September 2009

September 10, 2009

db35fb36.jpg9月1日はハンガリーの大切な祝日『ソルノクの日』。

首都ブダペストから車で約1時間の所に位置するソルノク市でバルトークのピアノ協奏曲第3番を演奏してきました。

共演はハンガリー・ソルノク市立交響楽団で、指揮はこのオーケストラの音楽監督を務める井崎正浩さん。
2月にフライハイト交響楽団とバルトークをご一緒して以来になります。

バルトークをハンガリーのオーケストラと共演するのは初めてでしたので、とても楽しみにしていました。
特徴的なリズムやアクセント、言葉の語り口などさすがマジャール民族ならではのもので、演奏していてとても説得力があり、リハーサルでの初合わせの時から皆さんの情熱がビンビンにみなぎり伝わってきて感動しました。
ソルノク響のメンバーは、音楽監督である井崎さんを非常に信頼し尊敬していて、その井崎さんが招聘した日本からのピアニストである僕を敬意を持って受け入れてくれている事も強く感じられ嬉しく思いました。

その井崎さん率いるハンガリー・ソルノク市立交響曲が11月27日に初台のオペラシティコンサートホールで来日公演をします。その時に僕もバルトークのピアノ協奏曲第3番でソリストを務めます。

後半のコダーイのミサでは、ハンガリーを代表する国際的ソプラノのロスト・アンドレアがソリストを務めるのも魅力です。ミラノ・スカラ座の帝王リッカルド・ムーティが惚れ込んで椿姫に抜擢したプリマドンナです。

今度は日本でバルトークを共演するのがとても楽しみです。
とても貴重なプログラムですので、皆さん是非聴きにいらして下さい。

※チケットの割引き可能です。


(21:06)