、中低域はちゃんと出ているのです。 例えばパイプオルガンのレコードをかけると、このサイズではありえないほどの低音と音の伸びが現れます。 このスピーカはハイ上がりではないのです。 ハイ上がりのスピーカではこういう腰の据わった音は出ないのですから。 もう少し突っ込んでみると、低音が出ていないのではなく、聴き取りにくい低音だということがわかります。 では聴き取りやすくするにはどうしたらよいのでしょう。 そこでシステムを写真のように銭湯の椅子くらいの大きさの台に乗せてみます。 高さは20cmくらい。 低音の量感はやや増えたけれど、今度は音の伸びが出ない。 RIMG0379次に3儚冖攤爐鬚靴い討澆燭蕁⊂欧肇轡好謄狡賁未箸隆屬撚擦琉欺霧従櫃生じて思わしくなく、クセのある再生音になってしまいます。 無駄とは判っていましたが、アンプリファイアのトーンコントロールで補正を試みてもやはり良い効果は得られませんでした。 
ホームユースで使用されるプリアンプに付属するトーンコントロールは、本来入力信号に対してはたらくものであり、その効果を上げるには、まずスピーカそのものがきちんとしたバランスを保ち且つニュートラルな性格を得たものでなければならないのが必要な条件であります。 ですからスピーカそのもののバランスにとってはあくまで一時的かつ間接的な調整に過ぎません。 ですから、ある特定のレコードには一時的に良い結果が得られたとしても、別のレコードでは全く利かないという結果はよくあることです。 トーンコントロールは入力信号に対しては安定した力を示しますが、出力の側になると安定しないものなのです。 つづく
以上T氏


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔