November 2007

November 24, 2007

db3c19e8.jpg
先月24日にリリースされました『干野宜大 熱情・クライスレリアーナ』(AUCD-18)が、レコード芸術(2007年12月号)の特選盤に選出されました。

初めて出会った時から惚れ込んだ楽器を使い、現在の自分の心を捉えて離さない作品たちを収録したこだわりの今回のディスクで、この素晴らしい評価を得られてとても嬉しく思います。

お聴き下さいましたら大変嬉しいです。

『干野宜大/熱情・クライスレリアーナ』 MOZART-BEETHOVEN-SCHUMANN
TAKAHIRO HOSHINO モーツァルト-ベートーヴェン-シューマン

1.モーツァルト:グルックのジングシュピール「メッカの巡礼たち」のアリエッタ「愚民の思うは」による10の変奏曲 ト長調 KV455

2.ベートーヴェン=A.ルビンシュテイン:トルコ行進曲〜劇音楽「アテネの廃墟」op.113

3.ベートーヴェン:バガテル イ短調「エリーゼの為に」WoO.59

4.ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番 ヘ短調 op.57「熱情」

5.シューマン:クライスレリアーナ op.16


制作・録音;アウローラ・クラシカル
販売元;オクタヴィア・レコード
プロデューサー:若生浩
エンジニア:今泉徳人
スーパーバイザー:服部文雄
埼玉・秩父ミューズパーク
¥3,000(税込価格)



(13:41)

November 12, 2007

29c34bf7.JPG2007年もあと約2ヶ月で終わり。振り返ると色々な事があった一年でした。


東京や地方各地でのリサイタルや名曲厳流島シリーズ、2枚目のCDアルバム『熱情・クライスレリアーナ』のリリースなどなど。そして公開レッスンやマスタークラスがあり、その度に新しい出会いがありました。
そしてそして、ぷる男くんという新しい家族が我が家にやってきたり…中学時代の同級生と東京で再会したりと、とても嬉しい事件もありました。


まるで、そんな一年の締めくくりのように来月末に今年最後のコンサートがあります。
高校時代のクラスメートで大学、留学先のハンガリーでも一緒に勉強した旧友の志茂征彦君とのデュオリサイタルです。

志茂君とは、高校の学園祭内のコンサートでブラームスのハイドンの主題による変奏曲を一緒に演奏して以来、実に20年振りの共演になります。今回のプログラムにもこのブラームスが入りました。
学生時代から志茂君の音楽性を信頼してきましたが、それは今も変わりません。

初共演から20年経った今、お互いの音の世界がどのように反応し合っていくのかを、今からとても楽しみにしているのです。

年の暮れになりますが、忙しい時間の合間にちょっとだけ我々同級生コンビの音の世界を覗きにいらして頂けないでしょうか?
沢山の方のご来場をお待ちしております。



『志茂征彦&干野宜大ピアノデュオリサイタル』

2007年12月27日(木) 開演;19:00

会場;カワイミュージックショップ青山「パウゼ」

曲目;
モーツァルト:2台のピアノの為のソナタ 二長調 KV448(375a)

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 作品56b

シューベルト:幻想曲〜4手の為の 作品103 D940

リスト:ドン・ジョバンニの回想〜2台のピアノの為の

チケット;前売り¥3500 当日¥4000

後援・お問い合わせ;カワイ表参道 Tel:03-3409-2511


(08:56)