2024年05月17日

「き」と「け」

今は昔、この国の物事は漢字で表記されていた。やがて、漢字だけでは表現しきれない感覚をあらわしたくなり、それをひらがなで筆にした。そうして日本独自の漢字読みが中国からのそれとは別に生まれる。たとえば「気亅---  「き」と読むのが中国由来で 「け」は日本らしい読み方だと先日ひょんな会話から知った。気配は「きはい」ではなく「けはい」 と読む。 物理分析に近いもの、「空気」「気象」「電気」などは中国由来の音読みで「き亅。 対して「け」 は「色気」「気色」「湯気」「血の気」などで、この国らしいあいまいさがある。「物の気」なんていう「け」もある。この「け」、近年アニメになって世界中に広められた。
急激に侵攻してきた Generative AI はやがて人間の能力を超えるだろう、そして感情の域までも操ってしまうのではないか。感性についてはどうか。AI は真夜中に厠に向かう途中、ふと「気配」を予測或いは検知あるいは感じて振り向くことがあるのだろうか。いや、振り向かなくとも畏怖でかたまるものなのか ? 知識分析創造変換で圧倒的優位にあるGenerative AI にこれからコントロールされる時代はいずれやってくる。それでも飽き足らない文化の「け」が生まれたらいいな。


posted at

たわごと

2023年11月20日

2022年11月24日

2022年11月20日

2022年05月06日

2021年11月19日

2020年02月09日

2019年09月21日

2017年06月26日

2015年09月11日

2015年09月08日

2015年09月01日

2015年03月21日

2013年09月07日

2013年07月06日

2013年06月12日

2013年05月04日

2012年09月28日

2010年01月27日

2009年09月10日

2009年06月12日

2008年11月21日

2008年11月09日

2008年04月14日

2008年04月11日

2008年02月01日

2007年12月26日

2007年12月20日

2007年12月07日

2007年12月06日

2007年12月05日

2007年12月03日

2007年11月14日

2007年10月28日

2007年10月27日

2007年10月20日

2007年09月29日

2007年09月04日

2007年08月26日

2007年08月25日

2007年08月11日

2007年07月22日

2007年07月20日

2007年07月11日

2007年07月05日

2007年07月01日

2007年06月09日

2007年05月26日

2007年05月21日

2007年05月17日