August 2008

August 23, 2008

先日20日の上野旧奏楽堂でのトウキョウ・ウ゛ィエール・アンサンブルの定期演奏会が終了しました。

弦セクションの固定メンバーに、管楽器の助っ人が加わってくれて、とても楽しい演奏会になりました。

最後のコンチェルトのリハーサルでは、旧奏楽堂のステージやシャンデリアがグラグラ揺れる位の地震がきて皆さん中腰になる場面もありましたが(一瞬ピアノの下に潜ろうかと思った笑)、本番では地震も来ず無事に終える事が出来ました。

ウ゛ィエールのメンバーは、指揮者の石川さんを含み、ほとんどが大学時代からの親しい仲間で構成されていますが、その信頼感が演奏に現れていて共演していてとても楽しく、リハーサルから本番まで心地良く臨めました。

今度は僕も石川さんも大好きな曲、KV595やベートーヴェンも出来たら良いね!と話しましたが、近い日に実現することを願っています。

ご来場の皆さん、石川さん、ウ゛ィエールの皆さん、どうもありがとうございました。


(01:31)

August 10, 2008

962a7448.JPG昨日と一昨日は、二日連続で表参道パウゼへ。
8日は来月からロンドンへ留学する大2の池永夏美ちゃんの演奏会を、9日は西山姉妹のデュオリサイタルを聴きました。

池永夏美ちゃん;
バッハ=ブゾーニやラウ゛ェルのソロの他、オーボエとの共演でプーランクを、そして後半はチャイコフスキーのピアノ協奏曲を…という大プログラムでした。

西山由紀&由香姉妹;
モーツァルト=ブゾーニ:魔笛の序曲、モーツァルト:2台のピアノの為のソナタ、サン=サーンス:死の舞踏、サン=サーンス:動物の謝肉祭、リスト:ドン・ジョバンニの回想・・・というこちらも重量級のプログラム。


どちらも自分で企画しながらの演奏は大変だったと思いますが、とても立派な演奏会でした。
演奏を聴きながら、まだ中学生だった夏美ちゃんと初めて会った時の頃の事や、西山姉妹との出会いや彼女達の目覚しい成長をを思い出したりして…胸が熱くなったりしながら演奏会を楽しみました。

今後も益々充実した勉強を続けて、また成長した演奏を聴かせて欲しいと思います。
是非頑張って下さい。




ところで、まだ少し先の話なのですが…


今月20日に上野の旧奏楽堂でモーツァルトのピアノ協奏曲KV488 イ長調を演奏します。

共演は指揮者の石川和紀さん率いるトウキョウ・ウ゛ィエール・アンサンブル。
日本でも珍しい弦楽器で構成されたアンサンブルで、結成からもう13年目だという。
僕は今までに数回、このオーケストラの定期演奏会を聴いているのだが、美しく温かいサウンドを満喫しつつ、毎回非常に感銘を受け続けていたので、今回の共演はとても楽しみなのです。

真夏の暑い夜ではありますが、モーツァルトの透明感あるサウンドで少しでも涼しくなりませんか(笑)?



トウキョウ・ウ゛ィエール・アンサンブル定期演奏会
2008年8月20日
午後18:00開場・18:30開演
上野旧奏楽堂


オールモーツァルトプログラム;
ディベルティメントKV136 D-Dur
ピアノ協奏曲KV488 A-Dur
交響曲第40番KV550 g-moll


(21:54)