February 17, 2010

__非常に久し振りに日記を書きます。
キーボードを叩くには、気分が乗らないとなかなか出来ません。
変な時間に目が覚め、今まさにパソコンに向かわないとまたかなり先になってしまいそうだったので、我が身に鞭打ってシコシコとキーを打っています。


昨年11月27日に、ハンガリー・ソルノク市立交響楽団の来日公演最終日でバルトークのピアノ協奏曲第3番を共演しました。
会場は、東京ニューシティ管とのリストの『死の舞踏』を共演した初台のオペラシティコンサートホール。
指揮はもちろん、このオーケストラの音楽監督でありソルノク市の芸術監督である井崎正浩さん。

山形や甲府など、タイトなスケジュールで沢山の地方公演をこなし、その度に各地で高い評価を得て気分も最高潮になっていたオーケストラの皆さんは、今回の最終公演では本番前のリハーサルですでに熱く燃えていました。
ゲネプロは、このテンションが本番まで続くのかと少し心配になってしまう程の盛り上がりでしたが、本番が始まるとそんな不安は一瞬にして消え去りました。
オーケストラは、更に更に集中度の高い、かつ大胆で情熱的な演奏を繰り広げてくれ、共演していて本当に充実した幸せを感じました。

井崎さんの、バルトークの音楽への強い想いや今回の来日公演に掛ける情熱的な想いがバルトークの音楽に乗り移り、僕もそのエネルギーを強烈に受け取ったように自分で感じていました。
特に最終楽章のオーケストラの間奏での井崎さんの渾身の指揮をダイレクトに感じ、プレーヤー全員に完全にスイッチが入ったのをはっきりと確認しました、いや、スイッチが入る音が聞こえました(笑)。

演奏される機会が世界的にみても決して多くないこの協奏曲を、バルトークが愛したマジャール語を日常の言語として話している彼らと共演出来た事も、それを日本の皆さんに聴いて頂けた事がとても嬉しかったですし、本当に素晴らしい幸せな本番でした。

オーケストラのメンバーを始め、団長さんサイドからは再共演を希望するお話を頂きました。また、この素晴らしく情熱的で温かいオーケストラと一緒に演奏出来るのを楽しみにしているところです。

井崎さん、オーケストラの皆さん、どうもありがとうございました。
そして演奏会にお越し下さった皆様、本当に遅くなりましたがどうもありがとうございました!!


実は今年は、僕の東京デビューリサイタルから10周年にあたります。
会場は東京文化会館小ホール。マネージメントは神原音楽事務所でした。プログラムは二晩分になってしまう位のボリュームで、今見ても自分で呆れます。。。

2000年10月31日 東京文化会館小ホール PM7:00開演
ベートーヴェン:6つのバガテル 作品126
ブラームス:4つの小品 作品119
バルトーク:ピアノソナタ 1926
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜休憩〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
シューベルト=リスト:愛の使い
シューベルト=リスト:若者と小川
シューベルト=リスト:魔王
シューベルト:ピアノソナタ D.960 変ロ長調


10周年記念リサイタルを、10月に予定しています。
プログラムはまだ検討中ですが、デビューリサイタルの中から幾つか演奏する事も考えています。
リクエストはありませんか?今だったらまだ検討します(笑)。
その他、延期になっているショパン連続演奏会のリサイタルが4〜5月の間に、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番二短調の演奏会(墨田トリフォニー大ホール)が5月に予定していますので、皆様是非聴きにいらして下さいね。
詳細は改めて日記に書きます。


(15:53)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔