July 2008

July 04, 2008

e8cf51e9.JPG7月2日にサントリーホールで僕が所属するコンサート・イマジンのアーティスト達が大集合した七夕ガラコンサートが開催された。
僕は、『名曲巌流島』以来共演させて頂いている山田武彦さんとの2台ピアノ、それにフルートの山形由美さん、ウ゛ァイオリンの磯絵里子さんを加えての共演、そしてソロで「エリーゼのために」を演奏しました。
超満員の熱気溢れるサントリーホールでの演奏はとても楽しく嬉しかったです。

2008.07.02 PM18:30開演

サントリーホール/大ホール

音楽監督;山田武彦
司会;ダニエル・カール
山形由美

出演;山田武彦(Pf.編曲)
   干野宜大(Pf.)
岡田将(Pf.)
山本貴志(Pf.)
辻井伸行(Pf.)
河合優子(Pf.)
山形由美(Fl.)
奥村愛(Vn.)
磯絵里子(Vn.)
水谷川優子(Vc.)
竹松舞(Hrp.)
須川展也(Sax)
加藤昌則(作曲、Pf.)
ヴェネツィア室内合奏団 他

主催&問い合わせ;コンサート・イマジン


総勢30組のアーティストが出演し、公演時間は3時間にも及びました。
これだけ沢山のアーティスト同士が集い、お話する機会は普段ないので、ステージはもちろんのこと、舞台裏がとても楽しかった!

出演者達は終始和やかくつろぎムードでひたすらお喋り。
音楽家同士ですから、音楽の話題はもちろんのこと、在住の国やそれぞれが留学した国の話や言語の話など、次の出番をうっかり忘れそうになり普段着に着替えちゃった人もいたくらい(笑)。ゴメン、O君!

ショパンの研究を長くやっていらっしゃる河合さんのお話を聞けたのは収穫でした。
ショパンがいかに装飾音について自由に考えていたのか…などなど改めて勉強になりました。


来年の七夕コンサートは7月7日に予定されているそう。
年に一回のコンサート・イマジン祭典。今からとても楽しみです。


※写真はコンサート終演後の打ち上げでの一枚。
チェリストの水谷川優子さんが送って下さったものです。
どうもありがとうございました!


(22:59)