January 2007

January 20, 2007

c5b50c52.JPG唐突ですが、僕は動物園が大好きです。

幼い頃から動物園や水族館に連れて行ってもらうのが好きで、ひとたび足を踏み入れるともう大興奮状態!!
それは大人の年齢になった現在も変わりありません。

留学時代もバルセロナにコンクールで行ったのに、空き時間を駆使して目玉のホワイトゴリラを観に行き、あまりに夢中になり過ぎて二次予選の出番に遅れそうになった事も(笑)。

最近は富士サファリパークにはまり、すでに5回は行ってしまいました。入場する時間帯によって動物達のテンションというか、表情が違ってそれがまた面白いのです。いつかナイトサファリにも行ってみようと考えています。群馬サファリや東北サファリも制覇していく予定。
昨年は札幌でのリサイタルの翌日に話題の旭山動物園に行ってきました。人が多すぎて、動物よりも人間模様を観察してきた感がありましたが、他の動物園と比べやはり見せ方の上手さに感心しました。

精悍で堂々としたトラやライオンを観た後にうちの猫達に会うと、無性にホッとしてしまうのです(笑)。一応皆さん同じネコ科なんですよねぇ…
50c4b2ac.jpg

(23:21)

January 17, 2007

e9b758ea.jpg

うーん!困ったねぇ、迷うねぇ、どうだろうねぇ。。。

車好きな人、黒のウィンダムにどんなホイールが似合うと思いますか?

運転していたらホイールなんて自分で見えないんだけどねぇ、バカだねぇ、でも好きなんですよねぇ。。。

>d25302e0.jpg


写真1;
前の愛車、プリメーラに装着したホイール 17インチ扁平

写真2;
現在の愛車、ウィンダムのインパネ

(00:05)

January 08, 2007

eb997061.JPG
さてさて、毎年恒例になっている発表会最後のミニコンサート『音楽の贈り物』の特別ゲストはピアニストの志茂征彦さんでした。

これまでのゲストはCDアルバムで共演した権龍模や茂木哲史といった弦楽器奏者でしたが、ピアニストは初めてでしたね。
志茂氏は素晴らしい音楽家でありますが、実は桐朋高校時代からの気心の知れた旧友でもあります。小学生の時に学生コンクールの東京大会で半ズボンをはいた志茂君の演奏を聴き、とても感心したのを昨日の様に思い出します。
以来、彼とは人生の至る所で出会う事になります。桐朋高校の入試で再会し、大学を卒業するまでの7年間、卒業してやっと離れられたと思ったら(笑)留学先のリスト音楽院でまたバッタリ。更に約7年間。。。行く先々に彼がいるのです。
こうなったら不思議な「縁」というものを感じてしまいます。


仲の良い仲間との共演はとても楽しく、久しぶりに一緒に演奏出来てとても幸せに思いました。いやぁ、嬉しかったなぁ!
曲目はサン=サーンスの白鳥に始まりドヴォルジャークのスラブ舞曲、ブラームスのハンガリー舞曲から数曲。発表会ではヘビーな曲が続いたので、少し耳に軽いものを選んでみました。

また今年の12月に彼と本格的なデュオコンサートをしようと相談しています。
きっと楽しいコンサートになると思いますので、皆さん是非聴きに来て下さいね。


写真;
『音楽の贈り物』特別ゲストの志茂君と。どこに行っても彼が必ずいる、そんな関係です。


(23:40)
7541c8f0.JPG昨日、南青山にあるコンサートホール『パウゼ』で第3回目になる門下生の発表会が行われました。

10時から会場のピアノの試し弾き、11時半に開演し夜21時過ぎに終わるという、いつもながらの長丁場
毎年、嫌な顔一つせず温かく協力して下さるカワイのスタッフのAさん、Kさん、そしてピアノの調律をして下さっただけでなく様々な雑用に走り回って下さったKさんには心から感謝を致します。本当にありがとうございました!

残念ながら、最近流行のノロウィルスや風邪などで4名の欠席者がありましたが、発表会は今年も盛会に終了しました。
昨年秋の改装を機に素晴らしく生まれ変わったパウゼは音響も良く、何よりスタッフの気持ちがそのまま宿ったような温かい雰囲気の中皆さんとても素晴らしい演奏を披露してくれました。

全員の演奏を客席で聴かせて頂きましたが、皆さんそれぞれがとても一生懸命に音楽と向き合っている事を改めて感じとても嬉しかったです。お尻は痛かったですけれど(笑)、それ以上にとても嬉しい一日になりました。


写真;
第2部終了後の写真撮影タイム(伴奏者を入れて4名が間に合わず残念でした。)



(23:20)
6460891e.jpg去る12/25に、ベテラン歌手、ケン・アマドさんのデビュー25周年記念シリーズ公演最後のリサイタルが新宿の明治安田生命ホールであり、アルバム『祈り』の権龍模、茂木哲史両氏と共に伴奏してきました。気心の知れた仲間との共演はとても楽しく、またやり易くもありました。

僕が小さい頃から親しんできたイタリアオペラやカンツォーネ、それに大人のクリスマスソングを数曲。それはそれは楽しい時間を過ごす事が出来ました。
オペラって本当に素晴らしいですね。つくづくそう思いました。歌は音楽の原点なのですから当然なのかもしれないですね。
アンコールで歌われた『カルーソ』はアマドさんの十八番。本当に素敵でしたよ。

失敗したのは、写真を撮るのを忘れてしまった事。せっかく茂木君がずぼらな僕の為にデジカメを持参して来てくれたのに。茂木ちゃんごめんなさい!


今回は手持ちの演奏会のメンバー写真を載せます。
ロン毛付き帽子を被るお茶目なケン・アマドさん(Vo.)/飲み会の席で注)普段はとてもダンディーなお方です。


(12:09)