2021年09月19日

Grey List #48 から イタリアRCAの2枚

昔の録音なのにスピーカから鮮度たっぷりに音楽が飛び込んで来る。初期盤の面白さは扉を開けて未知の世界に踏み入る冒険でもある。アメリカ盤に始まり、イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、東欧、スイス、ソビエト・・そしてイタリア。

KV49 ベートーヴェン バガテール作品126 作品33  M.デッリ・ポンティ(Pf)  録音1960年 RCAイタリアスタジオ ローマ  エンジに銀円イタリアRCA‐Victrolaレーベル(オリジナル) 小さめの食堂っぽいところで、座った途端、『ここ、良さそう』って予感しません?イタリアで、何を食べても『うんまい!』リストランテに当たるとうれしくなりますよね。満腹したところで、とどめのドルチ!大きなバットに並べてあるのを、これとこれと、これ。ジェラート、おだんご、カスタードがお皿にてんこもり。ネットリした舌ざわりがたまらない。それをスピリッツを舐めながら平らげる。このバガテール、出てくるものみんなドルチ。音符の料理の腕前もちろんベーネ。耳が舌なめずりする音を出すピアニスト。それにしても、バガテールのいい録音って、あまりないんでね。リストランテ「ポンティ」はおすすめ。イタリアRCAのVictrolaの内袋メニューを見ると、ティート・アプレアによるショパン ポロネーズ全曲(KV17/8)なんていうのもあるみたいです。  盤ほとんど美品〜美品  ジャケットおおむね良好  イタリアプレス Grey List #48 (January 2002) ¥10000

KVS142 『17世紀イタリアのピアノ音楽』 スカルラッティ/パラディシ/チマローザ/クレメンティ/ガルッピ/アバーテのソナタから全9曲  ラウラ・デ・フスコ(Pf)  録音1965年  エンジに銀円伊RCA VICTOROLAステレオレーベル(オリジナル)  異才です。彼女が弾き始めると、いっぺんに空気が変わる。からと明るく、なんとわがままな・・・。風変わりなニュアンスとタッチのセンスの輝き。世を捨てた人が弾いている感じ。とにかく、カッコいい、スカルラッティをこんなふうに切り込んでイタリアンモードで闊歩するのは聞いたことがない。太い枠の黒メガネ(はずせば美人!)、ピアノの前にふてぶてしく座っている彼女の写真からして、いっぺんに好きになりました。ほかに録音があれば、何が何でも聴きたい!  盤美品〜ほとんど美品  ジャケットほとんど美品  イタリアプレス Grey List #56 (January 2004) ¥18000

italian piano music (3)

ガイドブックで推薦される名盤ではありません。
だから聴いて欲しいのです。




この記事へのコメント

1. Posted by のらくろ   2021年09月21日 08:52
音に味がある、同感です。私は舌触りの良さを大事にしたいな。聴いても演じても、トロリと溶けた音に痺れます^_^
2. Posted by グレイ   2021年09月21日 09:50
五感のなかで視覚を信用するとひどい目にあう。匂いや舌の直感は、裏切りませんし、いつまでも憶えています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔