2021年07月29日

DELPHON で12インチも聴いてみよう

Delphon GS5 を慣らし運転中です。ピアノを試してみます。グリーグのノルウェイ民謡と舞曲集はどうかな。楽器そのものの音がらくらく出ているか、共感できるか、グリーグがどんなことを伝えたいのか、音色の肌触りが気持ち良いか、音の先が伸びているか、録音会場の臨場感・空気の匂いとか、耳に重くないか、疲れないか、サクサクきれいに空気が震えているか、イマジネイションを誘うか、などなど。TD124のレストア作業をしながらぼんやりと聞いています。わずかにワウが発生、トルクも弱い、調整するのが楽しみです。
演奏をYou Tube にアップしましたが、削除されましたので画像を入れておきます
RIMG0647


Recorded in Oslo May 31, 1961, by Egil Monn Iversen A/S - Original recording on LYREC tape recorders, using Telefunken U-47 Condenser Microphones - Tape to disc employed an Automatic NEUMANN Lathe with a GRAMPIAN Feedback Cutter System, utilizing the RIAA Recording Curve. - Tape Engineering and Disc Mastering by Svein Sundby.
とジャケット裏にあります
グリーグのヴァイオリンソナタ(ヤンセン)と一緒に持ち帰ってきたノルウェイの「地レコード」です。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔