2022年12月30日

ピーナツを利く 最終回

黄銅その他の粒状金属を焼結したピーナツは脆い金属であるのは事実です。レストアするTD124ではヒビとか割れ、最悪欠けたピーナツに遭遇します。回転音に不規則なノイズが発生するのです。なのでピーナツは慎重に点検してからレストアの段取りを決めます。ヒビや欠けの原因は取り付け角度の不備による過度な摩擦負荷と高熱、長い期間繰り返された不規則なガタつき振動、ベルトのテンション過多、異種のオイル注入で発生する化学変化による粘度硬化あるいは金属腐食などが挙げられます。
そもそもピーナツって本当にオイルレスメタルなんでしょうか? RIMG0513
THORENS TD124/ Official Service Manual を見ると Motor - ME380 The Motor bearings are of the oil retaining type with a large oil reserve in the felt pads. Under normal use, the initial lubrication, made at factory, should be sufficient for about 5,000 hours' run. とあります。oil retaining bearings (含油軸受け)はオイルをたっぷり蓄えたフェルトパッドで支えられている。工場出荷の時点で注油され、通常使用においては5,000時間は十分に保持される。RIMG0075つまりピーナツを包むフェルトパッドにたっぷり含ませたオイルがピーナツのミクロの穴を通じて給油されていきます。実際はモータ上部の軸受けは渇きやすく、適時オイルを一二滴注すことをお勧めします。いずれにしてもピーナツへの定期的なリュブリケーションは欠かせません。脆い金属であるピーナツですが、軟らかで且つ踏ん張りが利く特性によりTD124の音質が得られるのです。ゴロ・ランブル・音の立体感・中高域の滲みなどに作用して再生音に格をもたらします。このデッキを将来も永く愛用できるよう、TD 124の開発者はピーナツを交換可能に設計しています。RIMG0300ブラックボックスであるベルトドライヴの小型モータとは大きさ役割共に大きく異なるE50型モータはTD124における最も重要な部位です。コンピュータ制御による正確かつ効率的エンジン、一方はキャブレターの念入りな調整で走りが俄然活きてくるエンジン。自動車同様デッキのモータは音質本来に強く繋がっています。どちらにするか、ユーザがアナログ再生に何を求めるかによって決めることです。モータを良く見て、性格を知り、そこからプレイヤ全体の音質を決めていくレストア作業、パズルの世界です。 この項おわり

posted at

トーレンス

2022年12月29日

2022年12月28日

2021年08月03日

2021年07月23日

2021年07月21日

2021年07月19日

2021年07月14日

2021年07月13日

2021年07月10日

2021年07月06日

2021年07月03日

2021年06月29日

2021年06月28日

2021年06月27日

2021年06月24日

2021年06月22日

2021年06月21日

2021年05月21日

2021年03月13日

2020年12月31日

2020年10月29日

2020年05月16日

2020年05月08日

2020年03月22日

2020年02月22日

2020年02月17日

2020年01月05日

2019年10月31日

2019年08月16日

2019年06月12日

2018年11月17日

2018年11月15日

2018年07月17日

2017年09月23日

2017年09月18日

2017年09月17日

2017年09月12日

2017年09月10日

2017年06月20日

2017年04月05日

2016年11月14日

2016年07月13日

2016年06月08日

2016年06月05日

2016年06月03日

2016年06月01日

2016年05月30日

2016年05月29日

2016年05月27日