April 09, 2006

fe636eb7.JPG絵文字が使えるんですね、初めて知りました。

さてさて、お待たせしました(待っていなかったですか?)
現在の愛車は初のトヨタの車。ウィンダム3.0G リミテッドエディション、ブラックセレクションと何だか長い名前の付いた車。シルビア以来のFRを、と最初は考えていたのですが、結果的にまた室内広々のFF車に。
最近、今年の9月にお目見えするレクサスLSの記事を読んだのですが、あれだけ車体が大きいのに完全に4人乗りなんだそうです。最も後部座席中央にはオーディオやエアコンのコントロールセンターがデーン!と装備されていて、完全に社長グルマですな、あれは。レクサスの人も自分で運転するのはちょっと恥ずかしいかも・・・、と言っていました(笑)。
5人乗りのバージョンも出るらいしいですが、中央席は殆ど膝を抱えて乗るようなイメージで、少々がっかりしたし、FR車の欠点を改めて感じてしまいました。とは言ってもアリストやGSはやはり素晴らしい車だと思いますけど。

話が途中で膨らんでしまいました。ごめんなさい。
という訳で、ウィンダムのパワフルかつスマートな走りとエレガントで力強い外観、リッチなインテリアなど、全てに満足しています。
リミテッドエディションなので、大体の装備は付いてしまっています。しかし、またプリメーラの時のように、少しづつ自分好みの車にしていく喜びは僕を止める事は出来ません。少しずつ、ばれないように(誰に笑?)我が愛しのウィンダムを改造(改良?)していくのが当面の楽しみになりそうです。

 

(19:14)

April 08, 2006

5bfd9704.jpg僕は車が大好きだ。
ドライブするのも好きだが、それと同じくらい車そのもが好きだ。もし捨てるほどにお金があったら・・・世界中の気に入った車をコレクションしたいと思うなぁ。。。
セダン、クーペ、SUV、スポーツカー、欲を言えば果てしない。
車の運転は楽器を操作する作業に通じるものがあると思う。
人それぞれ性格の違いがあるように、車や楽器のコントロールにそれが如実に表れる。これは間違い無い。
用心のあまりついついブレーキを踏んでしまう守り型、信号無視もなんのそので、かっ飛ばす直進型、、、などなど様々だろうけど、僕はどちらかというと結構スピード大好き人間らしい。放って置くとかなりのスピードでぐいぐい走ってしまう。事故など起こさないように気を遣わなければと反省する今日この頃。
けれど、発進と停止、その繋ぎ目が自分で言うのもなんだけれどとても上手だと思う。これは性格なのだと思う。普段演奏している時も、生徒さんの演奏を聴いている時もこの点は非常に気になってしまう。いや、そんなことはさて置き・・・。

最初の車は日産のシルヴィアS13。もちろんMT車。
日産の歴史の中で最も売れた人気クーペだ。免許を取得した最初の車は絶対にマニュアル車と決めていた。新車登録1991年というからレトロですよね(汗)。エアバックもABSも何も付いていません。保険会社からブラックリストに載せられていて車両保険には入れてくれないある意味危険な車。
ディーラーのお兄さんに「あのぉ、エアバック付いてないのが不安なんですけど。。。」と言ったら「大丈夫っす!エアバック出る時はどうせ死ぬ時ですっ!」「あ、そうかぁ・・・(震)」というやり取りの後すんなり購入。それを2年弱乗った。

その後は同じ日産のプリメーラセダン。途中小さなマイナーチェンジがあったが、その前の現行型である。現モデルには無くなってしまった、急な発進時や高速での加速の際にターボエンジン感覚で使えるスポーツモードを装備しているのが自慢だった。パソコンの様なコントロールパネルに惹かれて買った。シフトはCVT。段差の無いスマートなキビキビとした走りはかなり気に入っていた。最初のFRからFF車への乗り換えは、当初慣れない感覚に戸惑ったりもしたけれど、都会の渋滞にはうってつけですっかり好きになってしまった。
純正の木目ハンドル、インテリアは木目調パネル、もちろん18インチ扁平タイヤ&アルミホイール、リアガラスはスモークフィルムを貼って、、、かなりお洒落なプリメーラでした(笑)。ETCはもちろんのこと、GPSレーダー探知機、走行中のTV&ナビの操作を可能にするキット、エンジンスターター、などなど、完全装備!!
プリメーラをそんなにいじる人、あまりいないですよね。。。
写真は2台目の愛車、プリメーラ。

現在の愛車は・・・。それはまた明日に(笑)。


(20:47)
7b508a1b.jpg演奏会終了後のサイン会の模様です。50人以上の方が列に並んで下さいました。

中には遠く北海道や栃木、岐阜など遠方からからわざわざいらした方や10年振りに会う古い友人もいて、とても感激しました。
本当にありがとうございました!


(12:01)

April 07, 2006

56939558.jpg先月、26日にヤマハ銀座店でストアイヴェントコンサートに出演した。
これは桐朋高校時代からの古い友人でヴァイオリニストの権龍模(こんたつのり)が作曲した作品集を収録したデビューCDアルバム『祈り〜Le Priere〜』の為のストアイヴェントだった。僕は本アルバムでピアノを担当している。
このアルバムに収められている「雨上がりの空」「風を追いかけて」「緑の風」「ノスタルジー」「忘却」等多くの曲はすでにファンも多く、数多くの機会で演奏、放送されていた。まさに待望のCDリリースといえる。
そのせいか、イヴェント当日はリハーサルの段階から熱気を帯びていて、本番は230人を超える観客で大賑わい。アンコールに至っては、ブラボーの嵐が飛び交う素晴らしいステージとなった。僕はこの会場の興奮した雰囲気を忘れないだろう。
権龍模のイヴェントデビューはこれ以上無い、最高の成功を収めたといえるだろう。
演奏終了後のサイン会には、数十名のお客さんがCDを手に並んでくれた。
イヴェント後は権龍模に関する問い合わせが殺到したという。今後彼の名前を耳にする機会が増えてくるだろう。

最後に、この成功を支えてくれたチェロの茂木ちゃん、シンセのマキちゃん、本当にどうもありがとう。
それから、僕をデビュー以来応援して下さっている方々、支えて下さっているファンの方達が沢山、会場に足を運んで下さった事に感激しました。特にお知らせをしていなかったので、尚更驚きましたし嬉しかったです。
本当にありがとうございました。


(22:29)

April 06, 2006

b5d2326f.JPG皆さん、こんにちは。ほしPこと、ピアニストの干野宜大(ほしのたかひろ)です。
実はすでに、自分の演奏活動の為のホームページhttp://www.thoshino.comを持っているのですが、気軽に自分の思う事や日常に起こった事などを綴っていけたらいいなぁ、と思うようになり、遂にブログデビューすることにしました。よろしくお願いします。

今日は簡単に自己紹介をしたいと思います・・・。
ピアニストで大の猫好き、車好き、映画好きです。
多分、猫2匹や車などの呟きが増えていくかなぁ、と思っています。
でも、まずはピアノ弾きとして本職についても書かなきゃいけませんね。
これから、気ままなペースで書いていきますので、気が向いたら覗きにきて下さいね。宜しくお願いします。


(14:00)