2018年09月23日

My Ship

朝から舟を見ている
うららかな休日、
釣り人がたくさんたくさん糸を垂らしている。

〽絹で張られた帆
甲板は黄金で縁取られて
舟倉はジャムやスパイスで一杯の楽園だ
P9230116



舟は幾万もの真珠で静かに輝き
どの籠にもルビーがぎっしり
舟が港に帰るとき
サファイア色した空からお日様が挨拶する

いつまでも待ってる
春の柔らかな日差しの中に
舟が見えるまで

でもあのひとが中にいなかったら
真珠なんかいくらあったって
つまんない。・・・〽


リリックはアイラ・ガーシュウィン
メロディはクルト・ヴァイル
レコードは Nancy Malcomb (唄とピアノ)

気が利いた曲で、今日みたいな朝
耳の奥で鳴りはじめた

P9230102




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔